オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

怒涛の一週間 16 金曜日(2) 

「良いなあ、こーじ。若いのって、良いよな、羨ましい」

 ミーティングが終わり、専務と部長と三人で専務室で昼食をとっていた。初めて入る専務室は営業部のフロアにある部長の部屋よりもずっと広くて応接室などもあった。

「社長、機嫌良かったですねー」
「営業部の働きのお陰だね。」
「というか、こいつのお陰ですかね」

 と、俺は部長にどんと大きく背中を叩かれた。飲んでいたコーヒーを「ぶっ」と吐き出しそうになったのを死ぬ気で押さえて飲み込んだ。そうしたら「ゲホゲホッ」と思いっ切りむせた。

 そのときの俺は、緊張で空腹となった腹を満たすことしか頭にはなく、それ以外のことについては全く分かっていなかった。部長に聞いてみた。

「部長、それで結局ミーティングではとりあえずの今後についてはどうなったんですか。俺には良く分からなくて・・・」
「何だ、お前、話し分かってなかったのか」

 その問いには専務が答えた。

「社長は皆の前で君と花園君のオーストラリア駐在についての案を確定して帰られたんだよ」
「は? オーストラリア駐在?」

 ―――それで社長から英語がどうとかと振られたのか。

「お前、会議中寝てたのか」
「そんなことないっす。今週はいろいろあってちょっと疲れてて・・・」
「それでボケッとしていたのか」
「通りで君の反応がいまひとつはっきりしないなと思っていたんだ」

 ―――そんな話しになっていたのか。本当に俺のことなのか。

「いつですか?」
「社長は来月にでもプロジェクトを動かしたかったらしいが、企画開発がそんな短期間では動けないし、営業も課長がまだ入院中で何も出来ないからな。それでも来年、年明けにはお前はオーストラリア事務所駐在だ」

 課長はまもなく新しくできる国際事業部の部長職に抜擢されるらしい。俺は・・・?

 ―――この急な展開についていけるのか。

 昼食後、営業のフロアに戻ったところで、昨日の夕方に営業で回ったところから注文を受けていたのを思い出した。

 ―――しまった。あれ急ぎだった!

 あわてて支度をしてそのなじみの取引先に向かった。オーストラリア行きのことなんか考えている暇はなかった。



< 前話   TOP   次話 >



   日本脱出前に、まだまだやる事がありそうです。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for your click!


 奮闘するこーじ君を応援してあげてください。


 『怒涛の一週間』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - あかね  

Title - オーストラリア

こーじくん、すごい。
なにか大きな仕事をまかされるのだと思っていたら、オーストラリアですか。
近頃の若者は海外にはあまり行きたがらないと聞きますが、こーじくんは嬉しいんですよね?
私の知り合いの若い子は、わりと海外に憧れてる子が多いですが。

けいさんはオーストラリア留学の経験がおありですか?
私は留学経験はありませんが、一度だけ行ったロンドンがやっぱり大好きで、住むんだったらロンドンがいいなぁ。
英語はできないので、一ヶ月ほど、通訳つきで……って、その程度しか無理ですけどね。

2012.07.24 Tue 10:29
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: オーストラリア

あかねさん、コメントありがとうございます。

こーじくん、こうして仕事順調のようです。
海外支社に駐在はやっぱり嬉しいことだと思います。
誰もが選ばれるわけではないですからね。

留学の経験は・・・おありです^^
あかねさんはロンドンですか。良いですねぇ。
私も専属の通訳殿にそばにいて欲しい(^^;)
ロンドンに一ヶ月住めたら何したいかな~^^
2012.07.24 Tue 18:36
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

おおっと。オーストラリアだあ!!
けいさんと同じく海外で仕事をするのですね。。。
カッコイイ!!
(*^-^*)

2015.08.22 Sat 05:59
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

はい。身近なところで恐縮なのですが、行ってもらうことに(-_-;)
課長さんと共に、良い仕事をしてくれるかと (*^-^*)
2015.08.22 Sat 09:30
Edit | Reply |  

Add your comment