オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

夢叶 102 

田島は、昔から姉とは良く話をするのだけれども、ほとんどが祥子の問いに答える、という形で会話が進む。「祥吾はバスキングをして、それで、どうしたいの?」「どう、って・・・」田島の場合、曲を書くのは「聞いてくれ」みたいな大げさなものではなく、もっとずっと気楽なもの。「俺は歌うことが好きだからまずそれで、俺の歌を聴いて楽しんでもらえればそれは嬉しいことで」「バスキングして、自分の歌を聴いてもらう、それだけ...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。