オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

怒涛の一週間 あとがき 

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 ど素人の描く拙いお話でしたが、応援をいただくこともでき感謝感激です。

 少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

 最終話から何とか第一話に戻れたかどうか・・・。

 晃次君はこの後も怒涛が続きそうです。

 とりあえず、住む所、どうするんだろう?

 オーストラリア行きは? マコとの再会は?(メアド交換してたし・・・)

 皆様のご想像にお任せしますね。

 作品についてコメントいただけたらとても嬉しいです。

 応援してくださり、ありがとうございました。

 Thank you so much for your encouragement!


 けい m(..)m



< 最終話   TOP   第一話 >



   奮闘するこーじ君をいつまでも応援してあげてください。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for your click!


 『怒涛の一週間』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!


 PS: 性懲りも無く、次回作の予定ありです。また皆様とお目にかかれるのが楽しみです。
 
 どうぞ宜しくお願いします m(..)m

 < 次回作のお知らせ 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ヒロハル  

Title - No title

最後まで読ませて貰いましたよ。
なるほど、このお話にはこういう仕掛けがありましたか。

最後の自分のマンションからファイアーは意外でした。
彼にとっては散々な一週間ですね。

ちなみに私もハードロック、ヘビメタは好きなんです。

ところで憩さん、うちのブログとリンクしましょう。
limeさんと西幻さんともされているようですし。
またお返事くださいね。
2011.09.29 Thu 22:25
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: No title

> ヒロハルさん

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

お話の仕掛け(?)を楽しんでいただけたでしょうか。
ラストのファイヤーが気に入っていただけたのなら嬉しいです。

音楽は何でも好きです。
ヘビメタの人たちはスキルが高いので、それに感心してしまいます。

ブログリンクのほう、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします^^
2011.09.30 Fri 00:22
Edit | Reply |  

Name - 西幻響子  

Title - No title

どわあ、ものすごい終わり方ですね!
家が火事になってしまうとは、意表をつかれました。

こーじくん、大変な一週間でしたねー。
でもたしかに、この一週間以上にこれからは大変になりそう…
まさに「怒涛」というかんじ。

花園くんが課長として登場したのもちょっとびっくり。
きっとかっこいい課長なんだろうなーと想像しちゃいました。
2011.10.17 Mon 12:44
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 西幻響子さん

どわあ、「怒涛の一週間」を最後までお読みくださり、ありがとうございます!

終わり方を気に入っていただけたでしょうか。

こーじ君には、こんなのありえないっしょ、
という怒涛にはまってもらいました。
ま、若いんで、大丈夫でしょう、このくらい(笑)

このお話では徹さんもデビューしているんですねー
気づいていただいてありがとうございます。
「秘密」の課長です^^

いつかまた誰かを「怒涛」にはめてみたいです。ふふふ。
そのときはまた遊びにいらしてくださいね^^
2011.10.17 Mon 16:04
Edit | Reply |  

Name - 有村司  

Title - No title

こんばんは!

途中、個人的に予期せぬことがあり、中断を余儀なくされておりましたが、ようやく「怒涛の一週間」読み終えました。

まさか!まさかのオチでした…。

佐藤君とけいさまには心から「お疲れ様」を…!

このお話を拝読しながらユニコーンの「大迷惑」が頭の中でエンドレスリピートしておりました。
お話の内容とテンポが何となくぴったりで…^^;
2012.01.22 Sun 23:31
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 有村司さん

コメントありがとうございます。

有村さんが戻ってこられてとっても嬉しいです♪
「怒涛の一週間」をお読みくださり、こちらもとっても嬉しいです♪

こーじ君はいろいろな意味で疲れたでしょう(笑)
私は疲れさせた側で・・・(^^;)

> このお話を拝読しながらユニコーンの「大迷惑」が頭の中でエンドレスリピートしておりました。

あれは何、何はあれ・・・奥田民生も偉大な方ですね。
ホントに「大迷惑」な怒涛のお話にお付き合いくださり、ありがとうございました^^
2012.01.23 Mon 07:23
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - No title

今頃かい!
というツッコミは承知の介。・・・で、いまごろコメントに来ました^^

ヘビメタで終わる物語!!
ハッ。ちょっとずつ携帯で読んでいたのに!
もう一度さっき読みなおして、改めてやってきました。

この作品が、一番最初の作品だったんですねぇ。
前から訊こうと思ってたんですが、花園君は、この物語が本当に最初??
ここから始まったキャラって言うのが、すごく面白いです。

こーじくん、散々な一週間だったけど、なんか、不死身な男って感じがしますよね。こういう男は、もっともっといじめてやりたくなるのが世の常です。
(それは、私だけ?)
最後に・・・。彼を襲ったのがいったい何者だったかが、一番気になる、limeでした。
2012.05.12 Sat 19:55
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

今頃かい! なんちて^^
いまごろでも、いつごろでも、良いのですのごろ介。
読了・コメントありがとうございます。

ヘビメタで終わった・・・頭痛が痛いこーじくんでした^^
とりあえず、ホテルに避難中。

はい、この作品から始まったんですよぉ。
徹さんもこのお話からです。
言われたのですが、徹さん、ここでもあそこでも痛い目にあっています(^^;)

こーじくんはここでは散々でしたが・・・
え? 世の常なのですかっ(^^;)
こーじくん、limeさんに覚悟をお見せっ。

> 最後に・・・。彼を襲ったのがいったい何者だったかが、一番気になる、limeでした。

ははは。あいつヤバイですよね。実は・・・limeさんの妄想キャラにお任せします。
ほらほら、あんなふうにも、こんなふうにも、お好みで^^
2012.05.12 Sat 21:07
Edit | Reply |  

Name - ポール・ブリッツ  

Title - No title

読みました。面白かったです。こーじくん大活躍でしたね(^^)

個人的には、オチのところでもうちょっとなにかあったほうがいいかな、とも思いましたが、まあ、あれだけ働けばホテルで倒れる以外のことはなにもできないな(^^;)

夢叶のほうも追いつきたいです。

2013.05.19 Sun 17:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ポール・ブリッツさん

わー。一気読みですかね。ありがとうございます。

面白かった、というのが嬉しい褒め言葉です^^

私も久々に読みました。
もの凄い荒れようですね。文とかいろいろ・・・(-_-;)
第一作なので、思い入れもあるし、手直しを入れたいお話です。
けど、いまだにそのまま・・・(汗)

オチのところにもうちょいですね。むむ。
こーじくん、もうちょい落とされるかも。ふふ。

他作品の方にも是非お越しください^^
2013.05.19 Sun 19:21
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - お疲れ様です!

面白かったです!一気に読んじゃってました^^

なるほど!最初にこうやってつながっていたのかー!

こーじ君、本当に大変な一週間でしたね。
しかも最後に火事なんて…不憫すぎる~><

これからもどうなることやらってかんじですね。

個人的にマコさんと再会できることを願ってます☆
2013.08.03 Sat 20:55
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: お疲れ様です!

rurubu1001さん、コメントありがとうございます。

一気読み、嬉しいです^^
私はrurubu1001さんのほう、ちまちま行きますが、どうかお気になさらずに。

そうなんです。一週間がこうつながっていました。
しかもまだいろいろと続く模様。
一週間ではおさまらない、こーじ君の日常(?)

> 個人的にマコさんと再会できることを願ってます☆

マコちゃん、良い子でしたよねぇ。(←自画自賛)
ふふ。先のことは是非ご想像ください^^
2013.08.03 Sat 21:49
Edit | Reply |  

Name - 楓良新  

Title - 最後まで読みました。

晃次君不運続きですね。姪っ子達の場合は仕事の疲れだから仕方ないのだけど、住むところが火事で燃えたのは本当にショックでしたね。

自分も晃次君はこれでゆっくり休めるなあって思ったんですが、こんな事になって、自分もショックを受けました。

まさに怒涛の一週間ですね。

これにはおそらく続きがあるんだろうと思います。新連載の記事を読みましたが、花園課長の話みたいですね。

花園課長の方も楽しみにしてます。


こちらは要約新しい話がUPしてます。まだそこまで追いついてないでしょうが、ゆっくりと読んでくださいね。
2013.10.04 Fri 20:21
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 最後まで読みました。

WOW! 楓良新さん、最後までありがとうございます。

> まさに怒涛の一週間ですね。

褒め言葉、嬉しいです^^
まさにこれを描きたかったので。

え、ショックでしたか。ゆっくりなんて、休めません(^^;)
バッドエンド系(ゆるゆるですが)なので、皆様の読後感がどうなんだろうと少し気になり始めました。(←なぜ今頃?)

次作は時系列を変えているので、続きとはならないのですが、
新しいお話として見てもらえると嬉しいです。
私も楓さんのところに遊びに行きます^^
2013.10.04 Fri 22:01
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

おおう・・・ここで終わるのもまた作品の妙。
・・・ということですね。

まさに怒涛の1週間を見せて頂きました。
この後を書くのは確かにタイトルからハズレますからね。
(・´з`・)

面白く読ませていただきました!!
2015.09.05 Sat 09:54
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

最後までこーじ君を見守ってくださり、ありがとうございました。

描き方も表現もとても拙い初心の作ですが、面白いと言っていただけるのは何よりの褒め言葉です。
作品の妙、というニュアンスも嬉しいです。

このお話をきっかけに、誰かのとある一週間を切り抜きするのが気に入ってしまい、シリーズ化してしまいました(^^;)
また忘れたころに、誰かの一週間を取り上げるかも。
そのときもまたLandMさんにお越しいただけますように^^
2015.09.05 Sat 12:11
Edit | Reply |  

Add your comment