オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢叶 81 

「ショーゴさん、すごく歌うまいですね」

前にいた日本人の女の子たちから声をかけられた。そういえば、同じ日本人なのに、田島はこの二人とはほとんど話をしていなかった。

「ああ、大学時代にカラオケでよく歌ってたんで。えっと・・・」

ツアーも最終日だというのに、お互いにはじめましてに近い自己紹介をする。彼女たちは岡山で同じ会社に勤める同期の仲良しなのだという。

「でも夕べ、ショーゴさんがやったあの『バンド甲子園』の歌って、カラオケにないですよね。よく知ってましたね」
「俺、あの歌好きなんですよ」
「そうなんだ、私も。良い歌ですよね」
「あの番組で優勝した高校生バンド、残念でしたよね、メンバーの一人が・・・」

アマチュアの高校生が、バンドデビューという夢に向かって優勝を目指す、というオーディション番組がはやったのは、もう5年以上も前のこと。なのに、いまだにその番組のことを覚えている人たちが大勢いるのに驚かされる。

「もうずいぶん昔のテレビ番組なのに、よく覚えているね」
「覚えてますよ。だってあのバンド、せっかく優勝したのにデビューできなかったでしょう」
「ボーカルの子がメンバーを亡くして泣いている姿が、切なくてドラマのようでしたよね」

ふいに自分のことが話題に上り、そういえば、そんな姿が当時メディアに流れたな、と田島は苦笑した。

「ショーゴって名前の人、確かバンドのメンバーにいませんでしたっけ? え?」
“Shogo! Look!”

どこにいたのか、いつの間にかロジャーのほうが田島よりも先にいた。

「ロジャー、ウエイト・フォー・ミー!」

田島も振り返って、大きな声で返す。

「ショーゴさんって、もしかして?」

二人の女の子たちの視線が、田島に釘付けになっていた。

「今朝もらったおにぎり、うまかったです。じゃ」

そう笑顔で言ってから、田島はロジャーを追って行った。

女の子達は、田島のことに気付いたのだろう。けれども、二人とも呆然と田島の後姿を見送ることしかできなかった。

“Shogo! Hurry up!”
「待って! ロジャー!」
“That means ‘wait’, dose it?”
「正解。ビンゴ! さすが語学に長けるスイス人」
“OK, I think I got you.”

今の田島はもう過去を引きずることも後悔することもない。すべては受け入れられた。

今は、目の前の時間を積み重ねるためにここにいる。今過ごすこの時間、この一瞬、それだけが今の田島が見ているものだ。

“Look at that, Shogo.”
「うわ、広い」

そこから見えるかなたの地平線に向かって、心が放たれる。人差し指でその線の見える空間をなぞり、地球の偉大さと自分の存在を何度でも確認する。

“I’ll never forget this, Shogo.I mean this three days.”
「ミー・ニーザー、ロジャー」

どこまでも延びる地平線を背に、二人で肩を組んで写真を撮った。

ツアー最終日のこの日は、数時間かけて良く歩き、自然を堪能した。まさに足が棒になり、手すりを掴んでよっこらしょとバスに乗り込む。

“Are we all here?”

へとへとに歩き疲れて、どっと座席に身を埋めると、ティムの合図でバスが出発した。ゆらゆらと数回バスに揺られた途端、催眠術にでもかかったようにまぶたが落ちる。

帰路に向かうバスの中では、楽しかったツアーの思い出に浸ることもなく、ロジャーのいびきも気にならないほどに熟睡した。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


ふー。これでやっとツアーが終わります。長かった(--;)
えっと、これでも二泊三日のキャンプツアーでした(^^;)
課題は、コンパクト。えっと、私だけの話(><)


『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

あの女の子たち、バンド甲子園を知ってたんですね。
田島君の、一番辛い過去を知ってたとは。

でも、サラリとかわす田島君、なんともカッコいい。
このさりげなさが最高です。
乗り越えた、というより、受け入れたんだなあ~と、改めて感じられるワンシーン。
田島君に、惚れちゃいます^^(惚れっぽい)

ツアー、終わっちゃいましたね。
さあ、田島君、次はどこに行くのでしょう。

あ、花園君に、メールね。(しない?)
2012.07.01 Sun 01:38
Edit | Reply |  

Name - fate  

Title - すべては受け入れられた

↑そうきましたね!
素晴らしいじゃん、田島くん!

受け入れることでしか、ヒトは進めない。
「変えられることは変えていきましょう。変えられないことは受け入れましょう」
どっかで聞くセリフです。
そして、その通りと思うのダ。

田島くんは、変えられる未来を変えるために旅に出て、いろんな出会いを果たし、世界を見た。
そして、変えられない過去を、忘れるではなくて、受け入れることで前へ進む切符を手に入れた、そんな感じですかね。

辛い過去は、忘れる必要はない。
それは大事な思い出でもあり、彼自身の今を作った歴史の積み重ね。失ったモノは戻らない。
だけど、それに触れられても悲鳴を上げなくて済む形にまで昇華した、それが人間の可能性なんだな、と思えました。

友人の‘死’にはfateも泣いたけど、田島くんが受け入れられたら、こちらも救われました。
正直、彼女たちがいろいろ話題を出すのでどきりとしました(^^;
でも、もう超えたんだね。
偉いぞっ! 田島くんっ!!!

こうやって出会った人に歌という感動を与えながら、彼は抱えきれないモノを抱いて帰ってくるんだね。

前途に祝福を贈ります♪
2012.07.01 Sun 07:05
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

女の子たちは、田島がキャンプファイヤーのときに歌ったので、それで思い出した模様。
タイミング良くロジャーに呼ばれました。

> 乗り越えた、というより、受け入れたんだなあ~と、改めて感じられるワンシーン。

そうなんですよ。読み取っていただき嬉しいです。
どう違うのかは微妙なところなのですけどね。ご想像に(^^;)

> 田島君に、惚れちゃいます^^(惚れっぽい)

わお。田島、年上のお姉さまはどう?
田島は惚れられキャラになれるかな。

さて、ツアーは終わるのですが、次はちょっと拾い物をします(ちょい予告)
まだなのかって、言われそうで汗・・・

徹さんにメールは・・・
徹さんは心友なので、メールしなくても、いや、親しき仲にも礼儀ありで、メールするのか?
私的には徹さんに会いたい気もするのですが、どうなんでしょう、そこ(←あんた決めなはれ)
2012.07.01 Sun 12:06
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - おはようございます

さらりとかわした中に、
田島くんの受け止めた重さを感じました。

バンドメンバーって、家族みたいだし、
ただの友達とちょっと違う。
そういうの、わかります。
ちょうど、自分もバンド世代だったし。

田島くん、絶対、惚れられキャラですよ。
年上キラーだわ~^^
おばさん(私)胸キュン~^^(息子のごとく思っていたはずが! 滝汗)

ツアー楽しかったです。一緒に旅行したみたいでした!^^v
ロードムービー大好きなんですよ。
なので、ショーゴ、またミニ・ツアーしてね~^^
2012.07.01 Sun 12:34
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: すべては受け入れられた

fateさん、田島を褒めていただき、ありがとうございます。

なかなか良い奴でしょ? (←キャラ自慢)

fateさん、田島のやりたいこと、やっていることを、素晴らしくお見事に表現してくださりありがとうございます。そうなんです。そういうことなんですけれど、私の筆力がぁ~~。さすがfateさんです。

後ろを向いていた田島が前を向けるようになったのは、田島自身が気付いたこともありますが、気付かせてくれた周りの存在もあります。それは田島にとってかけがえの無い存在で、その人たちがいなければ今の田島はありません。その辺の関わりもうまく表現できたらな、なんて思っています。うぅ・・・がむばります。。。

まだまだ可能性を秘めた田島(?)、何を抱えて持って帰ってくるのでしょうかね。
ちなみに、旅はまだ序盤(!!)(あぁ~滝汗)

> 前途に祝福を贈ります♪

ありがとうございます。まだまだ前進していきます♪
ゆっくりとだけど。。。
2012.07.01 Sun 12:44
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おはようございます

城村優歌さん、コメントありがとうございます。

田島はこうなるまでに色々ありましたが、
なんとかここまで成長しました。亀成長(^^;)

バンドは高校時代の部活動だったので、
もろ青春の思い出です。
バンドは、ライブが良いです(というのが作者の好み^^)

> 年上キラーだわ~^^

おお。城村さんにも惚れられたぞ、息子から昇格?

ロード、良いですねぇ。ロードにいけるようなところに行くかな。
ちなみに免許は持ってる。『秘密の花園』の中で運転してる。
(おっと、こんなところで宣伝^^)

次はどこにツアーに行こうかな。地図地図。旅は続きます。
どうか懲りずに、また田島を見に来てやってください^^
2012.07.01 Sun 15:25
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

サボっていた分、やっと追い付いてここまで読めました。

すでにオーストラリアに行った気分になっています。笑。
これで海外は三つ行ったな。

まだ続くところを考えると、長期滞在できそうだな。うん。
2012.07.01 Sun 22:30
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

おっと、ヒロハルさん、復活だぁー。
復活のコメントありがとうございます。

亀更新なので、追いつくの楽だったのでは?

旅ログしたので、雰囲気は伝わったでしょうか(^^;)
え、海外すでに3カ国ご訪問済みなのですか?

旅はまだ続きますが、オーストラリアはもうすぐ出ます。
ええ、もうすぐ。で、それはいつぅ~(汗)

また是非お越しくださいね^^
2012.07.01 Sun 22:48
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - No title

え?オーストラリアを出るのですか?

どこに行くんでしょう~、田島君。

日本へ帰るのかな?ワクワク 花園君にも会いたいしなあ~。
2012.07.02 Mon 19:07
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

limeさん、再コメありがとうございます^^

> え?オーストラリアを出るのですか?

田島の場合は徹さんのようなワーホリではないので、短期滞在なんです。
(短期? と自分で突っ込む --;)

> どこに行くんでしょう~、田島君。

ふふふ。田島の行きたいところに行きます。
オーストラリアを最初の国と選んだときのように。

> 日本へ帰るのかな?ワクワク 花園君にも会いたいしなあ~。

徹さんに会いたいのは私もなのですが(汗)
まだまだしばらく放浪します^^
2012.07.02 Mon 20:51
Edit | Reply |  

Name - ソライエ  

Title - No title

三回読んでコメントに入るソライエです。

田島君のこれからの曲に
なにかしらの変化が出てくるのでしょうね。
すべては積み重ねとそして脱皮。

さて田島君、次はどこへ行く?

って三回読んでこのコメントか!って言わない言わない(笑)
2012.07.04 Wed 21:11
Edit | Reply |  

Name - おなかぴーたろー  

Title - No title

ロジャーとだいぶ仲良くなったみたいですね!
地平線を背に肩組んでツーショット!
自分もやってみたいなー。

田島クン・・
オーストラリアは離れるのかな?
日本へ帰国!?いや、まだ他の国に行きそうだ!
いやいや、まだまだオーストラリアで・・i-229

また新たな出会いに期待!!
2012.07.04 Wed 21:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ソライエさん

三回もコメント、ちがう、読んでくださって、ありがとうございます。

田島の曲つくりは高校時代以来なので、
今までのいろいろが積み重なっているはずです。と思う。
脱皮。良いですね。剥いてしまおう(笑)

次はね。どっかにいくんだけど、まだばらさないよ~ん(^^;)

いやいや、三回も読んでいただき、恐縮です。
三回読みに耐えられるお話が描けるように精進します(^^;)
2012.07.05 Thu 17:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - おなかぴーたろーさん

コメントありがとうございます。

旅行で出会う友達って、何か特別な感じがしませんか?
たったの数日しか一緒にいないのに、
それがきっかけで一生の友達になったりする、みたいな(?)

田島はもうすぐオーストラリアを離れます。(ちょい予告)
えっと、これでも旅がまだ始まったばかりのところで・・・(汗)

新たな出会いに乞うご期待!!
なんちて。
2012.07.05 Thu 20:15
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - 旅が終わり

この物語のタイトルは「夢叶」でしたね。
夢は叶う、
夢を叶えよう、
夢を叶えるために努力する、
だけど、叶わない夢もある。
叶わない夢だったとしても、そのために努力したことは無駄にならない、
などなどなど、いろんな解釈のできるタイトルだと、今さら思いました。

けいさんはどんなおつもりで、
このタイトルをつけられたのでしょう。
「夢」「叶」二文字にいくつもの想いを込められますね。

田島くんの旅行は終わるけど、旅はまたはじまる。
なんてね。
応援しています。

2013.06.04 Tue 14:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 旅が終わり

あかねさん、コメントありがとうございます。

おおお。タイトルにいろいろな解説を、ありがとうございます。
タイトルについては、やはりちょい想いがありますね。
漢字にしたというのがまず一つです。
あかねさんなりに解釈して読んでいただけると嬉しいです。

田島はこれからも出会いと別れを経験していきます。
どこにどう行き着くのか、タイトルとどうつながるか・・・(これ、滝汗)

この先も、長いんですけど(汗)、宜しくお願いします。
2013.06.04 Tue 17:22
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 

過去を乗り越える。
言葉では簡単でもなかなか難しいものですよね~~。
今だに過去に引きずられるときがある私。。。
それはまだ乗り越えられてない証拠。。。
田島くんを見習ってファイトでがんばろう。。。
2016.07.23 Sat 11:51
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

過去を乗り越えるのは、結構大変な時もありますよね。
田島はたくさん泣いたから(^^;)
LandMさんもお泣き。(ちがーう><)
過去は・・・結構忘れた(-"-)
2016.07.23 Sat 19:56
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。