オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 33 第二章・予定変更(1) 

 長いようで短かった夏休みが明けた。田島も花園もバイトに忙しく、休み中はカフェのライブ以外で会うことはなかったけれども、それぞれに充実した夏休みを過ごした。 大学は後期が始まり、卒論のためのゼミに出席した後、田島と花園の二人は学食で一息ついていた。「田島、そろそろ新しいギターが買えるくらいに、バイトで稼いだんじゃないか?」 学食のアイスコーヒーを「うめー」と一気飲みする田島の横で、花園が何気に今後...
Read More