オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

夢叶 140 

「ね。話し長かったでしょ」これで終わりというように、湊人は口を閉じて小さな笑みを見せた。けれども、田島はまだ湊人について、初めて会った時から少し気になっていることがあった。「湊人、このこと、最初に言ってくれたら」「ああ、ジョノみたいに俺のこと、周りの好奇の目から守ってくれた?」やはりそうかもしれない、と確信に一歩近づく。田島も少しだけ似たような環境を過ごしてきたから何となくわかる。「そのゲゲゲの鬼...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。