オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 153 

CDとは一味違う、微妙なアレンジを加えてのステージはライブならでは。スクランプシャスの演奏スキルの高さとサウンドのバランスの良さは、ライブを訪れたファンを絶対に裏切らない。

表情豊かに、一つ一つの言葉をかみ締めながら歌う田島のステージングには、ファンも感情移入し、どこの会場でも大波が押し寄せるような大合唱が起こる。

湊人はメンバーの中で、一番楽器の練習をしている。常にアレンジを考えていて、鏡と策にアイデアを提供する。バンドとしてのバランスの良さは、湊人が担っている部分も大きい。

大学の卒論は、アレンジについての理論を書くと豪語するが、実際書いているという証拠も素振りも見当たらない。

鏡はこのツアーから、和太鼓をドラムセットに加えている。自身のルーツを傍らに置くことで、音にも一つ個性が加わった。

策は、身長160センチにも満たない小さな体で、ダイナミックなパフォーマンスを繰り広げる。ステージから鳴り響くシャープな音と、クルクルと良く回る策の大きく愛らしい目の表情とのギャップは、ファンの間でもよく話題になるらしい。

「玲さん、そんな話、よく取ってきましたね」

今日もその瞳は健在。策がただでさえ大きな目をさらに大きく、クルミ大にして驚く。

ライブハウス・ツアーも終盤、北海道に来ているというのに、葦埜御堂玲が東京から飛んできて、その朗報を告げた。

これに先駆け、スクランプシャスが、iTunesの今年ブレイクが期待できる新人、「今年のニューアーティ スト」に選出されたということを、玲からメールで知らされていた。

そのせいか、東北・北海道のFM局に呼ばれて、アルバムからの曲を流してもらえるという機会もあった。

その話題の延長ならばメールでも良いのに、とメンバーの誰もが思っていたのだけれども、そうではなかった。みんなで玲を囲んで、話に耳を傾ける。

「僕が取ってきたんじゃなくて、向こうから来た話に『イエス』って言っただけ」

そうなったのも、東京に残る玲が、あちらこちらでスクランプシャスのプロモーションをかけているからなのだ。

それにしても、アルバムに収録の「Eternity Blue」が大手航空会社のCMソングに起用されるとは。

夏休みに向けての特別ファミリー・プログラムで、大々的にキャンペーンをするのだという。

その航空会社は、今年の夏休みを利用して、国内・海外を問わず家族単位で飛行機の旅を楽しんでもらおうと、夏休みの特別価格を設定するとともに、空港サービスを提供すると発表した。

行く先々によってウエルカムプレゼントを用意し、子供たちにはオリジナル・マスコットキャラのグッズをプレゼントという企画も提示した。

この空の旅の特別キャンペーンで、イメージモデルとしてCMに出演するのは、イケメン俳優のリョウ。

早速製作されたポスターの中でも、フライトアテンダントの制服を身に付け「飛行機で出かけよう」と満面の笑顔を見せる。これを見る誰もが飛行機で出かけたくなる、くらいのカッコ良さだ。

「他にも色々来てるから。スクランプシャス、これからどんどん忙しくなるよ」

ほんの数時間の滞在で、玲は北海道を後にした。その北海道ライブの後、スクランプシャスは東京に戻り、新宿カビーで凱旋ライブを行って、ライブハウス・ツアーを終了させた。

その後は玲の言葉の通り、新曲発表の準備や新人バンドとしてのプロモーションなどのため、あわただしく日々が過ぎていった。

今年は空梅雨かもしれない、との予報の立つ六月。航空会社CMのオンエアーに合わせて、「Eternity Blue」をスクランプシャスの二枚目シングルとしてリリース。

青い空の中をすべるように飛ぶ飛行機の映像と、スクランプシャスの歌う「Eternity Blue」の歌詞のイメージとがピタリとマッチし、クリップに出演するリョウのカッコ良さと共にこのCMは広く話題となった。

『それではCMに出演のリョウさんと、音楽担当のスクランプシャスの皆さんです。どうぞ~』

このCMが縁で、俳優のリョウと共に、テレビのトークショー番組に出演したときの録画を、事務所のオーディオ・ルームでみんなで見ている。

「どこ見てんだ、湊人。目、泳いでるぞ」
「成ちゃんだって、挙動不審じゃん」

声を上げて爆笑しながら、撮影のときのことを思い出す。すべてが初めて尽くしだった。初めてのテレビ出演、トークショー、そのあとのライブ演奏。

「策はどこだ」
「いや、祥吾とリョウさんが並んだら、策は画面に入らないって」
「それ超傷つく~」

泣きそうになる策に、湊人が口の悪さを反省して「ごめん」と必死に謝る。

「リョウさんは良い人だったよね」

今やイケメンなだけでなく、実力も伴う大物俳優となったリョウと知り合いになれたことも嬉しい出会いだった。

リョウは、サインが欲しいとスクランプシャスのCDを差し出した。リョウは数年前に写真集を出していたのだが、今やプレミアが付いてしまって手に入れるのは難しい。

それを花園と妹の安美に探してもらって、田島はこの日までに何とか一冊を手に入れていた。それでお互いにサインの交換をした。

航空会社の狙い通り、このCMの効果でキャンペーン企画に人気が殺到し、今年の夏休み旅行のかなりの客足が飛行機に流れた。

おこぼれをもらえた他の航空会社もあったり、打撃を受けた鉄道各社が、冬休みに向けてのキャンペーンを企画し始めたり、という社会現象すら起こした。

航空会社と提携して製作された、スクランプシャスの「Eternity Blue」のPVには、リョウも友情出演してくれた。

空の旅をモチーフとし、歌詞に合わせたドラマ仕立ての美しい映像に、アップされたユーチューブやバンドのサイトには、ものすごい数のアクセスが記録された。

曲はオリコンチャートのトップを打つスマッシュヒットとなり、スクランプシャスの知名度が全国レベルで一気に上がっていった。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




えっと、スクランプシャスの近況報告でした(沈 -_-;)

田島とリョウは、実は再会。わかるかなあ?

航空会社のCMというと、これを思い出す。

「浪漫飛行」 米米クラブ



米米、大好きなんです。あのエンターテイメントなライブ、好きだった~。

これも思い出す。古っ。

「Don't Stop Me Now」 Queen



フレディの口アップが気になる、が、ま、いっか。


ご訪問、ありがとうございます^^

『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

もう、本当に理想的な滑り出しですね^^
大手企業のCMに起用されたらもう、大ヒット間違いなしですもん。
一気にTVへの露出も大きくなるし。

それぞれ個性的な4人だし。
キャラ的にもテレビ映りよさそう。策は背が足りない?(笑)
湊人は卒業、大丈夫??
これからどんどん忙しくなって、有名になって、ライブもチケット取りにくくなったりするのかな。
ライブ、行きたいなあ~^^

やっぱり、若者のバンドっていいですよね。
最近、以前ブログで紹介した「ハロスリ」のアルバムをよく聴いてるんですが、ガンガン攻める曲の裏で、優しくて儚げな若者視点の曲なんかがあってね。そのギャップに驚き、その優しい、いじらしい歌詞に、うっかりマジ泣きしたりして・・・。(このドライな私が!)。やっぱり若者のハートは、とんがっててもどこまでも純粋で、擦れてなくって、いいんですよ><

田島君たちの曲もきっと、どの世代の人の心にも響く曲・歌なんだろうな~~。
もっともっと、沢山の人に聞いてもらえるといいねえ。
2014.02.10 Mon 17:56
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

なんと。玲さんは、すご腕プロモーターですね。
大手航空会社とは、額がデカいよ(現実的な話)。
しかも、電波媒体に売り込むのが、一番手っ取り早い戦法ですよね。

それを祥吾はどう感じているんだろう?
そこんところ、すごく気になります。
この前のこともあるし、今はどうなんだろう?
なんだかね、祥吾と成ちゃんだけは、
すごく冷静なような気がする。
目の前と違うものを見ているような気がする。

……と思いながら、続きを楽しみにしています。
2014.02.10 Mon 19:36
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

いきなりの滑り出しです(^^;)
これは玲の力(?)のお陰。バンドだけでは無理ですね。

この企業が俳優にお金をかけて、ミュージシャンにはそれほどかけられなかった、という事情もあったりして。人気俳優のリョウのネームバリューも大きい。得なことばかりです。

はは。策を侮っていはいけません。策のステージングは魅せます。
実際の背より大きく見えるよ。けど普段はね。おっと、ごめん策ちゃん。
湊人の卒業はやばいな。きっと田島にド突かれる。

私もライブ、行きたいよお~^^
おお。例の「ハロスリ」良いですねえ。ベースが湊人です。
湊人は髪が黒くて全体的にもうちょい長いのですが、オーラは彼です。
もう、びっくりしてPVそこだけガン見!!
湊人を金髪にしても良いかな、と一瞬だけ思ったけど、
お母さんが泣くかもしれないので黒のままで(^^;)

最近、策(似)を見つけてまた興奮。
そのうちに紹介できたらなあと思っています。
成ちゃんはかなり個性派なので、見つからないだろうなあ。

若者、物事をちゃんと正しく見ているんですよね。
理解して、どうにかしようとあがく。良いなあ。
若者のものの見方に、学びがたくさんありますよ。

> 田島君たちの曲もきっと、どの世代の人の心にも響く曲・歌なんだろうな~~。
> もっともっと、沢山の人に聞いてもらえるといいねえ。

ありがとうございます。そうだと良いなあ。
limeさんにも聴いていただきたい。
2014.02.10 Mon 20:58
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

コメントありがとうございます。

玲は、すご腕ですよ~。
どんだけ凄いのかはあまり明らかにされる予定がなく・・・(汗)

特定の旅行会社ではなく、鉄道でも車でもなく、
航空会社を取ってきたところが、玲の力の一端を示している、かな。

何をするにもプロモーションって、大事だと思うんですよね。
玲はそこがうまい(どんだけかは、あくまでも明かされず。てか、作者が描けないだけなんですけどね -_-;)

城村さんたら、また鋭いなあ。
祥吾はどう感じているんでしょうね。
祥吾より、成ちゃんの方がちゃんと理解してますよ。例のごとく。

> なんだかね、祥吾と成ちゃんだけは、
> すごく冷静なような気がする。
> 目の前と違うものを見ているような気がする。

おお。そう言っていただけて、何だか嬉しいです。
目の前にあるのは、たぶん結果。
それを見るために、一刻一刻を大切にしているはずです。
それから、そうですね、先ももちろん見ています。
田島の目にするものが、成ちゃんにも見えたら成ちゃんはきっと嬉しいんだろうなあ、という関係(?)

ああ、続きが楽しみと言っていただけるのが、本当に励みになります。
ありがとうございます。えっと、マイペースで頑張ります^^
2014.02.10 Mon 21:32
Edit | Reply |  

Name - ヒロハル  

Title - No title

おおっ! マジでプロじゃないっすか!
これからぐっと上昇カーブを描いていくのでしょうか。

そのうち、アイドルと結婚?
私から田島にその夢を託します。まさに「夢叶え!」

写真集をこっそり手に入れていたところ、田島って結構気が利きますね。笑。

2014.02.10 Mon 22:27
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ヒロハルさん

コメントありがとうございます。

プロっぽいですかね。やた。
上昇しますよ。ミエミエの展開でいきますから(自虐)

ぷぷ。恋愛描けないのに、結婚話なんてもっと描けないですよ~
お、来ましたね。「夢叶え!」に一票^^

この写真集、実は手に入れるの大変でした。
徹さんのというより、妹の安美ちゃん(ファンクラブ会員)のお陰。
2014.02.11 Tue 05:46
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - わぁ

すごいことですね!
田島くん、いえ、スクランプシャス、どんどん階段を上っていきますね。
すごく順調すぎて怖いくらい……って、本人たちが一番そう思っているんですね。
でもそれは決して浮いた話ではなくて、これまで自分たちで積み上げてきたものの上に乗っているもの。
ただ、今は周りがどんどん動いていって、振り返れないほどの勢いがあって……この中で彼らが何を見つけ、何を失い、そして最後には何を掴んでいくのか、彼らの「ホンモノ」は何か、それが試されていくような気がするので、その展開が楽しみです。

『浪漫飛行』私も大好きです。米米クラブの在り方、結構好きです。
この時の石井さん、いいですよねぇ。
実は、うちの某登場人物のイメージ(その人がヤクザになっていなかったら…?)が石井さんなんですよね^^;
QUEENも私のバイブルです(*^_^*)
楽しい展開に、素敵な曲のプレゼント、ありがとうございます(*^_^*)


2014.02.11 Tue 14:20
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: わぁ

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

なんか、順調すぎですよね。
デビューしてからが(も)大変だっていうバンドの方が多いのにね。

ややや。大海さぁ~ん。
何を掴むのか、「ホンモノ」は何か、なんて、鋭いです。
展開はミエミエかも知れませんが、その場面のときは、きたーと思ってやってください(-_-;)

> 実は、うちの某登場人物のイメージ(その人がヤクザになっていなかったら…?)が石井さんなんですよね^^;

お。そうなんですか。あの娘の彼ですかね。
米米のワイワイしている感じがとても好きだったんですよね。
あの集団をどうまとめているんだろう、というところも興味ありでした。

QUEENのその曲↑を聴いて、空の旅を思うのはかなりレアではないかと。

今後の展開を練るのに実は苦労しているのですが(自転車操業なので)マイペースモードで頑張ります^^
2014.02.11 Tue 19:20
Edit | Reply |  

Add your comment