オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 139 

田島が茜さんにメールを送るのと、ちょうど同じタイミングでさやかからのメールが入った。

「お、すっげータイムリー、さやか。何だろう」

さやかがメールで教えてきたその情報は、スマッシュ・ミュージック誌とは別の音楽雑誌でスクランプシャスが紹介されている、というものだった。

ロック専門雑誌であるロック・マガジン誌のサイトから、その特集記事のチラ見ができる。田島は携帯から、鏡と湊人はPCから、さやかが教えてくれたアドレスをクリックする。

そこにはチラ見といえども、田島たちの目を充分に引き付ける内容があった。

『特集・これでまだプロじゃないなんて!? デビューの待たれるグレート・アマバンド』

「何これ」

湊人がまず呟いたきり、それぞれに黙読する。筆頭に『スクラプシャス(Scrumptious)』が挙げられていた。

『田島祥吾(たじましょうご)、ボーカル・ギター
20XX年の民放番組大賞に輝いたオーディション番組「バンド甲子園」に出場し、高校生とは思えない歌唱力とパフォーマンスでバンドを優勝に導いた。年月を経て、ついにユーチューブで復活。スクランプシャスを甦らせた、超実力派ボーカリスト。

鏡成太郎(かがみせいたろう)、ドラム
民謡界にその名を馳せる「鏡太鼓」に所属。激しく躍動的なその演奏から「鏡の鳴き龍」と呼ばれ、演者としてその名声を全国に高める。しかし、その栄誉を未練なく置き去り、スクランプシャスに合流。歴史ある伝統芸能から、現代の音楽業界に華麗に転生した若き鳴き龍。

村崎湊人(むらさきみなと)、ベース
伝説のカリスマ・シンガーソングライター、村崎一人(かずひと)の一粒種。父親から血と魂を受け継ぎ、ベーシストとして成長。未知の才能にあふれ、万を持して表舞台に登場した、注目の大物二世。

(文責・杉浦)

他にもストレッチャーズのライブ情報やあのギターリストの独占インタビューなど、10月号も気になる情報満載! お見逃しなく!!』

「湊人、お前って・・・」
「ちっ。シンちゃんに先越された。二世とか言わないで欲しいよね」

「バンド甲子園」と「鏡太鼓」について知られるのは承知の上だったとしても、湊人の素性については意表を突かれた。田島も鏡も、瞬きもできずに湊人のことを凝視するだけで言葉が出ない。

村崎一人といえば、誰でもその名くらいは知っている。一時期の日本の音楽業界を一斉風靡し、一時代を築いた大スターだ。弾き語りというジャンルを飛び越えて日本中にその楽曲が受け入れられ、各音楽大賞を総なめにした。

「ロック・マガジンって、シンちゃんのところの傘下だったんだ」
「湊人、話してくれるよね」

湊人は上目遣いとなり、観念したように小さく「うん」と頷くと、ポツポツと何かを拾い出すように話を始めた。

「村崎一人はカリスマとか言われているけど、俺にとっては普通の父親。どんなに仕事が忙しくても、ツアー以外の普段の日はうちに帰って俺の顔を見てくれた」

村崎一人はそのツアーの最中、ある日のコンサート終了後に突然倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった。死因は急性心臓疾患。何の兆候も無い突然のことだった。十五年ほど前のことである。

過労であったとか、元々心臓の持病があったとか、違法ドラッグを摂っていた疑いがあったとか、世間では様々な憶測が流れただけで、結局の原因はわからなかった。

コンサート・ツアーは中止となり、カリスマ・ソングライターの突然死のニュースは日本中を駆け巡った。

「俺は、父親を亡くした普通の子どもだっただけ」

何もかもが突然のことで周りが対応に追われていたとき、中心となって取りまとめていたのが村崎一人の所属音楽事務所で担当だった杉浦と、サポートバンドのメンバーだった丈之助なのだという。

「村崎一人を最初に見つけて売り出したのはシンちゃん。ジョノはサポートバンドのリーダーでベース。あと、ノリちゃんも当時からの照明スタッフ」

だから、カビーで照明を担当するノリさんも、丈之助のことを「ジョノ」と呼ぶのか、とやっと納得する。

丈之助はその後も「原宿ルイ」で働きながら、一人親家庭となった湊人と母親を気遣って、以来何かと様子を見に家を訪れていた。

一方、杉浦も楽曲の権利や遺産などの金銭・法律関係を一手に引き受け、影ながらにサポートし続けてきたのだという。

「だから、ジョノとシンちゃんは俺にとってはちょっと特別な知り合いなわけ。家族にかなり近いかも。今さら、杉浦さんとか、丈之助さんとか呼べない。進之助さんとか舌噛むし」

丈之助と杉浦にとっても、湊人はいわば大切な仲間の一人息子。その成長を、親のような目でずっと見守ってきたのだろう。容易に想像ができた。

「みんなもシンちゃんのことは苗字で呼ぶでしょ。だいたいどっちも杉浦って呼んだら、どっちがどっちだかわかんないし。まあ、シンちゃんは今は社長とか呼ばれてるかもしれないけど」

田島が以前、スマッシュ・ミュージック誌の茜さんから丈之助の名刺を見せてもらったとき、そこには店長の肩書きと「杉浦丈之助」というフルネームがあった。そして、二人は口元を上げると白い歯が覗くというところが良く似ていた。

「湊人は、丈さんからベース習ったんだ」
「もう、基礎からみっちり。ジョノは厳しかったよ。聞かなきゃ教えてくれないタイプ」
「お前が使ってるフェンダーのベースは、もしかして」
「うん、ジョノの。もう製造されていないから大事にしてる」

湊人についてのピースが、どんどんつながってきた。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




おっと、またちょい長い。つづく(-_-;)

先週の終わりから今週、コンピュータに問題が起き、
仕事場のコンピュータ・テクニシャンのお世話になりました(含入院一泊)。

基本、システムの総入れ替えという作業だったようで。
まだまだチョコチョコと色々あって、仕事と執筆に支障がぁ・・・
仕事も執筆もすべてPCでまかなっているもので(-_-;)

完全復帰にはもう少しケアが必要なようです。
ま、すべて消えるという事態にならなくて良かったです。
いやいやいや・・・ほっ(^^;)

皆様もいろいろをお大事に。お気をつけくださいね^^


けい (*u_u)


ご訪問、ありがとうございます^^

『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - LandM  

Title - No title

それぞれ経歴があるものですからね。
特に社会人になってから出会った人であったら、
その経歴は全然知らないものですからね。
今回はそういうわけではないですが。
必要なのが今ですからね。過去ではないですからね。
2013.10.25 Fri 06:21
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - No title

そうか、湊人くんにはそういうワケがあったのかあ。
ただの愛称つけ名人では、なかったのですね。

でもでも、お父さんがそんな偉大な人でも、湊人くんは湊人くんですもんね。
実力が勝負!
まあ、湊人くんも、その辺を鼻にかけてはいないようなので、大丈夫ですよね。
2世はいろいろ外野が批評するので、やりにくいでしょうが、耳に蓋をして自分を磨いて欲しいです。スクランプシャスのメンバーになるんですもんね!
そして、二人の杉浦。名前が一緒だということは、血のつながりが??

PCとらぶっちゃったですか。
でも、お助けマンがいてくれてよかったですね。
PCの不具合は本当にお手上げですもん。
データが飛ばなくて、本当に良かった。

気をつけなきゃねえ><
バックアップとってるけど、PCのなかに保存してるので、壊れたらおしまいだなあ・・・・。
2013.10.25 Fri 17:02
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

みんな自分史がありますよね。
伝記物、結構好きです。

> 必要なのが今ですからね。過去ではないですからね。

そうなんです。
過去とか、経歴とか、そういうものを抱えているというだけで、
では今何をしているのか、どこに向かおうとしているのか、
今必要なのはそれなんです。
そこのとろを汲んでもらえてとても嬉しいです^^
2013.10.25 Fri 21:23
Edit | Reply |  

Name - ポール・ブリッツ  

Title - 

才能は才能のもとへ集まる。

あたかもカネがカネに呼ばれるかのごとく、持てるもののところへ集まるがごとし。

この伝でいけば、才能あるブロガーがたくさんやってくるわたしにも。

よーし、やるぞー!(プラス思考(笑))
2013.10.25 Fri 21:45
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

そうなんです。ただの愛称つけ名人ではなかったのです。はい。
2世の方、たくさんいらっしゃいますよね。あの方とかこの方とか。
自分の親と同じ業界に入るのって、ある意味勇気のいることだと思います。
お店を継ぐとか、技を継ぐとかも通ずるものがあると思います。
湊人は湊人で勝負です^^

杉浦さんとジョノは、兄弟。
どっちが上とか下とか、明記しませんでしたね(やば・汗 ><)

PCはまだちょいちょいあって、来週も引き続き様子見です。
もう、お助けマンの兄ちゃんに、くっつきっぱなしです。

ラップトップなんですけど、仕事とプライベートと両方兼ねていて。
写真がなくなった、と思ったときはマジ青くなりました。けどあった(-_-;)
この週末、無事にプライベートを過ごせますように。

うん、バックアップ、必須ですね。
2013.10.25 Fri 21:59
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

配属してすぐ担当した特集企画が、これでした。
当時、バンドブームだったので、
雨後のタケノコのようにニューカマーが。
超懐かしいです(遠い目)。

文責・杉浦、というのも、なんだかすごいことですね。
事務所の社長がそこまで!?
湊人くんへの思いでしょうか。

うーむ、これらがどう絡んでいくのか。
サウンドに影響あるんでしょうか。
気になるところです。


PCの事故は、ほんと脱力というか、
パワー奪われますね。
お疲れの出ませんように。。。
2013.10.25 Fri 22:11
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ポール・ブリッツさん

コメントありがとうございます。

類友って、伊達ではないと思いますね。

> 才能は才能のもとへ集まる。
> あたかもカネがカネに呼ばれるかのごとく、持てるもののところへ集まるがごとし。

このフレーズ良いなあ。
才能とカネ、元々があってこそ、集まるのもなのか(沈黙 -_-;)

> この伝でいけば、才能あるブロガーがたくさんやってくるわたしにも。
> よーし、やるぞー!(プラス思考(笑))

そうだっ! やってくだされ~
てか、才能を伝授していただきたい。
ついていきますからっ^^
↑プラス思考(←つながりないし・苦笑)
2013.10.25 Fri 22:20
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

コメントありがとうございます。

お、城村さん、編集のお仕事でもされていたのですか。
城村さんの素性も謎ですねぇ。オヤジ疑惑有り^^

このごろのバンド事情はどうなんですかね。
このところの短い期間にしたリサーチからは、いろいろなニーズがあるのと、
ジャンルの細分化というか、何でも有りのような感じを受けているのですが。
うん、時代は変わると進化するとデジタル化する。
タケノコのデジタル化を妄想して一人受けてしまった私。なんだろ。

杉浦社長は動く人なんです。
自分がやっちゃうタイプ。スカウトにも自分で足を運ぶ。

湊人がバンドに入ったのはたぶん想定外の出来事だったのでは。
その前から田島を狙っていましたから。
湊人への気遣いもあるでしょう。きっと(^^;)

むむむ。絡みはねえ。
うまくつながっていくよう模索中(今頃かい><)

PC絡みはいろいろあって、もう、面白いの境地です。
ついでに今朝、車がパンクし、仕事場には途中から徒歩にて通勤。
いつも直してもらうところに、これまた徒歩で行って鍵を渡す。近所で良かった。

PC絡みで銀行に行かなくてはならなくなり、昼休みがなくなる。
しかも解決せずで週末明けにまた昼休みに銀行に行く。

そんなことの合間に仕事。おっと、仕事の合間にこれだよ。
そんな、面白すぎる金曜日でした^^
2013.10.25 Fri 23:27
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

親父が大物だと、子供って苦労するんですよね。

現実でも、超有名アーティストの子供がデビューしたりしてますけど、
やっぱり父親と比べられちゃって……。

どこへ行っても、「○○の子供」ってなるわけで。最後には「親は超えられれなかったなって・・・・・・」

湊人はどうなるのだろうか。
2013.10.26 Sat 22:41
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

しばらくですね! お元気そうで^^

大物の子どもさんは恩恵有り、苦労有りで複雑そうですね。
同じ分野に進むとそれはそれは大変そうです。
でもかえるの子はかえるなのかなあと傍目に思ったり。

DNAは持っているわけで、頑張って欲しいですね。
湊人のDNAはどこ行くかな。
2013.10.27 Sun 08:23
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - No title

そうでしたねぇ。あれはもう一年と三ヶ月も前の出来事になるのでしたか。早すぎる。

とまた嘆きそうになりますので、月日の流れは置いておいて。
前回、この回とここでスクランプシャスの紹介を改めてきちんとしているという意味でも、この記事はいいですよね。
五つ星って私は(私ではなーいってば)やっぱりスクランプシャスを気に入っているのですね。やはり縁があるのですね。

そうなのよ、田島くん。
だから他人じゃないのよ。むふふ。
完全に怪しい奴になっている私でした。
スクランプシャスの曲をぜひ、リアルでyou-tubeにアップして下さいませ!!
2015.02.06 Fri 01:48
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - あかねさん

コメントありがとうございます。

そんなに前でしたかー(@@)
この特集記事のお陰でスクランプシャスの人気は上場です。
その節は大変お世話になりました。
五つ星にバンドのメンバー三人も感謝しております~^^

あかねさんには田島をかわいがっていただいて嬉しいです~^^
あぁ・・・リアルYouTube・・・アップしたいですねえ。
えっと、いまのところは架空のホームページと、架空のYouTubeで。
そこには路上時代からのものも含めてたくさんアップしてある(^^;)
あ、Scrumptious で Facebook と Twitter も始めたかも??
この先もまたお越しくださいませぇ~^^
2015.02.06 Fri 16:28
Edit | Reply |  

Add your comment