オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 95 

―――やめろ、エディー。舐めるな。お前とベロチューはないんだって。前にも言っただろう。

宙に手を振り、寝返りを打つ。

「やめろって。ん?」

田島が薄く開いた目に飛び込んできたのは、濡れた鼻と、どこかで見たことがあるような、アーモンド型の愛らしい目。

「おわ! エディー!!」

バサッと羽毛の掛け布団を放り、犬を避けるように飛び起きる。とっさに後ろずりしたため、ベッドの端からドタッと転げ落ちた。

「いってー」

床に軽く打った肩を押さえ、ゆっくりと上半身を起こす。部屋の真ん中にバックパックとギターが転がっているのが見えて思い出す。ここはゲストハウスではなく、ましてやホテルでもない。

「祥吾、起きたのー?」

半開きの部屋のドアの向こうから、自分を呼ぶ声がする。

「お前、エディーじゃねえな」

そのゴールデン・レトリバー犬は、ベッドの脇でしりもちをついた格好の田島のそばで、行儀良くお座りをしていた。三角のたれ耳を不規則に揺らし、何かに困ったように「クウ」と田島に話しかける。

「大丈夫。お前のこと、エディーと勘違いしただけだから」

ポンポンと頭をなでてやり、よっこらしょと起き上がると、犬も一緒に立ち上がった。ゆらゆらと左右に揺れる尻尾に先導されて、田島は部屋を出た。

「おはよ。ああ、良い匂い」
「祥吾、何バタバタしてたの」

キッチンに田島の姉、祥子が立っていた。こちらを向きもせず、オーブンを開いて料理の熱加減に余念が無い。

「あ、エディーが、じゃなくてなんだっけ、エー、エー」
「エダ(Edda)。祥吾のこと起こして、って頼んだの。エディーって誰?」
「エディーはシドニーで会った犬。そいつもレトリバーだった」

祥子は「ふうん」と軽く相槌を打ったけで、オーブンのロースト・チキンの方から気を離さなかった。

キッチンには肉の焼き上がりの良い匂いが立ち込めていた。その匂いを取り込んだ胃が、今頃目を覚ましたように、グーと音を鳴らす。

「チキン、うまそう。けどこの家、朝からローストなの?」
「はは。この時差ボケ男。晩御飯の前に、シャワー浴びてすっきりしてきな」
「え、晩メシ、なんだ、これ」

そう言われてダイニングの向こうにある窓の外に目をやる。朝焼け、と思った光の反射が夕焼けによるものだということに、どうも頭は働かない。

とにかくシャワーを浴びる。温めのお湯をザーッと浴びながら、記憶を手繰るとだんだん思い出してきた。

ニューヨークの空港に到着したのが早朝。飛行機で眠れなかった分凄く疲れて、少し休むつもりが・・・

―――どかんと寝ちまったんだ。

シャワーからあがってくると、窓の外は時間の流れを正しく示すように薄暗くなっていた。

「なにか手伝おうか」
「じゃあ、テーブルのセッティングをお願い。クリスももうすぐ帰ってくるから」
「オッケー」
「ナイフが右でフォークが左だから」
「わーてるよ」

この田島の姉は、弟だけに口うるさい。アメリカでの暮らしは長く、高校卒業後、ニューヨークの音楽学院に留学して以来こちらに住んでいる。もう15年以上経つ。

“Hi, Shoko.”
「ハイ・クリス」

程なく祥子の夫、クリスが仕事から帰って来た。スラリと田島より背の高いクリスが、こちらも背が高くスレンダーな祥子を抱き寄せ、キッチンで「ただいま」のキス。

腰をかがめ、そばで良い子にしているエダを「よしよし」となでてやることも忘れない。その時、普段は大きなブルーの瞳がこの日一番小さくなる。二人に子どもはまだいない。

それからクリスは、ギリシャ彫刻のように高くすじの通った鼻先を、思い出したように田島に向けた。

“Hi, Shogo. Did you have a good day?”
「イエス。グッデイ」

帰ってくるなりの熱い抱擁とキス。これが二人の日常なのだと知りつつも、慣れるにはもう少し時間がかかりそうだと、若干モジモジしてしまう。

「ヒー・スレプト・オール・デイ」
“Haha. What a good day!”

三人と一匹でテーブルにつく。エダは祥子の脇で、行儀良く夕食が盛られるのを待つ。もちろん家族の一員として、ロースト・チキンを一皿もらう。

「祥吾、ちゃんと食べてる?」
「うん。うまいよ。全部食べてる。残さない」
“Hey, Shoko. Shogo isn’t a kinder kid anymore.”
「祥吾は、マイ・リトル・ブラザー・スティル」
“Looks a big boy, though.”

祥子とクリスの会話がほのぼのとして心地良い。寝て過ごしてしまったアメリカでの一日目。アメリカに来た、という実感はまだ全く無かった。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




アメリカ編(?)はちょっと長い。
えっと、ここまで十分に長いのですけれど・・・(汗予告) 
がむばります(^^;)


『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

エディ? ちがう? どこ? アメリカ?

急展開に、頭が時差ボケでしたが、そうか、お姉さんのところに滞在してるのですね。
でも、いいなあ、かっこいいなあ、ニューヨークのこの二人。
田島くん、ここなら安心して過ごせますね。

アメリカではどんな出会いが待ってるのか。
楽しみにしてますよ^^
2013.01.05 Sat 10:27
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

わわわ。やっぱ、急展開ですよね(汗)。ニューヨークです。

アネキのところに滞在です。なので、宿泊費はタダです。
てか、田島にアネキがいた・・・

アメリカでの出会いは・・・あります。以上。
まだネタバレは・・・うっく(--;)
2013.01.05 Sat 12:15
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

アメリカはサンフランシスコ、ラスベガス、ロサンゼルスに行ったことがあります。
楽しかったな。また行きてえなあ~。

ニューヨークへ来たというネタばらしをもう少し前、お姉さんとの会話がほどほどのところでしたら、急展開感も和らげたかと。
2013.01.06 Sun 11:29
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

> アメリカはサンフランシスコ、ラスベガス、ロサンゼルスに行ったことがあります。
> 楽しかったな。また行きてえなあ~。

良いなあ。アメリカも良いところがたくさんありますよね。
ここからは遠いのが・・・(--;)

> ニューヨークへ来たというネタばらしをもう少し前、お姉さんとの会話がほどほどのところでしたら、急展開感も和らげたかと。

おお。いつも気付きをありがとうございます。
これからも精進いたします。
2013.01.06 Sun 15:06
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

やっぱ、おねえさんだったのかー。
音楽学院って、ジュリアードかな。優秀だなー。

てことは、姉さんも音楽できるですよね。
ギリシア彫刻の義兄さんも、もしかしたら?
てことは、3人のセッションなんてあったりして。

と、いろいろ妄想かっとんでしまいました(汗)。
走らない走らない、落ち着け自分。

ショーゴのアメリカ旅、どうなるのかな。
ショーゴ、寝てないで外へ出ろーーー!(笑)なぁんて。

楽しみにしておりまする^^v
2013.01.06 Sun 22:44
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

コメントありがとうございます。

ショーゴにアネキがいました^^

おお、城村さんもご存知ですねぇ。ジュリアード音楽学院は最高峰ですが、ニューヨークにはもちろん他にも専門的に音楽を学べる機会があるのですよ。ちょいリサーチしました。お話には出てこない。

ここで学んだことは、ちょっとのフレーズを描くのに、ちょっとの調べ物では済まず、膨大に調べる、しかも使わない、ということ(^^;)

ギリシャ彫刻のあの鼻筋、気になりません?
私だけかなあ・・・(--;)

> と、いろいろ妄想かっとんでしまいました(汗)。
> 走らない走らない、落ち着け自分。
> ショーゴのアメリカ旅、どうなるのかな。
> ショーゴ、寝てないで外へ出ろーーー!(笑)なぁんて。

ぷぷぷ。妄想しちゃってください。
まだ着いたばかりなので、ネタバレはなしですよーん^^
2013.01.07 Mon 09:33
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

アメリカはアメリカで大変ですよね。
結構、いや、日本とはまたまるで文化圏が違いますからね。
アジア圏内とはまた違った発想がおおいですから、
暮らしていくのも大変そうですね。。
また楽しみに読ませていただきます。
2013.01.08 Tue 22:36
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

日本以外の外国で暮らすのは大変ですね。
文化も違うし、言葉も違う。
長く暮らしてるのはやはり、どこか共感するところがあるからなんですよ。
なんちて、私が言う・・・
けどっ。たーいへんなんですよっ(^^;)

またお越しください^^
2013.01.09 Wed 07:50
Edit | Reply |  

Add your comment