オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物書きについての小察 

小説を書く、なんて、おこがましい。
ナンカ書いてる? そんな程度です。

私の場合は、シンプルに物書きが好き。楽しい。
それだけなんです。
それで始めました。

Aがあって、Bがあって、その間に目を向けるとき、
何が見えるのか、見えないのか、

目の前で揺れる事象があって、頭の中に浮かぶ映像があって、
そこにどんな空気が流れるのか、どんな情が流れるのか、

それを言の葉でどう表現するのか、しないのか、
自分にできるのか、日々奮闘。
そんなレベルです。

まだまだ「描く」ことの基本のき、のところを漂い、
ボキャ貧に苛まれ、表現しきれずに落ち込む。
出来上がったものは、う・・・拙い・・・。

けれども、思い切って表に出し、さらしてみて、
日に当てる、水に通す、みたいな、
そうすると、また違った風味になったりして。
何の話でしょ・・・(^^;)

手で触れることのできない領域に触れようとするとき、
うわ、物書きって深いぃ~、と感じ入ります。
そして、描けないぃ~とまた落ち込む(-_-;)

かゆいところに手が届くような、何かをギュッと掴むような、
そんな表現ができるようになりたいなあ。なれるかなあ。
何とか続けて行きたいなあ (←とりあえずはこれかも・汗)

ところで。バイ・ザ・ウエイ。

今までに自分の書いたものを、ふと見直してみました。

一作目・二作目は、幼稚園生のおえかきでいうところの、クレヨンのなぐり書きドバー、
みたいな。年少さんですね。まま、それはそれで(^^;)

三作目は、発達心理でいうところの、模倣、かな。
おっと、幼児に下がった、いや、新生児か・・・(-_-;)

アシタカをイメージし、カイジ泣きを再現しようとする。
うー。いま、超落ち込みそうになった。けど、'浮上した。

とにかく、今の自分的模倣の時代、各方面からの色々を取り込みつつ、
自己ベストを更新するつもりで、一話一話を重ねていきたいです。

田島もはじめはカラオケだったんだ。コピーだったんだ。カバーだったんだ。
オリジナルの今は、一歩リードされてる・・・待って、一緒に成長しようよ。ね(^^;)

・・・こんな未熟で稚筆で、ついでに遅筆な物書きですが、これからも変わらぬお付き合いをいただければと。

皆様の毎回のご訪問・応援に感謝いたします m(__)m

ではでは^^


けい (*^^*)



< ブログ『憩』 TOP >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




『夢叶』最終章、気合を入れて頑張ります^^
どうぞ宜しくお願い致します m(__)m


ご訪問、ありがとうございます^^

『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - 楽しいから、書く^^

それでいいんですよ、きっと。他に理由はないですよね。
もちろん、書く事は苦しいし悩むけど、それをひっくるめての、「楽しい」ですもんね。
私もやっと、楽しみを見つけました^^(この三日坊主が、後どれくらい続くか、実験中)

けいさんの書く物語りは、人間って、なんだろうなあというのを、穏やかに追いかけているドキュメントみたいです。
人間検証みたいな。
一緒に登場人物と遊んだり旅したり酔っ払ったり泣いたり。疑似体験してるみたいで、楽しいです。
お友達みたいな物語です。なかなか、こんなジャンルはないかも。
田島くんがおじいさんになるまで、ついていきますよ^^
(内緒で結婚とかしないように)

初めて書いた作品を読み返して、「あちゃ~~」となるのはもう、仕方ないですよね。
私ももう、恥ずかしいんだけど書き直す時間がなくて放置してるんですが、そんな放置プレイ(意味がちがう)も、みんな優しいから許してくれますよね^^;

ちょっとづつ、ちょっとづつ、書く力がついて行ったらいいですよね。
模倣から、オリジナルへ。自分だけの、物語。

とにかくけいさんは、書き続けて、田島くんを立派な男にしてやってください!
2013.07.12 Fri 17:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 楽しいから、書く^^

limeさん、いつも優しいコメント、ありがとうございます^^

きっかけは大きなものではないんですよね。
悶えながらの「楽しい」、いや、Mぢゃないですから。
limeさんの見つけた楽しみは何だろう。続きますように。

> けいさんの書く物語りは、人間って、なんだろうなあというのを、穏やかに追いかけているドキュメントみたいです。
> 人間検証みたいな。

おお。ありがとうございます。
そんなに大きなことを描いているわけではないので恐縮ですよぉ~(^^;)
ヒューマンドキュメント系、好きですけどね。伝記とか。
伝記・田島祥吾。いや、引く・・・(-_-;)

> 一緒に登場人物と遊んだり旅したり酔っ払ったり泣いたり。疑似体験してるみたいで、楽しいです。
> お友達みたいな物語です。なかなか、こんなジャンルはないかも。

はは。それは超嬉しいです。
もう、お友だちの一人として、ちょこんと田島の隣に座ってやってください。
田島がじじいになるまで(?) 
徹さんとマスターに面倒はお願い。えっと結婚は・・・

放置プレイをしつつ・・・えぇっ(@@)
いつか私も・・・なんでしょね。
いつかわかるときが来るのかなあ(遠い目 -_-;)

はい。『夢叶』最後まで描き上げますよ。それは約束。
田島、じいさんにはならんが・・・立派な男・・・(汗)

頑張りますので、最後までお付き合いください。
宜しくお願いしますね^^
2013.07.12 Fri 20:05
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

物書きが好き。
物書いてる人間は、おそらくそれが原点で原動力ですよね^^
音楽やってる人間は、音楽が好き。
好きこそものの上手なれ、ってなりたいですね^^

私、ロードムービー大好きなので、
祥吾が旅に出たあたりから、俄然楽しくなりました。
映画や物語や、音楽もそうですが、
「ここだけの別世界」を作れる楽しさがありますよね。
それを誰かと共有できる幸せ。

私、Mなんで、「悶えながらの楽しい」派なんですがw
同感同感と思って読みました。

おばちゃん、日本で待ってんだから、
祥吾、祥子ちゃん、元気で帰ってきてね!
楽しみにしてます!
2013.07.12 Fri 21:21
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

いつも暖かいコメント、ありがとうございます。

そうですね。好きだと一生懸命に(これでも)やるし。
上手になりたいですね(願)

> 私、ロードムービー大好きなので、
> 祥吾が旅に出たあたりから、俄然楽しくなりました。
> 映画や物語や、音楽もそうですが、
> 「ここだけの別世界」を作れる楽しさがありますよね。
> それを誰かと共有できる幸せ。

わ^^ ありがとうございます。
旅行編は(も)、はじめは旅ログになってしまったことに悶え、
行ったことのない土地について描こうとしちゃったことに悶え、
途中実生活が超忙しくなってなかなか描けなかったことに悶え、
どーんどん長くなってしまったことに、これ終わるんかと悶え、
・・・良い悶え経験でした。
城村さんと世界を共有してもらえて幸せです。
え、Mちゃんなんですか。悶えぇ~~(イミフ)

コラッ。おば・・・だなんて。なんちゅこと!
本日もエレガントですょ。

祥子の荷物は、クリスと田島がすべて請け負いますのでご安心を^^
2013.07.12 Fri 22:55
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

まあ、書く事に理由はないと思います。
好きだからかくものですからね。それをたまたま記録して発表しやすいブログというのがありますからね。世の中便利になりましたね。そういうのが面白く楽しいものだと思います。
これからもがんばってくださいね。
2013.07.13 Sat 22:43
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

そうですね。書きたいと思うから書くのです。

そうなんですよ。そこです。かゆいとこ。ブログですよ。
ここ、大きなポイントですね。
オンラインのお陰で世界が広がりました。
もう、どっぷり恩恵に浸っています。

場、があるということは大きな励みです。
見て欲しい、というのと、見られるのはちょいはずかし、
というのがいまだに交錯します。素人なもので(*u_u)

けど思い切って出してみて、それで訪問していただく皆様とこうして交流できることが本当にありがたくて、嬉しいですね。それが励みになり、モチベーションが上がります^^

LandMさん、いつもご訪問ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします^^
2013.07.14 Sun 10:28
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - こんにちは

うん、そうですね。100%、同感です(^^)
書くことって確認作業という気がしています。
頭の中にある時と、文字になった時とはなんだか少し感じが違う。でもそこにはきっと何か、自分が探ししていたものとか、気になっていたこととか、何か思いがけないものが隠されていて、自分でそれを知りたいから、だからやっぱり自分のために書いているのかなぁと思うことがあります。
世の中で発売されているエンターテイメントの物語は、最大公約数的な読者のための物語としての価値を問われるけれど、自分が書いているうちは、きっといつも自分のために言葉があって、物語があって、前に進んでいる、そう、けいさんのおっしゃる通り、自分が一緒に前に進んでいる、そんな気がします。
そこに、たんまに読者さんがいてくださるだけで、結構幸せなのかも。
最近(まだ半年なのに)、う~ん、ブログで小説、いや小説を公開すること自体がやっぱり難しいな、とか悩んでいたのですが、記事を読ませていただいて、私ももうちょっと頑張ろうと思いました。

実は、過去の文豪と言われるの書いた物語って、青春もの・成長もの、多いですよね。あれはやっぱり、自分の中の何かを追いかけていたんでしょうか。(時々、え~っと、で?と思うことがあるのはそのせいかなぁ?)

そうそう、ようやく、『夢叶』を読み始めました(^^)
と言っても昨日新幹線の中から…あちこちさんと掛け持ちになってきっとゆっくりだけど、追いかけさせてくださいね。
いや、すでに終了しているお話から読むべきだとは思うのですが、音楽の話が気になって。時々、花園君に戻りますね。
2013.07.14 Sun 13:07
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: こんにちは

大海彩洋さん、お忙しいところ、コメントありがとうございます。

ほおほお、なるほど。確認作業ですか。宝探しのようですね。
自分のために宝を探すことが、みんなの宝を探すことにもなる、ってのが理想ですかね。
そこに至るには相当かかりそうですが、そんなこともどこかに置いておきたいですね。

人のためになるには、まず、自分が自分のためになっていないといけないと思うんです。
そこで頑張ろうとするときに、周りからの優しさや応援があると、うおー、って吠えるんです。
そういった意味で、私はここのブログで皆様から幸せと恵みをいただいているなあと思います。感謝^^

おお。『夢叶』から来られましたか。いや、どこから来られてもドキドキしてしまう(汗)
『夢叶』は無駄に長い部分もある(むしろそればっか -_-;)ので、さらりとのんびりといらしてください^^
それから、本編と共に、コメントにも是非目をお通しください。皆様からのコメントの方が、本文よりもずっと素晴らしいのですよ、この物語^^ ね。(ご存知の方はご存知。ふふ)

ご訪問ありがとうございます。お互いに頑張りましょ^^
2013.07.14 Sun 15:31
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。