オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 85 

このカフェと隣の土産物屋の間に立ち、ノリの良いのから弾き始める。思い切り日本語で、自分のリズムで歌う。

突然始まった夕刻の路上パフォーマンスは、夕食を求めて通りに出ていた人たちの足を止める。通りの喧騒とは違った音を聞きつけた人たちが、向こうからもやってきた。

世界各国からの旅行者、地元のタイ人、カオサン・ロードを訪れる人たちの顔ぶれはインターナショナルでバラエティーに富んでいる。もちろん、日本人観光客らしき顔もみえる。

「サンキュー」

田島はノン・ストップで歌い続け、パラパラと送られる拍手を受けて路上を終えた。

すると同時に、カフェの中から黒いエプロンをかけ、鼻の下にちょび髭を蓄えた男性が、歌舞伎の舞台で役者に介添えをする黒子のようにササっと出てきた。

「何?」

その黒子の男性は役者の介添えというよりも、アジアの密林に生息する巨大蛇がその胴体を使って獲物を巻き込むように、いきなり田島の腕をぐるりと捉えた。

「ちょっと、え?」

瞬きをする間もなく動きを封じられ、ぐいぐいと引っ張られる。その男性の強引さに田島は足がもつれ、ずるずると店の中に連れ込まれてしまった。

シュンと捕われの小動物のように首をすくめ、「落ち着け、落ち着け」と田島は自分の心に語りかける。状況がどうなっているのか、パニクった脳を超高速スピンさせて考えた。

―――やっぱり、店の前で無断でやったのがまずかった?

そんな田島の心情は全く無視され、このちょび髭の男性は、田島のギターを指差したり、自分の店を指差したりして、しきりに話しかけてくる。

―――どうしよう・・・

少し平静さを取り戻しつつも、眉をハの字にして「ここは穏便に」の上目遣いは崩さずにこの男性を観察してみる。

―――ん? 文句・・・じゃない?

彼は、目を吊り上げ、てはいるが、烈火のごとく怒っている、という風ではない。けれども、田島はこのカフェの男性から何を言われているのか、言葉が全く分からなかった。

「明日は店の中でやってくれ、って事みたいだよ」
「は?」

振り返ると、知った顔がそこにあった。「ヒロさ~ん」という、ちょっと泣きさえ入った彼の呼び名が、心の底から湧きあがる。

この時のヒロさんは、田島の絶体絶命の炎に囲まれたピンチの中に飛び込んできてくれた希望の光。

その光を田島は「来てくれた」と憧れの戦隊ヒーローでも迎えたかのような眼差しでうっとりと見つめた。

―――そういえば、ヒロさんはバンコクのリピーターだと言っていた。少しは言葉が分かるんだな、きっと。

「ショーゴさん、見て。店、満席だよ」

そう言われて、目に浮かんだキラ星を引っ込め、店の中に視線を向ける。

「ショーゴさんの路上が人寄せになって、このカフェのディナーの売り上げに貢献したみたいだね」

通りにカフェ・レストランなどいくつもあるはずなのに、この店だけが特に繁盛しているように見える。

ちょび髭の男性は、カフェのオーナーらしい。ヒロさんに気付いて通訳してくれとでも頼んでいるようだ。

「一泊延ばす?」
「いや、予定通り、明日の朝出ます」

ヒロさんがそれをカフェのオーナーに伝えると、彼はぎゅっと眉間に皺を寄せ、大物を逃した釣り師のようながっかりとした表情を見せた。

それでも今夜の分のお礼なのか、田島の気が変わることを期待してなのか、ビールと軽食をご馳走してくれた。

「ラッキー! いただきます!」
「良かったね、ショーゴさん」
「ヒロさん、さっきはホント、助かりました」

自分のビールはタダだけれども、マイ・ヒーローのヒロさんと奥さんのミキさんにも田島はビールを奢った。

「ショーゴさん、歌すっごくうまいね。曲も良いし」
「どうも」
「オリジナルだよね。プロ目指してるの?」
「いや、まだ」
「まだ? 自作のCDでもあるなら買うよ。今、プロモーション中?」
「いや、まだ」
「まだ? もしかして、海外デビューとか? 今はアジア放浪で修行中とか?」
「いやぁ・・・」

たいしてビールを飲んでいるわけでもないのに、酔っ払いがしどろもどろと喋るように、田島ははっきりした返事ができない。

「案外日本でデビューするより、海外でっていうほうがインパクトあるかもね。アジアで? アメリカで?」
「それはないと・・・」
「じゃあ、日本ではいつなの? 実は、もうすでにデビューしてるとか?」

田島が「何もない」と言っても、ヒロさんもミキさんも全く信じてくれない。

「あれだけ歌えるんだから、カフェのちょび髭オーナーがショーゴさんを店に連れ込む気持ちもなんとなく分かるよ」

こうして、二人から交互に事務所はどこかだの、最近のインディーズはデビュー前に度胸試しに出されるのかだの、何だかんだと散々突っ込まれた。

「じゃあ、ここにサインだけでもして。ね」

ミキさんから、旅の日記帳らしき手帳を差し出された。仕方なく、普通に漢字で「田島祥吾」と、何の飾り気も無く名まえと今日の日付を書く。

ただそれだけなのに、二人は「ショーゴって、こういう字なんだ」と嬉しそうにしげしげと手帳を見つめる。書いたことに興奮気味に礼を言われ、

―――なんか違う・・・

と心の中の自分が首をかしげる田島だった。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


色々としょうもないことをまた試しています(--;)
相変わらずの試行錯誤で・・・(滝汗ぇ)


『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - fate  

Title - コトバの壁

日本にいると、特に田舎にいると、日本語以外を使う必要性がないから、久しく忘れておりました。
言葉が分からないってある種、恐怖っすよねぇ。
日本語すら不自由なfateが何を言うか!
ですがね。

ぅぅ、いろいろ語りたいこと、あるんだけど、やはりストップがかかるのでやめておきます(ーー;

楽しそうな田島くんにとりあえず、エールを送っときますね~~~(^^)

海外で日本人に会えて、嬉しいときとイヤなときとありますが、田島くんは良い人たちに出会えて良かったね。

>「まだ? もしかして、海外デビューとか? 今はアジア放浪で修行中とか?」
「案外日本でデビューするより、海外でっていうほうがインパクトあるかもね。アジアで? アメリカで?」

↑これって、ヒロさんとミキさんの交互のセリフってこと・・・ですよね?
順番的に、田島くんのターンかと思ってたので、ちょっくら混乱して、次の瞬間に、ああ! 相手は二人いた!
と悟ったfateでした(^^;
2012.07.22 Sun 18:28
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

このヒロさんって、私ですかね。笑。

ちなみにこの間、ふっと気がついたのですが、
うちの息子も「ショーゴ」でした。笑。
漢字は翔伍です。
2012.07.22 Sun 19:48
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: コトバの壁

fateさん、コメントありがとうございます。

漢字とか、すっかり忘れている私です。変換してくれるPCに感謝です。
誤変換には笑いのお世話になっています。ぷぷぷ(←思い出し笑い)
日本語はね、深いですよ。使いこなせる人なんて・・・?

> ぅぅ、いろいろ語りたいこと、あるんだけど、やはりストップがかかるのでやめておきます(ーー;

え、なーに、なーに? じゃあ、ストップが外れたときにね^^

> 楽しそうな田島くんにとりあえず、エールを送っときますね~~~(^^)

ありがとうございます。田島にFWしときます^^

海外で会う方々は・・・
普段自分が日本の地元(横浜)にいたら絶対に会うこと無いよね、という方によく会います。
出逢いって、おもしろいなと思います。

あぁ~(滝汗)
台詞回しについてのご指摘をありがとうございます m(__)m
今は応急処置しか出来ないぃ~~(><)
怠らず精進いたします。できるのか(--;)
2012.07.22 Sun 21:15
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

なんと、ヒロちゃん、レッド、だったのですかっ^^

おおお。息子さんと「ショーゴ」つながりだとは!!
漢字もいろいろあるんですね^^
イイ男になるよ(生涯保障)
2012.07.22 Sun 21:34
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - No title

今回の試行錯誤、新鮮で楽しかったです。
きっとけいさんにしかわからないチャレンジだと思うのですが、あ、どこか今までの流れと違うという感覚が伝わりました。
流れに、深みが出たというか、語られていない田島君の感情が、滲み出ていると言うか。

何気ないしぐさや言葉だけで綴られる方が、その人の「ひととなり」が見えるもんですよね。
(すぐ事件を起こしてしまう私。反省w)

とはいえ、今回は田島君、ちょっとビビッちゃいましたね。ヒロさんがいてくれたことに寄る安心感が、鮮明に伝わりました。
ドンと構えているように見える田島君ですが、意外とドキドキしちゃうんですね^^(ふふ。そんなとこ好きよ)
可愛い田島君と、やっぱり自分を持っている田島君と。
そして、サインにちょっと疑問を感じた田島君。

いろんな田島君を堪能できました^^
2012.07.23 Mon 01:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

たくさん、読み取っていただき、とっても嬉しいです。感謝です^^

えっと、直喩の練習をしてみました(^^;)
うざい、ってくらいに入っていますよね。はは(笑ゴマ)
メタフォーの方は・・・これ、出来るようになるのか(汗)

何気ないしぐさや言葉だけで綴るのはめっちゃ難しいです。
チャレンジし甲斐もあるのでしょうが、まだまだです(--;)

田島の「ひととなり」は実はまだ決まって(見えて)いないのです。
いいのかそれ、と(ずっと)思いつつ、田島の可能性を探っていきたいと思っています。

> ドンと構えているように見える田島君ですが、意外とドキドキしちゃうんですね^^(ふふ。そんなとこ好きよ)

ははは。ヒロさんがいて良かったです。
体は大きいくせに、心臓が小動物化しました。(え、お好き?)

> いろんな田島君を堪能できました^^

まだまだこれからも、あなたの知らない田島祥吾が・・・
って、何かちがーう、と首をかしげる・・・(^^;)

・・・と、こんな田島と仲間たち(と試行錯誤作者)ですが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
2012.07.23 Mon 20:22
Edit | Reply |  

Name - おなかぴーたろー  

Title - No title

こんばんは~。
先日は、当ブログにコメ頂いていたにも関わらず
コメ返しが遅くなり失礼しました。
ちょっと徳島・香川まで行ってたので
3日程留守にしてましたi-229

昔、朝まで友人と飲んで帰るときに、
「屋台ラーメン」のクルマの前で
弾き語りをやってる人が居て、
「ちょっと、そちらの♪お兄ぃさ~ん。
ら~メン。食べて~♪。お願いだ~か~ら~♪」みたいな歌詞で
呼び込みしてた人を思い出しました。
その人は、いっつも、その屋台の前で歌ってたんで
当時の、この屋台の売上に貢献されてたんでしょうね。

田島クンも、言葉は分からずとも、
この店のオーナーには伝わったことでしょう。
2012.07.26 Thu 01:05
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - おなかぴーたろーさん

コメントありがとうございます。

おお。お出かけでしたか。コメ返のことはお気になさらずに^^
徳島・香川、四国ですねぇ。私は行ったことないですよ。
いいなぁ~、あったかそう~、おいしそう~(麺類とか果物とかいろいろ)

おお(No.2)。ぴーたろーさんも、朝まで屋台、の経験有り、ですよねー。
その弾き語りの方は、バイトだったのでしょうか。意外と、お客さんだったりして。

田島も友人と屋台に行きました。
ラーメン屋の親父からリクエストされた長渕剛を歌ってギョーザを数皿もらいました。
さあ、何話での話でしょうかっ^^(卒論を書き上げた時のエピソードです)

> 田島クンも、言葉は分からずとも、
> この店のオーナーには伝わったことでしょう。

音楽には言葉とは違う、人に通ずる何かあるのでしょうね^^
2012.07.26 Thu 10:48
Edit | Reply |  

Name - ソライエ  

Title - No title

言葉。。。困るよね、通じないと。
そんなのばっかりだなワタシ。
日本国内でもあやしいもんだ。。。
海外だったら勢いで日本語で通すね。。。

田島君、何処へ行っても歌というハートで
コミュニケート出来るんだな。うらやましい。
さてさて、田島君、次は何処へいく?

それと、直喩の練習ですか。。。
人によっては、メタファーだと気づきにくいタイプの
メタファーがすきだったりするソライエ。
田島君が恋をしたときは
是非、そのタイプのメタファーで、お願い!(笑)
2012.08.03 Fri 16:17
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ソライエさん

コメントありがとうございます。

日本語は難しいというより、奥が深い、と思います。
通じないこと、多々有り(^^;)

楽器が弾けるのは良いなぁと思います。言葉のかわりになりえる。
次はねぇ・・・もうちょいアジアをふらふらします。

てか、田島はマイペースで旅を満喫しているんだけど、
私が忙しくてついていけない・・・待ってくれとも言えず・・・
ま、好きなところに行ってくれ(--;)

はい。田島に断りを入れずに時々お試しのエピソードを入れています。
いつか、メタファーの練習をするかもしれないし、しないかもしれない・・・

ソライエさん、田島に恋をさせたい派、ですかね。
恋愛物を描く練習をせねば。いやぁ、恋愛物はぁ~ちょっとなー(--;)

ふふふ・・・忘れた頃に(たぶん)
とだけ・・・(これだけでも、結構ネタバレ)
2012.08.03 Fri 23:30
Edit | Reply |  

Name - ポール・ブリッツ  

Title - No title

わー、罠だー、古典的な罠だー(^^)

エリア88へ送られてしまうんですね(笑)

それはそれとして、相互リンクいたしませんか?

よかったらですが……(^^)

リンクを先に張っておきますね~。
2013.08.25 Sun 16:50
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ポール・ブリッツさん

コメントありがとうございます。

お。いつの間にここまで。

> わー、罠だー、古典的な罠だー(^^)
> エリア88へ送られてしまうんですね(笑)

ぷぷぷ。古典好きです。王道も好きです^^
送られそうになり、助け出されました。

相互リンク嬉しいです。よろしくお願いします^^
2013.08.25 Sun 22:00
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 

おお~~田島くんの音楽が世界でも受け入れられる。
それは素晴らしいことですね~~。
(ノД`)・゜・。

田島くんも自分の生き方を見つけたって感じで読んでいて感慨深いです。。
2016.09.03 Sat 16:07
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

まだいろいろお試し中というところですかね。
典型的な出逢いと別れかな?

まだまだいろんなことを繰り返しながらやっていくというところです。
田島と一緒に旅していただけると嬉しいです。
2016.09.03 Sat 19:57
Edit | Reply |  

Add your comment