オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢叶 番外・コラボレーションズ  

ブログ「憩」 30000HIT記念企画 
(この企画は「夢叶」154話から、ストーリー的には159話160話の間、という関係でつながっています。)

お待たせしました! さあ、皆さん、準備は良いですかあ。
お楽しみいただけますように^^





奏(かな)と安美(やすみ)はお互いの顔を見合って、爆笑していた。

「奏、ぐちゃぐちゃ」
「安美だって」
「これ、日に焼けたわー」

この胸の熱さは、言葉ではとても表せない。スクランプシャスのライブは、とにかく最高だった。心にぐっと来るパフォーマンスに感動しすぎて、奏は最初から最後までずっと泣きっぱなしだった。

「のどかれたー」
「奏、全部歌ってたよね」
「だって、全部知ってるから」

知っている、どころではない。奏が歌詞を書いたのだから。けれども、書いたものを田島に渡した時点で、それは自分の手を離れ、田島のものになる。ずっとそのつもりで書いている。

ステージで、田島が奏の詞を歌にする。それに呼応してオーディエンスも、奏の詞を口にする。空間の中で言葉が合わさり、一つになって響き渡るそれは、すでに奏だけのものではなくなっていた。

自分のものが、みんなのものになる。そんな一体感。それを感じたこと、共有できたこと、震えながら涙を流したこと、すべてが感動的だった。

スクランプシャスのアルバムには、作詞者として‘Kana’というクレジットが載っている。田島でもバンドのメンバーでもないそれは誰なのか、という問い合わせがスクランプシャス所属のAshコーポレーションに多く寄せられる。

けれども、奏の従兄で事務所取締役の葦埜御堂玲がそれにうまく対処してきた。スクランプシャス楽曲の作詞者、‘Kana’の存在は秘密に守られ、奏は何の心配なく、普通の高校生としての毎日を過ごしている。

「お腹すいたー」

野外フェスのもう一つのお楽しみ。露天の屋台に食べるものを探しに行く。店舗のエリアには、日本食のみならず、インターナショナルなメニューがあちらこちに立てられ、どれにしようか選ぶのに迷う。

「とりあえず、水」

昼になり、ぐんぐん気温が上がっていた。とにかく暑い。夏だからというだけでなく、ミュージック・フェスティバルで会場全体が盛り上がっているせいもあるだろう。

向こうの方から、また別のロックなリズムが聞こえてくる。まだまだランペイジは続いていく。

結局、手軽なハンバーガーと水を手に、当ても無くふらふらと歩いていくと、ステージ・レッドの会場が見えてきた。

「みなさーん、準備は良いですかあ。ステージのみなさんのことですよう」

ステージに立つ面々は、アーティストなのか、一般人なのか、その数、十名。とりあえず、素人っぽく見えるが。

「コラボレーションズはみんなシャイなんで、よろしくお願いしまあすっ」

バスドラと和太鼓という妙な組み合わせながら、ドッドッと見かけによらず、なかなか期待させるようなリズムをスタートさせた。

「夏なんでね。熱く行きましょう!」

軽快なギターとキーボードによるイントロが始まると、十人がばらばらなような、まとまっているような、不思議なパフォーマンスを繰り広げる。なかなか個性的で面白い。

「次。いきなりメンバー紹介ですよ。多いんでね」

とりあえずマイクを持ちMCを担当するのは、ぴかぴかのブーツを新調したというrururu1001。司会業、いや指揮者業か、手馴れたもの、といった風だ。

「メロディー担当から行きますよ。まずは、リードギターのヒロ!」

いきなり俺かい、トップはやだって言ったのに、の表情を見せつつも、さらりとワンフレーズを聴かせてくれるところはさすがリード。

「サイドギター兼タンバリンとコーラスもやっちゃう、!」

ギターを始めてから間もないと言いつつも、基礎の据わったなかなかのテクニックを見せる。

「ギターとの相性は最高。バイオリンの響子!」

クラッシックと見せかけ、ポップなアレンジを披露するところがニクイ。

「旋律の要。キーボードの優歌!」

軽快な鍵盤の流れが、ポップにあふれる。これは只者ではないと会場の観客の目を覚まさせ、印象付ける。

「このメロディーに乗せて歌うはあかね! でもあかねは超シャイなので、コーラス担当。ちなみに、リードボーカル、募集中!」

空間を漂う繊細な声は、聞いてて非常に気持ちが良い。自然に楽器の中に溶け込み、絡み合う。

「では、リズム担当です。見てください、このゴージャスなセッティング。ドラムスのlime!」

細腕ながら、ロックな振りを見せる。体中で音を表現するその姿は、実にドラマチック。

「その傍らで。これも立派な打楽器。トライアングルのポール!」

ひときわトーンの高いその響きに耳を澄ませると、きらりとその存在感が光る。

「和楽器だって揃えちゃうコラボレーションズ。三味線の彩洋!」

ベンベンと旋律が空間にこだまする。その和ビートがこのステージに彩を加え、ぴたりとマッチする。

「その隣。和太鼓は、けい!」

和と洋の共存を証明するように、流れに沿い、さらに色を加える。そして、rururuからマイクを受け取った。

「コラボレーションズならではの特別演技、rururu1001が本領発揮です!」

ブーツを脱いで、大きくジャンプ。高い位置でのバック宙が、ぐるりと大成功。勢いついでに、四回転ひねりも大披露。

うおー、とステージ・レッドの会場が大きく盛り上がったところで、マイクがrururuに戻る。

「みんな最初は遠慮してたくせに、なかなかやるじゃないですかあ」

「おまえもなー」と会場から返ってくる。

「えへへ。それではもう最後の曲です。すみません、コラボレーションズ、全員が揃って練習する時間がなかなか取れなくて」

というか、これ、実はぶっつけ本番。なんてことは、絶対に言えません。案外うまく行っているみたいなんで、このままこの調子を崩さないように。

「じゃあ、ラスト! 最近のヒット曲の中から、スクランプシャスの『エターニティー・ブルー』! ボーカルの田島祥吾さーん、その辺にいないと思うけど、もしいたら、一緒に歌ってくださーい!」

いえ、いる筈ないですから。会場の皆さん、キョロキョロしないようにね。と、ここで一つ、笑いをとる。

「じゃあ、コラボレーションズをサポートするということで、皆さん、一緒に歌ってくださいねー」

limeのリズムに合わせて、イントロが始まった。本当にみんなステージは初めてだというのに、すべての歯車が絶妙にはまっていく。

これは、毎年必ずどこかの会場で見られるという、ランペイジ・マジックなのかもしれない。

「いるよー」
「え”え”~~」

会場より、ステージのみんなの方がびっくりしている。水ボトルを手にした本物の田島祥吾が、ニコニコしながらゆっくりとステージ中央に歩み寄って来るではないか。

「イントロやめないでね。1・2・3、ハイで行きますよ!」

ステージ・レッドの会場から、とんでもない歓声が湧き起こった。全く予期せぬ夢のようなジョイントに、観衆は狂ったように興奮した。その期待の大歓声を受けて、田島がシャウトする。

「コラボレーショーーンズ! 1・2・3・ゴー!」

ランペイジ・マジック。今年はこんな風に伝説を残した。



< 前話(159話)  TOP  次話(160話) >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




みなさーん、伝説残しちゃいましたよ~^^

30000HIT、改めまして、ありがとうございます。
その後、30303なんて珍しいのを自分で踏んでしまいました。あれれ~(><)

そしてそして!

コラボレーションズの声がけに乗ってくださいました皆様。
ご参加いただき、本当にありがとうございます。

それでは、「コラボレーションズ」、メンバーをご紹介いたしましょう。

リードギター : ヒロ (ヒロハルさん・「三流自作小説劇場」

バイオリン : 響子 (西幻響子さん・「ロックンロール・ヘイズ-Rock'n Roll Haze-」

ドラムス : lime (limeさん・小説ブログ「DOOR」

三味線 : 彩洋 (大海彩洋さん・「コーヒーにスプーン一杯のミステリーを」

コーラス : あかね (あかねさん・「茜いろの森」

キーボード : 優歌 (城村優歌さん・「城村優歌Webooks」

宙返りパフォーマンス : rururu1001 (rurubu1001さん・「1001夜ショートショート」

トライアングル : ポール (ポール・ブリッツさん・「クリスタルの断章」

サイドギター(兼タンバリンとコーラス) : 夕 (八少女 夕さん・「scribo ergo sum」

和太鼓 : けい 

本日のライブには、きっと30000人以上の観衆が集まっていたことでしょう。マジで。
コラボレーションズと田島とのジョイントを楽しんでいただけたなら幸いに思います^^

皆様からの毎回のご訪問には、いつも感謝しております。
皆様からの応援と交流があって、物書きが続けられているようなものです。
ブログを通じてのすべての出逢いに感謝しつつ、続けられることは幸せなことだなあとしみじみと感じます。

予測不能のマイペースで進むブログ「憩」なのですけれども、少しづつでも先へと精進して参りたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。


けい m(__)m


ご訪問、ありがとうございます^^

『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - きゃ~~!

なんか、鳥肌立っちゃった!すっごく楽しい^^
一人一人の紹介も、わくわくしましたね。ドラム練習したかいがあった!(夢で?)
何よりも、最後の田島君の登場が素敵すぎるーーー!最高。
きっとlimeは、ドラム叩きながら心の中で叫んでたと思いますよ。きゃ~!!と。
もう、この時点で田島君のすごさと人気が分かりますね。
このシーン、ポルノのステージに乗り込んで歌った福山雅治を彷彿させて・・・。(ちがう?:ポルノ自体がすごいしw)でもすっごく楽しくて一人で盛り上がりました^^
奏ちゃんのポジションもカッコいいですよね。謎の作詞家。少しも奢らず、JKを全うする。うう~、いいな。

とっても楽しい番外でした。けいさん、ありがとう~~!!
2014.04.12 Sat 09:21
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - わ~

何だかすごい~~~
この豪華なのか、しょうもないのか、よく分からないメンバーがどうしようもなくすごい!(*^_^*)
そこにくわえていただいて、とても嬉しいです。
夢じゃなくて、練習したかいがあった??(その割には上達しとらんな……by 師匠)
なんだか文字を追っているだけで、大興奮でした!
あ、奏ちゃん……いや~、しつこいけど、くっついちゃえ!!
(何度も番組に手紙を送る視聴者のようになっております(*^_^*))
何はともあれ、混ぜてくださってありがとうございました!!!!!!

追記:しょうもないのは、私だけでした^^;^^;
2014.04.12 Sat 10:22
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: きゃ~~!

limeさん、コメントありがとうございます。

楽しめていただけて良かったです^^
練習したかいがありましたよ!

limeさんの最初の印象は、パーカッション担当で、シーラ・E(ご存知ですか?)みたいな感じだったんです。

Sheila E - The Glamorous Life (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=efkS7NUFPDI

ところが、途中でワンオクTomoyaに変わっちゃいました。

Tomoya solo (ONE OK ROCK)
http://www.youtube.com/watch?v=MhvxSST_eoI

ええ、limeは、無骨に(?)ドラム叩きながら田島の背中に向かって叫んでいましたよね~^^

ライブにゲストが乱入するのって、楽しいですよね。
ポの皆さんはライブにも定評ありますよね。福山さんと、仲良いんですね。事務所つながりかな。
コラボはやっている方も見ているほうも楽しい。
やっぱ、ライブだあ~~

奏ちゃん、いいもの見たなあ。
limeさん、ご参加ありがとうございました~~!!
2014.04.12 Sat 14:38
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: わ~

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

> この豪華なのか、しょうもないのか、よく分からないメンバーがどうしようもなくすごい!(*^_^*)

ぷぷぷ。そこにご参加くださり、とても嬉しいです^^
どうしようもなくすごい豪華メンバーですよ。華麗な面々です。
ある意味、いや絶妙に、ユニーク?
練習したかいありありです。
和太鼓とのコンビはどうでしたかね。それがちょい気になる。

貴重な視聴者からのお手紙、しかと承りましたあ(*^_^*)
ふふ。しつこいくらいにずっとずっと、応援お願いしますね。

コラボレーションにご参加、ありがとうございました!!!!!!
2014.04.12 Sat 14:53
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

やばいやばいやばいやばい、めっちゃ緊張してしまいましたよ!
そして同時に、鍵盤でよかったぁぁぁぁ、と思いましたよ!
まだワシの心臓はバクバクしておりますよ!

いや~、でも、祥吾のバックで弾けるなんて!
夢のようです!
まさに夢叶っちゃった番・外・編っ!
って、未だテンション高くて困っちゃう、全文エクスクラメーション付き!

そして、なぜけいさんは和太鼓…。
あっ、成ちゃんと秘かに練習とかしてっ?
ふたりっきりでドドスコスコスコとかしてっ?(それは楽しんごっ)
600鬼コンボ!とかしてっ?(それは太鼓の達人っ)
だめですよっ、あの上腕二頭筋でお姫様抱っことか!
ずぅーるぅーいぃぃぃぃー。

て、興奮のあまり支離滅裂なんで、このへんで終わります。

すてきな夢をありがとうございました!
2014.04.12 Sat 16:50
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

コメントありがとうございます。

緊張だなんて、またまたぁ。
私も楽しくて、そっちの心臓がバクバクでしたあ。
祥吾との共演は楽しんでいただけたでしょうか。
テンション高いのは大歓迎ですよ~エクスクラメーション!

私、盆踊りくらいは打てるんです。へへ。
成ちゃんの上腕二頭筋お姫様抱っこは、城村さんのためにちゃんとお取り置きしてありますので、ご安心を~
成ちゃんからの髪くしゃもお付けいたしましょうかあ~
そうしたら、城村さんの方がみんなから

> ずぅーるぅーいぃぃぃぃー。

って言われちゃうかもね^^

コラボレーションズにご参加、ありがとうございました!
2014.04.12 Sat 19:10
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - ひえ〜

そ、そんな。後ろの方で誰にもわからないようにひっそりと……のつもりでおりましたが、なんだかものすごいメンバーに囲まれて。

あ、でも、観客的には祥吾さんが来てくれたから、それですべてオーライになりましたよね!

あらためて30000Hit、それから30303踏んだ記念、おめでとうございます!
「夢叶」本編も、エンディングまでのラストスパート、引き続き応援させていただきますね。
2014.04.14 Mon 03:20
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ひえ〜

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

後ろの方でひっそりとなんてダメです。誰にもわかるようにお願いしますよ^^
このメンバー、なんだかものすごいですから。
田島もなんとなく入ってしまいました(?)

HITのお祝いもありがとうございます。夕さんのご訪問もとっても嬉しいです。
私、よく自分の切り番踏むんです。初期の頃は2000のピタリ賞とか。なんでだ。
自分しか来る者がいなかったからだろう・・・

「夢叶」本編も、本当にもうすぐ終わります。
応援をありがとうございます。ラストまでどうぞよろしくお願い致します^^
2014.04.14 Mon 11:33
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - おおー!!

なんというナイスコラボレーション!!

田島くんとも共演できて夢のようですー><。


しかも最初にrururuが登場するとは思わなくて、びっくりしました!!
こんなところで大活躍していたなんて!!

なんておいしい役を頂いてしまったんでしょう!

けいさんの素敵サプライズ、とても嬉しかったです!ブーツ新調してよかった~!^^

けいさん、田島くーん、ありがと~!!

2014.04.18 Fri 22:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おおー!!

rurubu1001さん、コメントありがとうございます。

田島との共演を楽しんでいただけたでしょうか^^
rururuには最初から最後まで、お願いしましたよ。
バック宙と四回転ひねりも冴えていましたあ。
大活躍でしたね!!

はい、ブーツもぴかっと光っていました^^
ご出演、ありがとうございました!
2014.04.19 Sat 15:28
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。