オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の一週間 13 木曜日(1) 

 次の日。木曜日。寝不足。

「どーした、課長代理。飲みすぎか?」

 酒飲みクマおやじ、いや、渡辺部長だ。昨日休んだからか、今日はやけに元気が良さそうだ。
 
 俺は今週前半の3日間でかなり疲れている。特に夕べの痴漢。あれは何だったのか。

「ん? それとも、彼女とお泊まりデートか?」

 ―――部長がまだ俺の方を見てニヤニヤしている・・・まさか!!

 あわててトイレに行き鏡を見ると、うっすらとではあるが首筋にキスマークが残っている。心臓の鼓動が急激に速くなり、指先が震えだした。

 ―――忘れろ、忘れろ。気持ちを切り替えるんだっ。

 そう自分に言い聞かせた。そして部長の好奇な視線をかわしながら外回りの準備をしてさっさと出かけた。

 今日の訪問先は俺の得意先のお宅だ。清野さんは六十歳を過ぎている身のこなしの素敵な女性だ。俺が一年目の新人のときに製品をはじめて購入してくれた人でもある。

 遠くに住んでいるご家族とのコミュニケーションのために、六十の手習いでコンピュータというものに触れ、学びたい、との事でうちの会社に問い合わせが来たのが最初だった。

 当時新人の俺の営業にはまだ花園課長が付いてきていて、清野さんを初めて訪ねたときも課長と一緒だった。

 新人の俺の説明は、課長から指導されたことをそのまま言われた通りにしただけの拙いものだったが、なぜか清野さんは俺のことが気に入ったと製品を買ってくれたのだった。

 それ以来、新製品ができたときなど、紹介がてら顔を出していた。

「こんにちは。営業の佐藤です」
「あら、佐藤さん、お久しぶり。また何か見せに来てくれたのかしら」

 新商品ではなかったが、俺はコードレスのマウスをいくつか持ってきていた。清野さんは興味を持ってくれるだろうか。

「コンピュータの調子はどうですか」
「お陰様で、良い感じですよ」

 一階の和室の片隅に一見不釣合いのように置いてあるデスクトップの横には、いつも花瓶に生けてある花が置いてある。

「課長さんはお元気?」

 清野さんは、新人時代の俺の後ろでいつも静かに付き添ってくれていた課長のことをちゃんと覚えている。俺は課長が交通事故で入院していて会社をしばらく休むことを話した。

「あら、それは大変ね。でも佐藤さんが独り立ちできる良い機会ね」
「えーもう、清野さん、俺ここに一人でお邪魔しに来るようになってから随分たつんですけど・・・まだ新人は卒業してませんかねぇ」
「だいぶ成長したけどね」

 清野さんはいたずらっぽく笑った。新人時代の俺は清野さんの前で数々の失敗をしている。

 契約をもらって書類を書いてもらう段階で、その肝心の契約書類を忘れてきたり、書類を持参したにも関わらず、ペンを忘れたり、印を押してもらうところで朱肉を持っていなかったりと、細かいものは数え切れない。

 和室の襖の段につまずいて、お茶を持っていた清野さんを突き飛ばしそうになったり、なんて事もあったな。

 課長に説教される俺を見て、清野さんは怒ることも叱ることもなくただ笑っていた。そんな俺の情けない新人時代を彼女はよく知っている。

「すいません、長居してしまって」

 今日は課長の入院話などもしたので、滞在がいつもより長引いてしまった。

「こちらこそせっかくいらしていただいたのに、ごめんなさいね。懲りずにまた新しいの、持ってきてくださいね。」

 結局清野さんは、コードでつながっている方が自分向きであると、新しいマウスは少しいじっただけで興味はなさそうだった。だがマウスが売れようと売れまいと、そんなことはどうでも良かった。

 今週起きた色々な事で疲れていた俺にとって、清野さんと会って話をすることは、それだけで疲れが癒されるものであった。

「課長さんにお大事にしてくださいとお伝えくださいね」
「はい、必ず。お邪魔しました。また伺わせていただきます」

 清野さん宅へ訪問した後、他にも軽い営業で回るところが数件あって、会社に戻ったときには退社時間を過ぎていた。



< 前話   TOP   次話 >



   一週間のうち、一日くらいはホッとできる日がないとね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for your click!


 奮闘するこーじ君を応援してあげてください。


 『怒涛の一週間』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 西幻響子  

Title - No title

こーじ君、清野さんと話して癒されてよかった ^ ^
前日のチカンは物凄くショックだったみたいですね。
(私も読んでてショックでした(笑))
R指定は…どうでしょう?ぎりぎり大丈夫のような気も…
2011.10.13 Thu 09:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 西幻響子さん

コメントありがとうございます。

こんな日もなくちゃね。やってられないですよね。

チカンはショッキング感がでていたでしょうか・・・
こーじ君には怒涛にもまれてもらいました。。。
ごめんね、シャツとネクタイ弁償しよっか・・・

日々の頑張りを応援してあげてくださいね^^
2011.10.13 Thu 14:13
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - No title

こんばんは!

私も痴漢がかなりショックだったので、こーじ君心配してました><

よっかったー。清野さんナイスです!癒しになりましたよね~。
ずっとお得意様と関係が続いているっていいですね!
2013.08.01 Thu 00:03
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - rurubu1001さん

コメントありがとうございます!

私も立ち直れるか心配・・・しないですよ。ふふ。
こーじ君を信じています。(←つながりないですね)

清野さんのお陰で立ち直れました(と祈る)

> ずっとお得意様と関係が続いているっていいですね!

そうですね。こういう関係が持てると、仕事が楽しくなるし、続けようという気持ちにもつながるのでしょうか。客側としても、こちらのことをわかってもらえると付き合いやすいですし。実際の場面はもちろん、そう簡単にはいかないのでしょうけれども。
2013.08.01 Thu 01:13
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

キスマークつけての登場!!
・・・やってみたい!!
(@_@;)

なんてことはないか。現実問題は。
営業職だと身だしなみは大切ですね。
2015.08.15 Sat 08:42
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

ぷぷぷ。LandMさん、やってみたいんですかあ^^
職場で時の人になりますよね!

うん。お仕事着はどの職場でも大切ですよね。
キスマークがお仕事着に含まれるかどうかは・・・?
2015.08.15 Sat 13:19
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。