オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢叶 35 第二章・マスターの恋(1) 

「ちなみにマスター、放浪の資金はどうしたんですか?」
「え、いきなり具体的に来るねー」

 昔の話を聞かせてほしいと言う田島に対して、少し思い出に浸りつつあったマスターだったけれども、意外に現実的なことを問われて、はっと我に返る。センチメンタルな思い出話は結構、ということなのだろうか。

「俺もバイトで少しは稼ぎましたけど、実際はどうなのかなって」

 先立つものについてまずたずねるのはもっともな話だ。それだけ、「行く」ということを前提にしている証拠だろう。旅行記などは後からいくらでも話せる。

「僕はこう見えてもサラリーマンを四年やったんだよ。それで貯めた」
「へえ。マスターが」

 田島は少し驚いて、カウンター越しに見えるマスターの上半身をなめるようにじろじろと見回した。

「サラリーマン、って、どんな?」
「どんな、って・・・バリバリだよ」
「それ、死語」

 今の温和なマスターからは、ネクタイを締めて、スーツを着て、必死に仕事をしていたであろうサラリーマン時代があったなんて、想像がつかない。

「仕事は外資系企業の企画室で、海外向けのマーケティング」
「外資系じゃ、出張も海外とか?」
「うん。アジアとアメリカが多かったね。四年間で二十回くらい出張に出された」
「へえ、エリートじゃないですか。ぜーんぜん、見えない」

 普通、自分は「できる」ということを口にされると、自慢しているように聞こえるもの。けれども、マスターの口から似たようなことを言われても、さらりとしていて嫌味が全くない。

「今でも英語ぐらいならまだいけるよ」
「英語ぐらいって。じゃあ他は?」
「フランス語とスペイン語。これで旅行のときもアフリカと南アメリカは無事に行けた。中国語はちょっと大変だったけど、発音がね」

 田島が「へえ」と目を丸くする。それだけの語学スキルを持っているなら、今からだってどこの企業に再就職するのも容易に可能だろう。

 マスターの才能が、このローカルの小さなカフェに埋もれてしまっているようで、それがもったいないとさえ思ってしまう程だ。

「嘘じゃないから」
「もちろん、信じますよ」

 とは言うものの、正直今のマスターからは、そんな世界を飛び回っていたエリート・サラリーマンだったという面影は微塵も感じられない。

 勤めていた会社で信頼され、それだけ海外出張にも出されていたということは、きっと会社では期待されていて、出世の道も開けていただろうに。

「どうして会社、辞めちゃったんですか?」
「放浪に出たかったから」
「だから、どうして放浪に出たんですか?」
「知りたい?」
「うん」

 会社を辞めたのは、例えば語学の能力を生かして起業でもしようとしたから、とか、ヘッドハンティングにでもあってそれがトラぶったから、などドラマチックな理由が、田島の頭の中にいくらでも浮かんできた。

「理由はね」
「うん」

 今度はどんな凄いことが聞けるのだろうかと、田島はカウンターに肘をついて身を乗り出した。

「失恋したから」
「は? 失恋?」
「そう。いけない?」
「いえいえ!」

 田島は、バレーボールでフェイント攻撃にやられたような、ガクッと拍子抜けしたのをごまかすように、手と首をちぐはぐに振って否定した。

 もっと、強力なスパイク・アタックのような、何かぐっと唸らせる理由でもあって辞めたのかと期待していたからだ。

「僕、こんな短い人生の中で四回も失恋してるんだよ。四回目が一番強烈だった」
「はぁ」
「四回とも同じ人」
「えー!」

 田島の仕立てた、ドラマな退社ストーリーの予想は、見事に裏切られた。今まで話された外資企業でのサラリーマン時代の話から、オセロゲームのコマをひっくり返すように簡単に恋愛の話に転がるとは思わなかった。

「四回目は、それこそ夢破れたりで、ショックで立ち直れなかった」
「まさか、それで会社辞めたんですか?」
「そう。いけない?」
「いえ、ぜーんぜん!」

 田島は、さっきより手と首を大きく素早く振って、強く否定した。それと同時に今までのエリート・サラリーマンだったというマスターの過去話が急速に霞んできた。マスターのイメージが、一気に今現在のリラックス・モードに戻っていく。

「彼女、同じ会社の人事部にいたから。彼氏は営業部の花形」
「うわ、社内恋愛、ってやつだったんですか」
「この話、長いけど?」
「めっちゃ聞きたいです」

 マスターが出世の道を捨てて、会社を辞めるほどの大恋愛をした。それは一体、どんな話になるのだろう。田島は耳を傾けた。

「じゃあ、一回目からね」

 マスターは悲しい失恋の話をするというよりも、昔の思い出話を聞いてもらうのが嬉しくてたまらない、という表情で話を始めた。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




 放浪のきっかけとなったマスターの恋バナ、聞きたい?
 別に・・・
 とか言われたらどうしよっ(滝汗)
 マスターが言うほど、そんなに長くは、ならない、予定・・・



 皆様、前回は、私の拙いお願いに、
 すばらしいコメントをありがとうございました!!!

 こんなにたくさんの素敵なコメントをいただけるなんて、本当に感謝です。
 こちらのコメント、一見の価値あり(コメントが)です! ― 『夢叶34』


 皆様のコメントが、熱意が込もっていて、素晴らしくて、ものすごく感動的です。
 ホントありがたいです。感謝です。もう、言葉では言い尽くせない・・・

 皆様のコメントに・・・今は負けっぱなしですが、少しでも近づけるよう、精進してまいりますので、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 まだまだ忙しい時期は続きますが、
 仕事も、物書きも、頑張ります(気合)

 皆様もこの時期、色々お有りでしょう。
 ご自愛くださいね。

 ではでは。

 けい m(..)m


 『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 西幻響子  

Title - No title

おおお!まさか放浪話から恋バナになるとわっ!
マスターの恋愛話、ききた~い。
しかし一人の女性に四回も失恋とは、マスター、けっこう一途なんですな。

それにしてもほんと、この「夢叶」は読んでてわくわくするようなキャラばっかりですね。なんか、「自由に生きてんなー!」みたいな。

会社辞めて放浪して、今はカフェのマスターなんて、ある種のサラリーマンにしてみたら凄く憧れの人生なんじゃないかなあ。

お仕事の山越え、おめでとう~~っ
(でもまだ海底二万マイルが残ってるのね? ^^;)

けいさんの恋バナは、新年あけてからかな?(笑)
2011.12.17 Sat 03:31
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 西幻響子さん

コメントありがとうございます。

西幻さん、どんな時間にコメント入れてるんですかっ。
西幻時間にちょい興味・・・

しばらく一途なマスターにスポットを当てます(笑)

会社辞めても負け組みにならなかったマスターを描きたいなー(ちょいネタバレ)
なんて思っています。頑張ります^^

おかげさまで、仕事も順調です。
ここまで来るにはいろいろとぉぅぉ~~(叫)
いや、過ぎたことです。まだまだ、次があるので。

> けいさんの恋バナは、新年あけてからかな?(笑)

もー、年中大募集中です! (って、何を?)
よろしくぅ~~♪ (って、だから何を?)
2011.12.17 Sat 09:55
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - No title

なんと! 意外な展開ですね。

マスターのすご腕の過去が語られるかと思いきや、実は甘酸っぱい(苦い?)失恋の話になってしまうとは。

「そう。いけない?」

いやいや・・・いけなくはないです^^。
恋は人生において、大きなウエイトを持ちますから。

恋の為に人は救われ、恋の為に道を踏み外し。

聞こうじゃないですか。ねえ、田島君。酒でも飲みながら!(酒は、なし?)
2011.12.17 Sat 11:28
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

マスターのように、脱サラして喫茶店を開きたいって人、
結構多いんですよね。
なんでしょうか、あののんびりとした雰囲気に憧れちゃうのかな。
かくいう私もそう考えていた人間です。
でも愛想悪いから無理だろうな。笑。

失恋の話っていうのは、辛いながらも誰かに聞いてもらいたいものなんだよね。
2011.12.17 Sat 12:59
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

はい。マスターの過去はなかなかのすご腕なのですが(見た目と違って。って見た目がどんなん?)
マスター自身にとっては、恋の方が重要だったのですよ。

> 恋の為に人は救われ、恋の為に道を踏み外し。

limeさん、とっても詩的・・・うっとり・・・

こんな話にはもちろん酒有りです。カウンターで、田島の隣にどうぞ。
つまみはマスターにお任せで、田島はビール。私はワイン。limeさんは?
2011.12.17 Sat 13:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

ヒロハルさんも喫茶店をやりたかったんですか。
今からでも・・・? はい、笑顔笑顔^^

恋バナ談義は楽しいですよね。
ホント、聞いてくれる人がいたら、もー、どんどん。
お酒でも入ろうものなら泣き入りで・・・?
2011.12.17 Sat 13:45
Edit | Reply |  

Name - 奏響  

Title - No title

けいさんこんばんは♪

マスター失恋から放浪へだったのですね。。。
傷心のマスターの恋話知りたいです♪
気になる気になる!!!

けいさんの仕事の山越え~お疲れ様でした♪*^^*
2011.12.18 Sun 18:27
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 奏響さん

コメントありがとうございます♪

まだウブな少年だった頃のマスター、いきます(笑)
傷心の恋話になるのか・・・
それとも切れて狂うのか・・・

おかげさまで、無事に山越えできました♪
次は潜りに行ってきます *^^*
2011.12.18 Sun 19:49
Edit | Reply |  

Name - カワノン  

Title - 

先日は私のブログに訪問いただきましてありがとうございましたm(__)m

けいさんのお話は引き込まれるので全話一気に読んじゃいました(^^)

私も同じ人に五回告白した過去を持つので、マスターにシンパシーを感じました(笑)

マスターの過去に興味津々です。

これからも頻繁に来させていただきますね。
2011.12.18 Sun 22:47
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - カワノンさん

こちらこそ、ご訪問・コメント、ありがとうございます。

お話をお読みいただき、とっても嬉しいです! 
一気ですか。目、大丈夫でしたか。 感謝です!

> 私も同じ人に五回告白した過去を持つので、マスターにシンパシーを感じました(笑)

おぉ~~、五回ですかっ。シンクロですね~。
それで? と、どうなったかが気になりますよ~

マスターはですね~・・・なべ、じゃない、放浪です(笑)

また是非是非お越しください^^
2011.12.19 Mon 15:54
Edit | Reply |  

Name - 秋沙   

Title - No title

ちょっと遅くなってごめんなさ~~い。

おおお、マスターの放浪話が聞ける!と思ったら・・・。

し、失恋ですか!?

いい!いいですマスター!!

エリートサラリーマンだったっていうから、ちょっとなんだか遠い人物みたいに思えちゃったのに、理由が失恋!
なんだか人間臭くていいですねぇ。
ますますマスターが好きになりそうです。
恋バナ、楽しみ~。
(そう言えば、このお話しには恋ばなが出てきていませんでしたもんね♪)


あ、前回のコメント、とっちらかったままになっちゃってごめんなさいm(_ _)m
私もまだまだ修行が必要です。
2011.12.19 Mon 21:29
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 秋沙さん

とんでもございません。コメントありがとうございま~~す。

いい? 恋バナでも・・・
4発いきます。 飽きられませんように・・・(汗)

そうなんです。初・恋バナをマスターにとられた(笑)
田島の恋は・・・ネタバレ無しです。ふふ。

前回のコメント、とっても参考になりました。ありがとうございます。
続きを楽しみにお待ちしています^^

どこかに修行場を設置しましょうか。滝も欲しい?
2011.12.19 Mon 22:50
Edit | Reply |  

Name - fate  

Title - 待ってました~

店長の物語っ
そうかそうか、失恋か。
でも、思うが、人間の原動力ってそういうもんだよな、と。

失恋は強烈だ~
だけど、それってきっと必要なことだったんだね。その証拠に今のマスターがここにいる。
そして、田島くんと出会えたのだ。

♪愛を学ぶために孤独があるなら、
意味のないことなど起こりはしない…

きっと、そう。
大恋愛story楽しみだ~
いや、失恋を喜んでるんじゃないからねっ(^^;
2011.12.20 Tue 16:26
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 待ってました~

fateさん、コメントありがとうございます。

そうなんそうなん、きっかけは失恋です。
強烈な原動力となりました。

それは、今、あるための必然だったのですよ、きっと・・・かな・・・

> ♪愛を学ぶために孤独があるなら、
> 意味のないことなど起こりはしない…

人に起こることのすべてには、意味があるのだと思います。

壮大な恋愛にはならない・・・予定です・・・
なるだけ短めに・・・したいの・・・いいかな・・・
てか、できるか・・・(汗)
2011.12.20 Tue 19:38
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.12.21 Wed 14:30
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.12.22 Thu 08:27
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

失恋って意外にダメージありますよね。
なんだかあな~~~と思うのに。
たかが恋愛。されど恋愛。
それで人生を左右をするぐらいのものですからね。
2012.03.11 Sun 09:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

失恋の経験は人を大きくしますよね。
人生を左右すると思いますよ。

そうしてみんな大きくなっていくんだ(遠い目)
マスターもちゃんと大人になれた^^
2012.03.11 Sun 11:07
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

追記というわけではないのですが・・・
リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
これからも読んでいきたいというのもあるので。
2012.03.11 Sun 18:48
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

追記(?)ありがとうございます。

こちらこそ、リンクの方、宜しくお願いします。
何か、ファミリーになる気分^^
2012.03.11 Sun 20:34
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。