オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢叶 68 

『ぶはは。ウケた。俺があれだけ詳しく話してやったことの全てが、時間の無駄だったとは、がっかりだ。

ま、財布の持ち方ごときに、ちょっと高い授業料を払って学んだわけだ。これからは無事にサバイバルしろよ』

出かける前にユースホステルでメールチェックをしたら、早速花園から返事が来ていた。

―――花園に愚痴ってもしょうがねえ。

ちらっとメールを読んだだけでログアウトして出かけた。

行き先はシティーのショッピング街。ファッション・アーケードやデパートなどが並び、欲しいもののほとんどはここで手に入る。

週末は歩行者天国となり、大勢の人で賑わうが、平日は普通の通りに戻る。そんな静と騒のギャップが興味深いところだ。

―――良いかな、ここ。

田島は‘CLOSE’の札が下げられた、月曜日が定休らしい店の前に立ち、長谷川のアコースティック・ギターを抱えて歌い出した。

歌うのは高校時代に作った曲。新しい曲を作り始めるに当たり、感覚を取り戻すために高校時代の曲を思い出す必要があった。

それはマイナス・スタートであるのかもしれない。けれども、田島にとっては必要な作業だった。

メインのフレーズを田島が作り、長谷川がアレンジして出来上がったバンドのオリジナルの数々。

記録として保存していたものは消してしまったが、田島の記憶の中に残っている。決して忘れることはなかった。

リズムの鏡も含めて三人でやっていたそれを、今は一人で演る。

「ふう・・・」

途中、息を整え、ひとつ咳払いをしてから続ける。月曜日の午前。ショッピング街を行く人影はまばらだ。田島の歌を聴く者もいなければ、見る者さえいない。

シドニー・ハーバーの方から足を伸ばしてくるカモメが、すーっと飛んできては立ち並ぶ店の前に降り立つ。

まるで「今日は自分たちの日」とでも言いたげに通りをちょこちょこと軽快に歩きまわる。

いかにも人馴れしたカモメの中には何の警戒もなく田島の方に近づいてくるのもいた。

カモメは田島に一瞥をくれた後、餌がもらえないとわかると「昨日来い」とばかりにバサバサと羽音を立てて飛び立って行く。

「行くなよ」

そんな気ままなカモメを目で追い、田島は思わず客に逃げられた店員のようにもの哀しく呟いた。

今日は観客に聴いてもらうことが目的ではない。田島はいわゆる路上パフォーマンスと呼ばれるものをやったことがなかったから、その慣らしのためにはカモメに聴いてもらうくらいが丁度良い。

そう気を取り直し、カモメ相手にしばらく歌ったあと、少し休憩を取り水を飲む。休憩の後はカフェのライブでもやっていた洋楽を歌った。

英語はそれほど得意というわけではないが、英語の歌詞はスムーズに出るのが不思議だ。

オーストラリア出身で世界的に成功しているのアーティストも意外と多い。ついでにと練習のつもりでやってみた。

―――ん?

誰かがゆるく拍手をしている。

それまで田島は周りのことは気にせずに一心に弾き、歌っていたのだが、ふと気づくと何人かが半円を描いて田島に向かって立っていた。足元にはいくらかの小銭が投げられていた。

時計を見ると、ランチタイム。数時間通しで歌っていた。ショッピング街も朝と比べて人通りが増えている。ファーストフードを片手に田島を観ている人もいる。

引き続き、覚えたばかりのオーストラリア人アーティストのカバーを歌うと、少し人が増えてきた。

“He’s good.”

そんな囁きが聞こえてくるほどの近親間が気に入った。これが路上の面白味なのだろうか。まだ田島にはわかりかねていた。

―――どうだろう。聴いてもらえるか・・・

試しにさっきはカモメのために歌った高校時代の曲をやってみた。今度は聴衆がいることを意識して演奏する。一曲目、二曲目・・・

“Yeah!”

一曲終わるごとに思った以上の拍手がもらえ、さらに小銭が足元に投げられる。

田島の歌う日本語の歌詞はわからないだろう。だが、メロディーは気に入ってもらえたのか、リズムを取りながら聴いてくれている人もいる。

意外なオーストラリア人の反応に驚くと共に嬉しくもあった。聴衆の反応を身近に感じながら、田島はギターを軽快に鳴らせて数曲歌い続けた。

“Fantastic!”

最高の褒め言葉だろう。良いものは良いと言葉で表現してくれるのがたまらなく嬉しい。

―――これは、はまりそうだ。

観衆とその場の一体感の持てる路上ライブの魅力が少しわかったような気がしてきた。

けれども、そんな初路上を楽しむ時間は短く、ビジネス街のランチタイムが終わると共に、田島の目の前にいた聴衆は当然のごとく自分たちの仕事場へと引き上げていく。

“You’re very good!”

ビジネスマン風のスーツを着たその人は、田島の肩をぽんぽんと叩き、声をかけてくれた。気さくなオージー気質はガイドブックの中だけのものではないことを実感する。

「サンキュー」

それだけしか返せなかった自分のカタカナ英語があまりにも情けなくてがっかりし、使えるようにならなければ、と誓う。

平日のランチタイム、というわずかな時間。田島は初めての路上を体感するには充分な経験をしたと満足していた。

目の前にいた人々がいなくなり、「さて」と思ったところで田島のお腹がグググと鳴った。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


初路上。こちらはうまくいったようで・・・

良かったね^^



仕事がめっちゃ忙しかったですぅ~~(疲)

本当にめずらしく、体調もプチ崩してちょとふらふらでした(病)

けど、山越えした。あとはちょいフォロー(^^;)

イースターはのんびりしたい(望)


『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

けいさん、忙しさと、体調不良でたいへんだったんですね~><
更新がないんで、すっごく心配してたんですが。
もう、大丈夫ですか?
むりしないで、ぼちぼちたやってくださいね。

でも、久々の更新、嬉しいです。

そして、今日の話も、すっごく良いですね。
田島の、新しいチャレンジへの姿勢がすごくストレートに伝わってきます。
かもめに語りかけるあたり。
すこしばかりの寂しさと、ちゃめっ気が、いい^^

でも、聴いてもらえましたね!
これは良い手ごたえです。
日本であんなに観客を魅了した彼ですもんね。
なんか、いい予感がします。
2012.04.02 Mon 08:04
Edit | Reply |  

Name - おなかぴーたろー  

Title - 季節の変わり目。ご注意を。

体調いかがですか。ムリしないでください

初路上ライブ。
しかも異国の地で
順調な滑り出しですね
逆に挫折が怖いですが・・

歌詞はわからなくてもメロディは全世界共通です!
2012.04.02 Mon 12:02
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

めずらしく、ちょいくたくたになりました(^^;)
なので、お休みしましたよ。
ご心配ありがとうございます。
むりしないで、ぼちぼちいきまーす^^

limeさんに褒められると元気がでますっ!!
田島の最初のお友達はカモメ・・・はは。

ま、最初なんで、そのくらいで良いのですよ。
最初から上手くいったら、お話終わっちゃうんで(^^;)

気さくなオージーのお陰で良い手ごたえをもらえました。
limeさんの予感が当たりますように^^
2012.04.02 Mon 16:54
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 季節の変わり目。ご注意を。

おなかぴーたろーさん、コメントありがとうございます。

ご心配ありがとうございます。
無理しないで、少しお休みさせていただきましたよ。
仕事の方を優先させていただきましたぁ(^^;)

初路上はお陰さまで(?)順調な滑り出しだと思います。たぶん(--;)

> 歌詞はわからなくてもメロディは全世界共通です!

そうですね! 新曲も楽しみです! 田島、頼んだよっ!
2012.04.02 Mon 17:39
Edit | Reply |  

Name - fate  

Title - ああ、分かります、この臨場感!

ちょっと泣きそうです。
いますね、こういう人々、どこにでも。
はい、路上パフォーマンスが普通にあって、それが気負ってなくて普通にそこにいて、聴く方も構えなくて良い。

抜けるような青空と乾燥した空気。
泣きたくなるくらい光が綺麗で、鳥の色が鮮やかで、猫さえ英語を話すのでは? とドキドキする感じ。
カラスの声って日本よりものすごく不快なのに、懐かしい!

田島くんが羨ましい。
ダメだ、まだ引きずってるなぁ。っていうか、Australiaの大地は永遠の片想いの相手です。

感想になってなくてすみません~~~
2012.04.03 Tue 08:29
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ああ、分かります、この臨場感!

fateさん、分かっていただきありがとうございます。

シドニーは路上やっている人が特に多いような気がします。普通に。

私もいまだにどこに行ってもドキドキします。
猫はにゃーでなく、ミャーと、しっかり英語で話しているような・・・

> 田島くんが羨ましい。

私も(^^;)

> ダメだ、まだ引きずってるなぁ。っていうか、Australiaの大地は永遠の片想いの相手です。

ははは。いつでもうちに遊びにいらしてくださいよ^^

> 感想になってなくてすみません~~~

いえいえ、こちらは旅ブログにならないようにします(極力)ので、
またいらしてくださいね^^
2012.04.03 Tue 19:57
Edit | Reply |  

Name - ソライエ  

Title - のんびりしてください。

けいさん、おつかれ?
イースターはのんびりしてくださいね。

田島くん、そこから入るんですね。
ストリートライブ。
次回はカモメ相手にしっとりから
ボンダイビーチに向かって絶唱してくださーい!
(ないね。。)
2012.04.03 Tue 22:27
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: のんびりしてください。

ソライエさん、コメントありがとうございます。

はい、実はお疲れです(^^;)
仕事で山越えしてふらふらです(山岳系仕事か?)
イースターはのんびりします(ここ気合)

田島は早速活動を始めました。

> ボンダイビーチに向かって絶唱してくださーい!

ははは。シドニーのビーチ大好きなんですよ。
ボンダイビーチはレスキューのお兄さん達が有名^^

ホントはできればビーチで絶唱、いや、のんびりしたい・・・
プライベート・ビーチつきのホリデー・ハウス(切に希望)
2012.04.03 Tue 23:37
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - No title

あららら、田島くん、早速……大変だー。
でも、スリに遭ってもめげずにまた歩き出す。
えらいですね。
私だったら落ち込んでしまいそうです。

舞台がオーストラリアであるだけに、けいさんが書かれるととってもリアリティがあって、写真を見ているようにも思えます。

私なんかはまったく英語はできませんし、その他の国の言葉もわかりませんが、日本語ではない歌詞の歌だって、心にしみてくるものはありますよね。
音楽っていいなぁ。

このごろまた、ROCKに再開眼しまして、DOORSやロッド・スチュアートなんかを改めて聴いています。
2013.03.28 Thu 00:55
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - あかねさん

コメントありがとうございます。

スリでちょい落ち込みましたが、まだ旅は始まったばかり。
前に進みます。

徹さんが行け行けってうるさかったんで(?)、オーストラリアにしました。
と、徹さんのせいにする(^^;)

英語はねぇ、洋楽で学んだりしませんでした?
それでも、大きくなって(?)、へー、この歌って、実はこんな歌詞だったんだ、と驚いた歌もあり。
音楽って良いですよねぇ~^^

> このごろまた、ROCKに再開眼しまして、DOORSやロッド・スチュアートなんかを改めて聴いています。

ROCKは私も好きです。元気が出ますね。
ロッド・スチュアートもストーンズも良いおじいちゃんだ^^
2013.03.28 Thu 17:12
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 

そして、海外の田島くん!!!
(´゚д゚`)

ううむ、すごいですねえ。
若さというか勢いというか。。。
私も若い頃は海外を飛び回っていましたが、
今はもう難しくなってしまった。。。
精神的に歳をくってしまった。。。
もっとハングリーを養わないと!!
・・・と田島くんを見習います。
(゜_゜>)
2016.06.04 Sat 15:38
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

ここから第三部なのですが、第一・二部とは場面ががらりと変わります。

なんと。LandMさん、旅行はあんまりとかおっしゃっていませんでしたっけ?
海外を飛び回っていらしたとは(@@)
私は海外にひとっ飛びしていますが、回ってはいません。凄いなあ。

是非また飛んでくださいな。
お話の中で田島と一緒に旅行していただけたら嬉しいです。
この章、旅行記みたいになっているので・・・(-_-;)
2016.06.04 Sat 19:34
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。