オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢叶 45 第二章・ラストライブ(2) 

 ラストライブといっても、田島はいつも通り曲の紹介以外にMCもなく、リクエストされた曲を次から次へと演奏していた。

「練習のしすぎで軽い腱鞘炎でも起こしたか・・・」
「それ田島君のこと?」

 マスターが花園のつぶやきを拾う。

「あいつ始まる前、裏で震えていたんですよ」

 ライブ前、手に持つメモに火がつくのではないかと思うほどに睨みつけていた田島のことが、なんとなく気になっていた。

「腱鞘炎なんて年じゃないでしょう」

 田島の演奏には何の不安もなく、数々のなじみのある曲の連続に、客も盛り上がっていた。田島も歓声を上げる客を前に、このラストライブを思い切り楽しんでいるように見える。

「考えすぎかな」

 目にした事は忘れようと、花園はバイトの仕事に戻った。

 ライブは順調に流れていった。田島はラストを惜しむ客からのアンコールに何度も答えて、時間もいつもより大幅に延長していた。

 いい加減に切り上げないと、とマスターも心配する頃、田島がこれで最後、という曲の紹介を始めた。

「これで本当にラストです。この曲は、カフェのホームページに一番多く寄せられたリクエストです。今まで本当にたくさんの応援をありがとうございました。最後の最後になりましたが、聴いてください」

 ゆっくりと始まったイントロがフロアに流れた途端、聞き慣れないその曲に一瞬客席がしんとなる。けれども、すぐにそれと分かった客から、波のように大きな歓声があがった。

「田島、だからか!」

 花園は、田島がライブ前に手を震わせていた理由が分かった。持っていたメモに、その曲名がリストアップされていたのだ。

 カフェのライブに一番多く寄せられたリクエスト、それは田島が高校生だったときに挑戦したテレビのオーディション番組、『バンド甲子園』で優勝したときの曲だった。

「このタイミングでやるなんてね、田島君」

 マスターは、直立不動で田島を凝視する花園に声をかけ、自分も手を止める。

 その曲は、バンドのデビューがなかったためにCD化されなかった。けれども、キャッチーなメロディーと前向きな歌詞で、多くの人が口ずさむほどに注目された。

 この曲で田島たちのバンドはたくさんの視聴者から支持され、『バンド甲子園』で優勝したのだ。

 今まではマスターが、リクエストが来ているからやって欲しい、と何度も頼んでも頑なにやらなかった。

「田島君、やっぱり忘れてなんかいなかったんだ」

 マスターがそう呟くのに、花園が田島から目を離さずに応える。

「高校の思い出を、あいつが忘れるはずないですよ」

 確かにこの曲でのデビューを強く望んでいた田島が、この曲を忘れるはずはなかった。ただできなかっただけなのだ。

「ずっとこれを練習していたんだ・・・」

 もう一度この曲を演るまでに、これほどの時間がかかった。田島のブランクは、花園やマスターが考えるより、ずっと大きく深かったのだ。

 田島は、曲のギターソロのパートを完璧に弾ききると、客に向かってノリノリのガッツポーズをした。そこはかつて、メンバーの長谷川がやっていたパートだ。

 何かを手放したような、すっきりとした笑顔でガッツポーズをした田島に、花園も他の客と同じように「うぉー」という声と共にガッツポーズを返した。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




 ついにその曲をやったか、田島。。。


 『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

ううう・・・・なんか、びりびりと、しびれました。
田島君の秘めたる思いと、それを察してあげる花園くんの気持ちが、
しみじみと伝わってきます。

ガッツポーズで演奏する田島君の気持ちは、表記されていませんが、
夢多き時の感慨が、どわ~~っと体中を満たしてるんでしょうね。
懐かしいとも、悲しいとも、一言で表現できない、熱い時代の想い。

長谷川くんのパートを弾きながら、何を思うのか。
それゆえの、震えだったのですね。
こちらまで、ぞわ~~っと感動しました。

田島君を見守る花園君が、また素敵だ~~。

そして、この女性は・・・・だれでしょうねえ。
2012.01.28 Sat 10:50
Edit | Reply |  

Name - fate  

Title - 誰っ?

ああああ、なんか泣きそうでした。
いや、limeさんに一番乗りを奪われたからじゃないです。
(マジで、気にしないでください、limeさんっ(^^;)

なんだろう、田島くんのあの辛い思い出シーンが蘇って、あのときの心理状態にシンクロしてしまいました。
あんな風に親友を、しかも目の前で、失うってことの‘闇’の深さを思います。

そうか、その震えだったか、と、分かったらものすごく納得しました。
彼はそのことを、親友を失った苦しみも悲しみも、同時に一緒に目指した夢もあの頃抱いていた情熱も愛も、きっと生涯背負い続けていくんんだろう。

悲しい記憶や辛い記憶ってのは、薄れて消えるモノじゃなくって、忘れるべきものでもなくって、実は、そこに傷があることを自覚して、だけど、それに触れてもそれを傷として認識し、パニックを起こさないようなることがゴールなんだそうだ。

田島くんは今、その第一歩に立って、思い出を思い出として受け留めようとしているんだろう、と思えたら泣けそうでした。

ということは、まぁ、置いといて。

誰っすか?
その彼女???
亡くなった親友の家族? 恋人?

おおおおお、正体は~~~
(↑ウルサイ…)
2012.01.28 Sat 11:33
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

ううう・・・・limeさんに伝わって良かったぅ・・・

> ガッツポーズで演奏する田島君の気持ちは、表記されていませんが、

鋭いご指摘、ありがとうございます。limeさんはいつもお優しい^^
田島視点でのライブ中継がないんですよね。
分かってたんですけど、どうしようで・・・(ーー;)

> 懐かしいとも、悲しいとも、一言で表現できない、熱い時代の想い。

はい。う・・・表現できませんでしたっ(滝汗)

> 長谷川くんのパートを弾きながら、何を思うのか。

ここなんですよぉ~(涙)
表現できなかったのですぅ~~(号泣)

limeさん、いつもヒントをありがとうございます。感謝感謝です!
未熟な私にはまだ描ききれなかったのでしたぁ~~(ついに慟哭)

田島は弾ききれたが、私は描ききれなかった。くぅ~~

まだ1歳のよちよち歩きには、100メートルを10秒で走ることは出来ない、
ということでお許しをぅぉ~~ (あー、めっちゃ悲しい・・・)

> 田島君を見守る花園君が、また素敵だ~~。

何というオアシス。慰めていただきました。。。

この女性は・・・・次回に^^

精進を続けます。。。
2012.01.28 Sat 13:18
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 誰っ?

fateさん、泣きそうになっていただき、ありがとうございます。
泣くまではいかなかったか、残念(笑)

過去話にシンクロしていただけてありがとうございます。
田島が過去有りだということを、思い出してもらえて嬉しいです。

> 悲しい記憶や辛い記憶ってのは、薄れて消えるモノじゃなくって、忘れるべきものでもなくって、実は、そこに傷があることを自覚して、だけど、それに触れてもそれを傷として認識し、パニックを起こさないようなることがゴールなんだそうだ。

共感します。田島の経験は、すべて心の財産で、墓場まで持っていくでしょう。(じーちゃんの田島が想像できないけど・・・)
もっとそんな経験をさせてあげたいです。(母心)

田島は弱いやつなので、なかなか前に進めないのですが、
徹さんやマスターに支えられて何とか立っています。

やっと瞬のことが受け入れられて、一歩前に行けました。
いつかfateさんを泣かすよう、が・ん・ば・り・ます^^

彼女の正体わぁ~~次回までネタバレなし。悶えていただければと・・・^^
2012.01.28 Sat 13:46
Edit | Reply |  

Name - ソライエ  

Title - おお。。

なんか、楽しみな展開になってきましたね。。。
田島くん、かっこ良くなってきた。
次回にこうご期待!


2012.01.28 Sat 14:01
Edit | Reply |  

Name - 奏響  

Title - No title

けいさんこんにちは♪

田島くん色々な思いをのせてバンド甲子園で
優勝した曲をラストソングに選んだのでしょうね♬

客席とも一体となりバンドの当事者たちも
歓喜極まったでしょう。

あの女性はひょっとして長谷川君の…
きっと長谷川君も聴いていると思います*^^*
2012.01.28 Sat 14:39
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

最後にあの曲を選んだのは、
今まで踏み出せなかった自分への別れと前に進むことへの決意の表れなんでしょうね。
どちらにせよ、彼にとっては大切な一曲なんでしょうね。

女性は・・・・・・田島のおかん?
(絶対違うだろ! もし当たっていたらすみません。笑)
2012.01.28 Sat 16:22
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おお。。

ソライエさん、コメントありがとうございます。

楽しみにしていただけて嬉しいです。。。
田島、かっこ良い? やた。
次回の展開にこうご期待^^
2012.01.28 Sat 16:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 奏響さん

コメントありがとうございます♪

高校卒業以来、5年越し(!)の思いです。
どんだけ引きずっていたんだか・・・(^^;)

おぉ、瞬もどこかで聴いていたかもね。
届いているかもしれない。。。

あの女性については、次回に^^
2012.01.28 Sat 16:39
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

> 最後にあの曲を選んだのは、
> 今まで踏み出せなかった自分への別れと前に進むことへの決意の表れなんでしょうね。

これです! これですよっ! 
ヒロハルさん、代弁ありがとぉ~!

大切な曲を弾くことが出来ました。これで前に進めます(やっと・・・)

女性は・・・・・・ヒロちゃん、斬新だ。(^^;)

でも、おかんをどこかで出してあげても良いかも。
おかんがいなかったら田島は死んでいたかもしれない。マジで。高校の時。。。
ちょい考える、かも^^
2012.01.28 Sat 16:53
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.01.31 Tue 17:04
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

ありがとうございます。

メッセージを送らせてもらいますね^^
2012.01.31 Tue 20:25
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - ラストライヴ

学生時代最後のライヴって意味ですよね?
このライヴでもなにかが起きるんだろうかと思っていましたが、やっぱりなにか起きそう?

謎の女性の登場とか。
田島くんが「あの曲」を演奏しているのは、完全にそこから飛び立つためなのかなと思ったり。

もしかして、あのひとも出てくるのかな。
あのひととかあのひととか、と想像したり。
この先も興味は尽きません。
2013.02.17 Sun 14:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ラストライヴ

あかねさん、たくさん読んでくださり、コメントありがとうございます。

学生時代最後のライブです。
ライブ後に登場の女性がポイントです。

> 田島くんが「あの曲」を演奏しているのは、完全にそこから飛び立つためなのかなと思ったり。

その通りです。
飛び立つ前に、もうちょいあるので見守っていただけると嬉しいです。
でも、それで完全に吹っ切ることになります。

> もしかして、あのひとも出てくるのかな。
> あのひととかあのひととか、と想像したり。

実は、あのひとたち、を登場させたかったです。
はは。あかねさんと共通するかな。

卒業まであと少し、お付き合いくださればと。。。
2013.02.17 Sun 19:40
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 

田島くんは卒業したらどこへいくのか。。。
むしろ、大人の私にとってはそちらの方が気になる事案で。
まあ、そう言う話でないのでしょうが。
私の年齢からみると、10年後の彼が見てみたいですね。
今の若さが続くことを願って。
2016.05.07 Sat 22:09
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

田島は卒業したらどこへ・・・そういうお話です^^
どこかに行く前にもうちょいあるのですけれど、卒業してから・・・(が、また長い><)

おお。10年後の田島。私も見てみたいです。
イイ感じのオヤジになっていることを願って。
2016.05.08 Sun 10:05
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。