オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 94 

ミナは、ベトナムの首都・ハノイで最後の観光とお土産ショッピングで忙しく時間を過ごし、田島は街のあちらこちらで軌道に乗ったように路上を続けた。

今朝、二人は一緒に宿をチェックアウトし、一緒に空港に向かう。数週間、ずっと一緒に旅をしてきた。

泊まる先の宿で「二人は恋人か」と尋ねられることも時々あったけれど、なぜか固まる田島の横で、ミナが素早く「ノー、ジャスト・フレンズ」と笑顔でスマートに答えていた。

ミナはコリアン航空でソウルに向かう。

「じゃあ、ショーゴさん」
「わかってる。フェイスブックね」

このフレーズが、今は違和感無く言える。

「そうじゃなくて」

ミナが右手を差し出した。

「ありがとう。いろんなことに」

田島は、その手を見て見ぬ振りをするように、両手を広げた。

「ショーゴさん、ハグはダメです」
「へ?」

「韓国の慣習か何か」と、一瞬にして疑問が頭を過ぎる。 田島は、中途半端に両手を宙にふらつかせて、固まった。

「ソウルにフィアンセがいます」
「フィアンセ?」
「私のことを一番よくわかってくれている、大切な人です」
「えー、えー」

―――ちょっと待った。俺たちずっと一緒に旅して、部屋とかも一緒だったけど・・・それ良かったの? いや、別に何もなかったけどさ。おう。何もねえんだよ。てか俺、何も見てねーし、何もしてねーぞ。ついでに弁解すると、何も見せてもいねー。何それ。つーか俺、何一人で焦っていやがる?

脳内でいろいろが高速で駆け巡る。けれども、台風のとき、体を寄せ合っていたことを思い出して、沈静する。

―――心臓の音、聞かれた。あれは、なんでしょ、ね。

とりあえず宙に浮いていた両腕を下げて、カシャンとはまる音でも聞こえるかのように体の両脇に収める。そして、「そうなんだ」と努めて平静に答えた。

「この旅行はフィアンセが私の30歳の誕生日プレゼントに、一人で行ってきなさいと送り出してくれたのです」
「え、ミナちゃん、30歳なの? 見えない」

ということは、田島よりも、カンボジアまで一緒に旅した才女のライよりも、年上ということ。今更ながら、ミナがしっかり者の大人の女性であったことに納得する。

「誕生日プレゼントに、旅行、なんだ」

「ライオンかトラか」などと、ミナを信頼して、一人で旅行に出すフィアンセのことを、どんな人物なのかとちょっと想像する。

「で、帰ったらご結婚とか?」
「そうです。彼のサロンで働きます」
「フィアンセはサロンのオーナー、とか?」
「はい。経営者です」
「そうっすか。お幸せに」

―――ミナちゃんとは、フェイスブックでつながってて良いのか? また会ったりすること・・・いや、ない。いや、あるかも。いや、あったとしても。いや、何ここで悩んでんだ、俺。

余計なことを考える田島の視線は、ミナの背後を泳いでいた。

「ショーゴさん、どうしました?」
「あ、なんでもない。じゃあ、ミナちゃ・・・ミナさん」
「あはは。じゃあ、ショーゴ『くん』」
「ミナちゃん、上から目線?」
「下からです。私は背が低いです。足が短いです。ショーゴ『くん』は背が高いです。足が長いです」
「なんで急に教科書言葉になるの」
「だから、握手ね」

改めてミナは右手を差し出した。田島はその手を自分の右手で軽く握った。

「はい、握手でバイバイ」

ミナは自分の左手を田島の手の甲に添え、両手で田島の右手を包むように握り、力を込めた。

「ショーゴさんは、来年にはソウルにライブツアーに来るんですよね」
「はは。俺、そんなこと言ってないし」
「いいえ。私が、ショーゴさんに言うことは、必ず叶うのです」

さらりと言い、「でしょ」とウインクをするミナに、田島は、何か間違ったことでも教えてしまったような気がする。

けれども、年上の女性の言うことは黙って聞くに限る、とどこかで聞いたようなことを思い出し、そのまま笑って受け流すにとどめた。

「じゃあ、ショーゴさん」

ミナはそっと田島の手を離した。そして、田島の背に両腕を回し、横顔を胸にあてて、ぎゅっと体を抱きしめるようにハグをした。

―――あれ。

ふわっと不意に寄せられたミナの温もりに、田島の心臓がドクンと跳ねた。それをキャッチしたのか、ミナは最後にニコッと笑い、軽く手を振ってゲートの中に駆けて行った。

田島は呆然とし、ホンダの二足歩行ロボット・アシモ(ASIMO)が「ギイ」という音をたてるように首をかしげる。

―――ハグはダメなんじゃなかったっけ。フィアンセの手前・・・?

勝手に一線を越えられたような気がした。

―――日本に帰ったら、移ろう女心については、花園かマスターに解説してもらおう。

今湧き上がる謎については、少し引きずりつつも追求することはやめた。田島はゆるりと体の向きを変え、自分の乗るアメリカン航空のチェックイン・カウンターに向けて一歩を踏み出した。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


祝・アジア編(?)終了です。ここまでのお付き合い、ありがとうございます^^
次は、すでにネタばれしましたとおり、アメリカです。
年が明けてからのスタートになります。



皆様はクリスマスいかがお過ごしでしたか。
うちにもサンタが来ましたよ。もちろん、あの格好で。

ブログ IMG_1544_convert_20121226161345

えっと、飲んじゃったわけではないですから。
別のもの飲んだんだけど・・・ってワインだよぅ。赤の方。

イブにクリスマス・キャロルの番組を見ました。大晦日の日本の紅白みたいな感じ。オーストラリアの有名歌手が一同に集まって、クリスマス・ソングを歌うのです。自分の持ち歌じゃないところが紅白と違うかな。

その中で、一人、でだしで歌詞を忘れて詰まってしまい、「すみません、もう一度」とやり直した方がいました。この方、超有名男性テナー歌手。毎年この番組に出演し、毎年同じ歌を毎年同じ時間帯に歌う、超ベテラン。バックはコーラス付きのフルオーケストラ。

全国放送で歌詞を忘れるなんて恥ずかしいよ、と恐縮しきり。この歌、何度歌ってるか知っているか、と自問。リハーサルまでは完璧だったでしょう。私もこの人の声と歌が好きで期待は大。だったので、なかなか面白いハプニングでした。あとでユーチューブに出るかな。

そのあとの、司会の人のフォローが良かった。「全国放送で歌詞を忘れるなんて、ちっとも恥ずかしくなんか無いですよ。飲んだくれてべろべろ状態の姿が全国放送で流れる方がよっぽど恥ずかしいでしょう」とな。ナイス^^

今年はうちは静かなクリスマスでした。

皆様、お体にお気をつけて、良い年の瀬をお迎えください^^

ではでは、大掃除の続きにいそしみます。


けい m(__)m


次回、『夢叶』ではないちょい記事をアップします^^


『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

え~~! そんな。ミナちゃん~~。
あの、田島くんが、結構な痛手を負ってしまったような・・・。

そんな~~。ずるい~~。
あの嵐の夜は、ぜったいずるい~~。(ここでぽろりと本音が出てしまう)
いやあ、やっぱりさすがの田島くんも、年上の女性には叶わなかったようですね。
世界を歩き回って、世界を見て、いろんな音楽に触れても、やっぱり女性は謎なのかも^^
いやいや、男は、それくらいの方が可愛いのです。
百戦錬磨のジェームズボンドなんて、ふん、です。

真夏のクリスマスにも、サンタさんはあの格好でくるのですね?
なんだか、大変そうww
でも、半袖のサンタさんとか、ちょっとみたくないかも^^

穏やかなクリスマスだったのですね。
歌番組も、楽しそう^^
お料理は、やっぱり七面鳥とか、ワインとか? ツリーは飾るんですか?
真夏のクリスマスに、興味津々です。
2012.12.27 Thu 01:07
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

ははは。そんなこんなも旅の思い出です。
女性は謎だらけ、なのですよ。ね。田島ごときには理解不能。

あのマスターでさえ大変な思いをしてるし、けど、徹さんはボンド系かも(?)
やはり帰ったら二人から聞いたほうが。

というわけで、limeさん! 田島はまだフリーですょ。(←ここがポイント)

サンタさんはあの格好で来るんです。あれにも乗ってきます。
HoHoHoと、いつも笑顔ですよ^^

お料理は、ランチもディナーも山盛りです。
ワインも飲みますが、オージーはビールを飲む! 飲みすぎ!(←躊躇なく言える)

ツリーも飾るし、お家のライトアップをするお宅もありますよ。
私も夜、クリスマスライト・ツアーで町を徘徊します(^^;)
(来年はこれのレポートにしようか。ふと思いつく)

州都のメルボルンにはばかでかいツリーが設置されるし、デパートではクリスマスセールが行われるし、季節は違えど、クリスマス的にはほぼ同じだと思います。

あ、で、イブとデーに教会でミサが行われます。
私は今年は行きませんでしたが、基本、誰でも歓迎で、誰でも教会に入れるのです。
これに行くと、クリスマスがやはりクリスチャンの大切なものなんだなあということがわかります。

行くときは、私はクリスチャンではないのでちっちゃくおとなしく座っています。
ちなみに仏教徒でもないので、それについていろいろ聞かれるとしどろもどろになる(--;)

日本人はね、お正月なんですよ。もういくつねると・・・?
2012.12.27 Thu 09:47
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 年末挨拶

なかなか出会いはドライなものですけどね。
自分というものがありますからね。
その人はその人で出会いがあって、恋人がいたり親しい人がいたりと何十年の人生を過ごしているわけですからね。
それを変えることはあまりないですからね。

まあ、それら何十年の人生をドブに捨ててでも愛に生きる人もいますが。。。

今年一年も終わりますね。
いつもコメントありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。
2012.12.27 Thu 15:38
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 年末挨拶

LandMさん、コメントありがとうございます。

旅行という短期なシチュエーションでは、
出会いはドライだったり濃かったり色々ですね。
それで自分を保つのは意外に大変だったり・・・
田島の場合はどうなんだろう。
愛については・・・難しくて(^^;)

毎回のご訪問とコメをありがとうございます。
こちらこそ、宜しくお願いします。
お体にお気をつけて、良い年末年始をお過ごしください^^
2012.12.27 Thu 16:38
Edit | Reply |  

Name - おなかぴーたろー  

Title - No title

田島クン・・ミナちゃんとずっと一緒で
しかも部屋まで一緒だったのに
何もなかったとは・・。
自分だったら・・。

よしましょう!ヤメましょう!

ぴーたろーのイメージが崩れてしまう・・。
自分も「田島クン」と同じように
純粋な心を持ち、しかも女性に対して
オクテなので、田島クンの気持ちが
よくわかりますぞ!i-236

超有名男性テナー歌手でも
歌詞を忘れるくらい緊張する
大舞台なんでしょうね~。
日本の紅白は、今年は
小林幸子が出ないんです。
2012.12.28 Fri 01:26
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - おなかぴーたろーさん

コメントありがとうございます。

え、ぴーたろーさんだったら・・・なになに?
ここ、よしてもヤメてもいけないところですっ!
で? で? で?

そうかぁ、ぴーたろーさんは純でオクテなんですか。
ふ~ん、ふぅぅ~~ん・・・
信じましょうかi-236 

紅白も毎年ドラマがありますよね。
紅白ってさあ、すべてが生でライブなんですよね。それって凄いと思うんです。
そうそうまとめていろんなジャンルのライブは見られないので、見たいです。
けど、見られないのよ。どうしてくれるー(><)
2012.12.28 Fri 09:50
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

“される”のと“する”のとでは、違うんですよね。
さすが、ミナちゃん、30歳。
ショーゴ、がんばれよ、ってところですね。
フェイスブックで繋がるくらい、全然平気だと思うんだけど、
ショーゴのそういう純なところが、好感好感。
次はアメリカかぁ。年明け、楽しみです。

キャロルを歌う、オーストラリアのクリスマス紅白、いいですね。
教徒じゃないけど、聖歌は大好きなんです。
今年もあとわずかですが、ステキな年越を!

夢叶じゃない記事も、楽しみにしていますよん^^v

2012.12.30 Sun 11:35
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

コメントありがとうございます。

> “される”のと“する”のとでは、違うんですよね。

そうなんですよ。大人なミナちゃんは、ショーゴより全然上手。
ショーゴはちょろくて・・・まだまだ日本には帰れません(←帰せません・作者談)
アメリカでどうなるか。がんばれよ、って応援してやってくださいね(←作者を ^^;)

城村さんも良い年末年始をお過ごしくださいね^^
2012.12.30 Sun 13:15
Edit | Reply |  

Name - おなかぴーたろー  

Title - No title

今年一年お世話になりました!
また来年もヨロシクお願いします!

明日は大晦日・・だっていうのに
引越しで冷蔵庫、ほとんど空・・
明日に食べる予定の「年越しそば」
今日中に食べちゃいそう・・i-229

良いお年を~!
2012.12.30 Sun 23:17
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - おなかぴーたろーさん

こちらこそ、色々とお世話になりました!
あの球場では特に^^
また来年もヨロシクお願いします!

うちは年越しそばが調達できずに、年越しそうめんになります。
夏なんですって。笑えん・・・i-229

ぴーたろーさんも良いお年を~^^
2012.12.31 Mon 07:52
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - ミナ(さん)

あああ、そうなんですか。
なんだかさらっと流されてるから、ミナちゃんと祥吾くんにはあのあと、なにもなかったのかな? んんん? と思っていたのですが、そういうことですか。

ミナさん、罪なお方。
祥吾くんはある意味、勇気がないともいえるのかもしれませんが、そんな勇気は蛮勇みたいなもので、ないほうがいいのかな?
女の目からは好感が持てます。私はいわゆる草食系、好きですから。

アジアの中でもう一度行きたい国、ナンバーワンはベトナムです。なにしろ物価が安く、食べものがおいしい。
私が行ったのはホーチミンだけですから、次はホイアンにも行ってみたいです。
2013.08.11 Sun 11:31
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ミナ(さん)

あかねさん、コメントありがとうございます。

そうなんです。
あのあと・・・実はなんだか述べようとした下書きが残っています。
まとめられずボツになりました。(ちょい裏話)
私に恋のうんちくはまだ描けません(><)
あかねさんのところに修行に行かねば。

今回は、ミナちゃんの一人勝ちでした。
田島も、女の子を探す旅行をしているわけではなく・・・
(↑ファンタジーでも恋愛でもヒーローものでもなく)
ゆるゆると、どこ行くの系のお話で、刺激も少ないかも知れませんが、一緒に旅していただければと。

ほお、ナンバーワンのお勧めですね。
メルボルンにベトナム料理のレストランが結構あるのですが、おいしいです。
私は今回通った、コーストラインに行ってみたいです。
2013.08.11 Sun 17:12
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - あらあらあら

いちいちびっくりするので、早く追いつきたいけれど、またびっくりしたのでコメント(*^_^*)
おぉ~~~~、ミナちゃんったら。
でも何だか、分かる気がする。色んな意味で。
このミナちゃんの造形、すごく素敵です。

それからそのクリスマスのテナー歌手のエピソード、面白いですね。
そういうこともあるんですよね。ぽーん、と飛んじゃうのが。
そう言えば、米朝さんの正月の高座、時々酔っ払っておられるとかいう噂ですが(私が行ったときは普通に見えましたが)、そんな人もいるらしい……^^;
(このコメントにはお返事不要です。何度も面倒くさいでしょうから^^;)
2013.10.14 Mon 19:58
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あらあらあら

大海彩洋さん、びっくりしたのコメントありがとうございます(*^_^*)
いえいえ、面倒だなんてとんでもございません。
何度でもいきますよ~(どこに?)

田島はあの時もこの時も、大人なミナちゃんにやられっぱなしでした。
この微妙なところを汲んでもらえて嬉しいです。
言葉ではなく行動。ミナちゃんは行動派かな。かなり思い切りが良い系?

そうなんです。生中継はだから面白い^^
ユーチューブチェックしたら「もう一回」の場面が出ていました。
でも、司会のナイスコメントが見つからなかった。
そっちのほうが良かったくらいだったのですが。

お正月の高座、毎年恒例でも色々ありそうですね。
つわものを見つけるにはやはりライブが良いのかも。
貴重なお話、ありがとうございました^^
2013.10.14 Mon 22:12
Edit | Reply |  

Name - 西幻響子  

Title - No title

久々に『夢叶』に帰って(?)きました ^^

うあ〜、田島君、残念でしたね。ミナちゃん、魅力的。
田島君、逃がした魚は大きい!?

花園君、女心わかるの?
うーん、彼はモテそうですもんね。
2014.01.03 Fri 17:54
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 西幻響子さん

わ、西幻さん^^ ご訪問、嬉しいです~^^

ミナちゃんは、田島よりぜんぜん大人でしたから。
釣られてもいませんて。

徹さんには田島と違ってちゃんと彼女がいますし、
マスターにも奥様とのことがありますからね。
田島よりずっと経験豊富(?)でしょう。か(?)
2014.01.03 Fri 19:18
Edit | Reply |  

Add your comment