オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 37 第二章・マスターの恋(3) 

 高校を卒業するのと同時に、「弟」からも卒業した。大学に入り、酒を覚えて、バイトで社会勉強もした。二十歳も過ぎて、マスターは、ウブな高校生男子からしっかり者の大学生へと成長した。

 そうして大学時代を謳歌し、次の撃沈を迎えたのは就職活動の時期だった。

「僕らの時代の就活は、田島君たちと違って、四年生の時」

 就活ではもちろん、語学が生かせる職種を希望。運の良いことに、葵さんが就職した会社の企画部企画室という部署が、語学堪能者募集していたので即応募した。

 葵さんにも「一応」応募した、と知らせていたが、マスターの中ではもちろん「第一希望」だった。

「マスター、貫きますねえ」
「当然。僕はあきらめていなかったから」
「よく内定取れましたね」
「僕、大学では結構優秀だったし、ほら、この通り、人当たりも良いでしょ。面接はばっちりだったね。あ、もちろん、葵さんのコネは使わなかったから」

 就職が決まり、後は卒業を待つばかり、という時期に三回目の告白をした。

「就職が決まって未来が開けた、って・・・今思えばとんだけ勘違いしてたのかね。でも、大好き、っていう思いは伝えなくちゃ届かないし、僕の気持ちにぶれはなかったから」

 ぶれがない。それはマスターの気質を表す。カフェでライブをするようにと田島を誘ったときも、田島を信用するような真っ直ぐな目で説得した。

 きっとできる、と言葉で言われなくてもこのマスターがいてくれたらできるんじゃないか、という安心した気持ちになったことを田島は覚えている。

 マスターの話に安心感があるのは、このぶれない感があるからなのだ。悲しいはずの失恋の話を、妙に穏やかな気持ちで聞けているのも、そのせいかもしれない。

「この時は、『大学時代から付き合ってる人がいるから』って」

 さすがにこのときは「弟」とは言われなかった。けれども、葵さんの好きな人の存在をマスターは知らなかったのだという。知らなかった分、ショックが大きかった。

「僕が高三で玉砕した時には、もうその彼氏がいたんだよね。大学生だった葵さんが綺麗になったのは、そいつがいたからだったんだよ」

 この一途でまっすぐなマスターを振り続ける葵さん、という女性は一体どんな人なのだろう。マスターの話の展開とともに、葵さんという人物にも興味が深まる。

「もう、勝負する前にすでに負けてたって感じ。完璧に撃沈」
「泣いた?」
「うん、この時は泣いた。葵さんがその人と結婚しちゃうと思って、号泣」

 失礼とは思いつつも、田島はクックと肩を揺らしてしまう。マスターは全く気にならない様子で目を細め、ビールを一口飲むと話を続けた。

「号泣で幕を閉じた大学生活を卒業して、社会人生活がスタート」
「マスター、何か悲しい失恋の話を聞いてる、って感じが全然しないんですけど」
「そう? これからくる四回目は凄いから」

 そうだ、それでマスターは会社を辞め、放浪に出ることになったのだ、ということを田島は思い出し、改めて椅子に座りなおして、ビールのおかわりをたのんだ。

「葵さんの所属する会社の人事部と、僕の所属する企画部は、新宿と池袋とでオフィスが分かれていた。そのおかげで僕は失恋の傷心を引きずらずに、すっと仕事に入ることができた」

 社会人になってからはマスターの方が仕事が忙しく、同じマンションに住んでいるとはいえ、葵さんと会う機会ほとんどなくなった。

「新入社員研修に加えて僕の場合は語学研修ですぐにアメリカに出張に出された」
「期待の新人だったんですね」
「そうそう」

 1年目はとにかく研修出張に出され、先輩についていろいろな国を巡った。語学のスキルもアップして、2年目からは企画室勤務らしく、会社の新プロジェクトの企画にも参加するようになった。

「その頃、葵さんにずっと付き合っている良い彼氏がいる、っていうのをうちの親が聞いてきて、結婚式に呼ばれるとかなんとかっていう、僕の聞きたくない話も耳に入ってきた」
「つらいっすね」
「でもそのとき僕は、仕事の方が忙しくて家では疲れていてね。親が話す葵さんの結婚話が、何だか後ろに流れるBGMのようにも聞こえた。大学のときに撃沈して号泣したのも思い出になっていたよ」

 結局、その葵さんの結婚話が具体的に婚約がいつ、だの、挙式がどうの、という事に発展することはなかった。そのうちに葵さんがその彼氏と別れた、という情報が親伝いで入ってきた。

「大学からの付き合いが就職で状況が変わって続かなかったらしい。親は結婚式に招待されない、って残念がっていたけど」
「でもその情報を聞いたときに、マスター、また奮起したんだ」
「普通は三回やれば人間学ぶでしょ。僕も撃沈の後はおとなしくしていたんだけどね。四回目をやっちゃったんだよね~」

マスターは、「思い出と化していた夢を蘇らせた」と笑い、ゴクッとビールを飲んだ。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




 次回、失恋で会社辞めるの回。

 やっとここまで来た・・・
 けど、こんな中途半端で年越し・・・

 来年へ向けての課題、ということで。。。

 皆様、良いお年をお迎えください^^

 (次回、『夢叶』ではないちょい記事をアップします)



 ところで。

 皆様、クリスマスはいかがお過ごしでしたか。

 皆様のクリ企画、楽しませていただきましたよ。
 どちら様のもとっても素敵でした。拍手喝采。

 私のクリスマスは・・・

 知り合いのところを訪ねるのに、鳥のから揚げ、を持っていこうと肉屋に行き、

 6ピースください。 

 と言ったところ、

 6kg包まれ、

 それに気づかずに支払いをして家まで6kgを持って帰ってきた、

 なんてクリスマスでした。

 何で気づかないかなぁ。ねぇ。

 疲れてぼーっとしたところで買い物なんてしてはいけない、ということを学びましたが、
 から揚げ自体は良くでき、訪問先からは喜ばれ、
 残りのチキンも冷凍保存ができたので、まあまあ、ってことで。

 仕事が終わったので、このコーナー(?)も終わろうかと思いましたが、
 そんなぷぷぷなことがありましたので、つい・・・

 いよいよ年の瀬ですね。ご自愛ください。

 良いお年を。

 けい m(..)m


 『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ヒロハル  

Title - No title

6キロの鶏肉って・・・・・・かなり重かったはず。笑。
そしてお値段も・・・・・・ゾクッ。

マスターって一途と言うか、本当気長い人ですよね。笑。
私はすぐに結果を求めちゃうから、ダメなのかも。
2011.12.27 Tue 12:46
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

それが、あんまり重く感じなかったんですよ。
疲れ過ぎて、細腕(なの?)の筋肉(モリモリ?)が麻痺していたらしい?

お値段も言われた通り、というか、お札ボン、で、おつりをチャラリとお財布に、をいつもの流れ作業のようにボーっとこなし・・・意識がどっかに行ってましたこの時(苦笑)

マスターの話がマスターの言うとおり、長くなりつつあることに
めっちゃ危機感募らせています。。。

結果求めてくださいっ! (滝~汗~)
2011.12.27 Tue 14:24
Edit | Reply |  

Name - fate  

Title - 6kg~~~っ

すげーすげーすげーっ!!!
良いなぁ(そこっ???)

唐揚げ、おいしいですよねぇ。
油ものは基本的にダメだめだけど(天ぷらもカツも最初の一口で終了…)鶏唐揚げだけはいくらでも食べます。まぁ、限度はありますが。

さすが、けいさん、素敵です。
コメントをコンマ2秒で削除されるというある意味、フツーそんな間違いおかすかっ??? という目に遭ってもにっこり微笑んで再コメしてくださる女神のようなお方だけありますっ

わはははは…(笑って誤魔化す…)

一途なマスターも素敵です。が、どうなんですかね。ヒトってそういうことで心動かされる…いや、感動はするだろうけど、それで好きになるかってやっぱり別問題だよね~
愛された方が幸せ…なんて、まぁ、長い目で見ればそうなんだろうけど、恋したいとき、って、本人が思い切り恋したい訳だから、それが悲恋に終わっても炎に酔いたいよな~、女って。
ってことで撃沈…ですかね。

ヒロハルさんも何気に一途で純情そうだから、マスターの気持ち分かるんだろうなぁ、なんて。

どうでも良いが、皆さん羨ましいわ~

っていうか、いろいろ申し上げてうっとうしいだろうが、最後にもうヒトコト。
はいはい、皆様のクリスマス企画、fateも大変楽しませていただきました。中にはまだ拝読させていただいていない方もいらっしゃり、しばらくクリスマス気分で徘徊させていただきます(^^)

では、マスターの撃沈、楽しみにしております~
(ヒドイ…)

2011.12.27 Tue 14:40
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 6kg~~~っ

fateさん、コメントありがとうございます。

すごいでしょっ。いろんな意味で^^
ボーっとしていても、腕力はある女神のようです。(女神っ!?)

もう、マスター、どうしましょっ・・・
『夢叶』は恋愛物ではないのですよ、マスター~~ 

私も仕事休みに入ったんで、皆様の元を徘徊させていただきまーす。
(休み入りはたぶん皆さんより早いのかもしれませんが、その分、年末の忙しいのも皆さんより早く始まっていた、はず(?)と思うのですが・・・)

撃沈をお楽しみ(?)にぃ~(あー汗)
2011.12.27 Tue 16:34
Edit | Reply |  

Name - おなかぴーたろー  

Title - こんばんは~

6ピースが6キロ・・すごっ!
開けてびっくり玉手箱・・みたいな

慌ただしい年の瀬です
「けいさん」もお体ご留意の上
良い年末をお過ごしくださいi-179
2011.12.27 Tue 21:11
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: こんばんは~

おなかぴーたろーさん、コメントありがとうございます。

ホント、開けて、ん?、でした(笑)

慌しい、とは心が荒れる、と書くんですね。

おなかぴーたろー さんも、荒れないように、お気をつけて。

良い年末をお過ごしください^^
2011.12.27 Tue 22:14
Edit | Reply |  

Name - 奏響  

Title - 

けいさんこんばんは♪

チキン…6ピースを6キロだなんて(笑)))
結果、喜ばれてよかったです^^;

マスターは自分磨きも頑張っていたんですね
偉いというか尊敬の一面を見ちゃいました。
一途な人ですね♪*^^*
2011.12.27 Tue 22:42
Edit | Reply |  

Name - 秋沙   

Title - No title

6kg~~~~~ぉ!?(@_@;)
いや、だって、生まれて何ヶ月かの赤ん坊だって、6キロくらいですよぉ?
どんだけ疲れてたんですか(^^;

でも、私もけいさんの作った唐揚げ食べたい~~~~持ってきて~~~!!(^^)


あは、マスターの失恋パート2。
王道でしたね(^^;
さぁ、これが、パート3ではどうなるのか。
え~っと、パート3ではまだ放浪の旅へは出ないんでしたっけ?
パート4まであるんでしたっけ?
年齢や生活環境の変化と共に、失恋の仕方もきっと変わってくるんでしょうね・・・。

マスター、モテたんだろうなぁ(*^_^*)
そういう、一途な心を持って努力してる人、絶対に他の女性だってほっとけなかっただろうなぁ。
あぁもう、ますますマスターに惚れそう(*^_^*)そして玉砕しそう(笑)
2011.12.28 Wed 00:03
Edit | Reply |  

Name - 西幻響子  

Title - No title

凄い!
海外で結婚したいから外国語学部を選ぶなんて!
マスター、愛の人、ですね。

葵さん、やっぱりマスターのこと弟以上には見られなかったのね。第一印象って、とくに幼いころのは頭に刷り込まれちゃってて、なかなか変わらないのかな。

現在の葵さんはどうなってるのか…結婚してるのか…
というか、葵さんご本人に登場してもらいたくなった!!

きゃー。
思わず、鳥のから揚げが食べたくなりました。
しかし、6キロとは…(笑)
けいさん、料理、お上手そう。

(西幻時間…西幻は真夜中にうごめいている蝶なのです)
2011.12.28 Wed 01:17
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 奏響さん

コメントありがとうございます♪

チキンの残りが冷凍できて良かったです^^;

マスターの頑張りのすべては葵さんのためです。
今時めずらしい人ですね。
2011.12.28 Wed 06:58
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 秋沙さん

コメントありがとうございます。

このときはかなり疲れていたのですが、
買い物に行かなくては・・・とふらふらしながら行ったのでした(笑)

から揚げ食べたい? うちまで遊びに来てね♪
ワインがつきますよ。あ、ビールでも^^

はい。基本、『夢叶』は王道でストーリーが進んでいる(と思う)ので、先が読めるかと。。。
あー、私、読者様をおおと言わせるミステリーとか、絶対に書けないと思う。

いいんだ。できないことはやらないんだ。スネスネ・・・
今できることをやるんだ。スネスネ・・・

マスターは案外イイ男かもしれませんよ~
惚れちゃってあげてください (*^_^*)
2011.12.28 Wed 07:22
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 西幻響子さん

コメントありがとうございます。

> マスター、愛の人、ですね。
ファーザー・マスター(?)(マザー・テレサのつもり・・・平謝り)

葵さんは、常にマスターの上手を行くのです。
そこが玉砕・撃沈たるゆえん。
現在の葵さんは・・・ふふふ・・・(意味はない・平謝り)

真夜中にうごめいているお蝶な西幻さんと、いつか、
ミッドナイト・クッキングでもしましょうか^^
2011.12.28 Wed 07:42
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - はじめまして

コメントを残しておられるみなさまのブログで、「けい」さまのお名前と「夢叶」のタイトルは目にしておりましたが、私が書き込むのははじめてです。

6キロの鶏肉に反応してしまいました。
たくさんの空揚げをお作りになったのですか?

連載、シリーズものとなると読みはじめるのがなかなかになってしまいますが、けいさまの小説も近く読ませていただきますね。
2011.12.28 Wed 12:55
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: はじめまして

あかねさん、ご訪問、そして、コメント、ありがとうございます。

6キロの鶏肉に反応してしていただき、ありがとうございます。
あかねさんをお呼び立てしてしまいましたかね。

から揚げは並みの量を作り、鶏肉が余りましたが、冷凍保存で中です^^
次のチキン物は何にしようかと・・・ずっと後で考えます。

あかねさんの小説も読ませていただきにあがりますね。
どうぞ宜しくお願いします^^
2011.12.28 Wed 15:07
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - No title

いや、6ピースと、6キロ。
なんか、分かります。私も、「なんで気付かないの?」っていう事を、よくやらかします・・・・。
なんか、けいさんにますます親近感。^^
(私の場合、もうボケが?・・・汗)

しっかし、マスター・・・・。
どんだけ一途!葵さんって、そんなに魅力的な人だったんですかねえ。
でも、弟は、いつまでたっても弟なのかあ。
辛いね。

でも、失恋話を、夢見るように話すマスターって、大物!・・・か、変わりものw
さあ、この後はいよいよ・・・。
次の更新は、年明けでしょうか。
よいお年を!
(・・・また、年内に来るかもしれませんが^^)
2011.12.29 Thu 01:58
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

limeさん、やらかしますか。
私もしょっちゅうやらかすんです。
親近感^^

葵さんの魅力について設定はしたのですが、
長くなりすぎてボツとなりました(笑)(ちょい舞台裏)

なので、どんな人? 状態で続きます。
マスターが惚れた人なので、悪い人ではないです。

夢見るマスターの失恋話は年内に終わるはずでしたが、年明けしてしまう・・・
あー・・・でも今は、焦っても仕方がない、の境地・・・(どんな境地?)

年内、掃除と同時進行で、もうちょい更新します。
良い年末を!
2011.12.29 Thu 08:13
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

鳥は美味いですよ。
・・・ってクリスマスは遠いですね。
もう。
それはともかく鳥は結構美味しいですよね。
私は結構食べれます。

・・・って。全然小説を関係ない話ですいません。
2012.03.23 Fri 17:28
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

ははは。ここ、記事より皆さん、鶏肉にがっつくとこらしいです(^^;)

たくさん買ってもきっちり最後まで食べました^^
もう冷凍庫には残っていないです(ただいま3月)

> ・・・って。全然小説を関係ない話ですいません。

いえいえ、こっちの方が楽しかったり(^^;)

お話の方も宜しくお願いしまーす^^
2012.03.23 Fri 20:52
Edit | Reply |  

Add your comment