オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢叶 163(最終話) 

「スクランプシャスです!」

三枚目のアルバムを引っさげて、アリーナツアーに出る。このアルバムから、メガヒットを飛ばす。そのくらいの意気込みでつくった。

結局、田島の夢は、それほど大げさなことではない。曲を作って歌を歌う。思えば最初から、ずっと昔から、そうだったではないか。

今までも、これから先も、ずっとそうしていければ、きっとそれが、夢が叶って幸せになれる、ということなのだ。もしかしたら、これを叶える、と思った時点で、その夢はほぼ叶っているのかもしれない。

「ツアー初日の今日から、ガンガンに行きますよー!」

オーディエンスはいつだって熱く、眩しい。体に受け取ったエナジーを、パワーにしてこの空間を揺さぶる。

湊人が良い顔をしている。やっぱり、髪を切ったのは正解だ。策の音も最高に響き渡っている。鏡の鳴きも天井を突き抜けそうだ。

すぐそばに、このかけがえのない仲間がいる。目の前には、自分たちの音楽を聴いてくれる人たちがいる。周りには、いつだって応援してくれる人たちもいる。

自分はステージに立っていて、何をするのだ。そんなこと、決まっている。

「一緒に声出してくださーい!」

胸の前でぎゅっと手を握り、震えるほどの情熱を込めて突き上げる。宙に手を開き、体の芯から、指の先までまっすぐに伸ばす。心の底から伝える。そうすれば届く。掴める。

スクランプシャスは、すでに海外からいくつかのミュージック・フェスティバルに呼ばれていた。このアリーナツアーのあとは、数カ国で単発ライブをこなし、その後大々的な海外ツアーが組まれる。休む間無く、前へ前へと進み続ける。

「スタンドもアリーナも、一緒に!」

夢を信じる。一つ一つ、叶えていく。重ねていく。そして次へ。

田島のやることは、きっと変わらない。

「もっと、もっと!」

叶うではなく、叶えるために。光を放ち、歌い続ける。

今日も明日もずっと。


640x520_51A574DFBD81[1]
(参照: http://ro69.jp/live/detail/82823)



おわり



< 前話  TOP  あとがき 1 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




長い間このお話にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。

お陰さまで、やっとおわることができました。

連載中、皆様からのたくさんのご訪問と応援をいただきましたことは、お話が長期に渡る中、大変励みとなりました。

とにかく、感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様の中でこの先の景色がいろいろに見えるようにと願っています。

ありがとうございました。


けい m(__)m


ご訪問、ありがとうございます^^

『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - おめでとう!

(あ、湊人が髪を切ってる!!)
ああ~、ついに終わっちゃいましたね。
何だかずっと続くような気がしてたのに。
でも、物語は最終話があって初めて『作品』になるんだといいますもんね。
田島君たちの熱い日々、堪能させていただきました。
田島君がすごいのは、その音楽的才能と、そして人と繋がる力ですよね。それがあってこその今、なんだと思います。
それを描くには、この長さが必要なんですよね。
執筆、おつかれさまでした。
ここに『夢叶』、完成しましたね。


うれしいけど、さびしいなあ。
次の作品もたのしみにしています。
あ、それぞれのキャラのSSなんてのも読んでみたいな。
けいさんは私と同じで、掌握を書かれないのでなんだか同じにおいがします^^
書きはじめるのに時間がかかるのですよね、新作も。
でも、待っていますからね~~。
場つなぎに雑記とかも、歓迎ですよ!
2014.04.23 Wed 08:29
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

お疲れ様でした。
今はきっと、脱稿の放心の中にいらっしゃることでしょう。
いやそれも心に仕舞って、お仕事に勤しんでおられることかと。

あー、終わってしまいましたね。
私も放心しています。
ずっと一緒に各地を回ってきたような気がしましたが、
途中からの拝読でしたので、時々、最初のほうへ戻ったりして、
うろうろと祥吾の後ろをついていった旅でした。
本当に楽しかったです。
これからもずっと祥吾の、スクランプシャスのファンです。
またいつか、もうひとまわり大きくなった祥吾に会えることを祈って……。
祝! 脱稿!
2014.04.23 Wed 08:31
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おめでとう!

limeさん、最後までお読みくださり、ありがとうございます。

(髪切った湊人、どうですかね!)
ホント、ついに終わりました^^
いや、とっても嬉しいんですけど、ずっと続くとなると、ね(なんの同意 -_-;)

> でも、物語は最終話があって初めて『作品』になるんだといいますもんね。

へえ、そうなんだ。良いことおっしゃられる。

熱いばかりで恐縮です~。もう長くて長くて、どうなってしまうのかと思いましたマジで。
limeさんが以前にENDマークのお話をされていたじゃないですか、愛しいと。
その時のこちらはENDなんていつ来るのか、つけられるのか、ぐらいの遥かなるお話でした。
おかげさまで、やっと三つ目のENDです。愛しいです^^

え、クンクンとにおいますか。
SSとか、掌握とかって、書かないんじゃなくて、書けないんですって(ここキリリ)
でも、limeさんとにおいが一緒なのは嬉しい。薔薇のブーケで行きましょう(←なんだろ)

新作(-_-;)の前に、場つなぎにあとがきとかでまた、よろしくお願いします(^^;)
2014.04.23 Wed 19:10
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

脱稿の放心の中に浸る間もなく、心に仕舞う余裕もなく、お仕事ですぅ~(><)

> 私も放心しています。

え(@@)そんなそんな(^^;)
城村さんが、田島と各地巡り(?)を楽しんでいただけたのなら、とっても嬉しいです。

ずっとずっと、祥吾とスクランプシャスのファンでいてくださいね^^
(城村さんの上腕二等筋パス、お取り置きですから^^)
そうですね。作者もそれまでにはもう少し祥吾のことをちゃんと書けるようになっていたいなあ(遠い目)
お祝い、ありがとうございました!
2014.04.23 Wed 19:31
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - あぁ、本当に……

終わってしまったのね~
そうそう、いつまでも続いて欲しいけれど、エンドマークは大事ですよね。書き終わって初めて、何かが見えてくることもあるし……
それにしても、本当に長い旅でしたね~
思えば、瞬くんの死でうだうだしているところから始まって、少しずつ何かを積み上げていって、そして海外に出ていって、本当にひとつずつ、という道のりでしたね……こんな大きな舞台に繋がるとは想像していませんでしたけれど、でもいつも誰かがいて、誰かに支えられて、一緒に夢を見る人がいて、そして、ついにアリーナに来たかぁ(*^_^*)
あぁ、アリーナ、でっかすぎて、豆粒みたいで……(って、何で遠い目(゜゜)……つい嵐さんを思いだし……)
近くにいて欲しいファンにしてみると、嬉しいんだけど、遠い~~~でも、スクランプシャスはきっとでかくなっても、身近感も残してくれるに違いないと信じます。

そうそう、終わったからこそ、始まるものがある。
私も書き終えた作品、後から後からいじくり回しています(ダ・ヴィンチの『モナリザ』みたいだなぁ)。そう、これっていったんエンドマークをつけたらできること。
そして、そこからまた新しい枝葉が出てくることも(^^)
私もSS希望!
長く素敵な旅路、お供させていただいてありがとうございました!
そして、けいさん、お疲れ様!
ゆっくり鋭気を養って、また次に入っていってくださいね。
あ、しつこいけどSS希望(*^_^*)

*けいさん、キリ番踏んでくださってありがとうございます!
拍手コメにも書きましたが、お嫌じゃなかったから、ぜひリクエストくださいませね(*^_^*) 
2014.04.23 Wed 22:02
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あぁ、本当に……

大海彩洋さん、連続コメありがとうございます。

終わってしまいましたよ~^^
お話は長かったですけれど、最初から終わる予定でいました。
いつに? というのがネックだっただけで(-_-;)
そうですね。終わって・・・いや、今は終わった。で(^^;)
ホント長くて、大海さんも最後までのお付き合い、本当にありがとうございました。

はは。うだうだしてましたね、そうです。
田島一人ではとてもここまでは。
その辺を見守っていてくださってとても嬉しいです。

うん、舞台が大きくなると、離れちゃう感がしますが、スクランプシャスはきっと身近感を残すように、いつまでもフレンドリーでいてくれるようにと願います。

> そうそう、終わったからこそ、始まるものがある。
> 私も書き終えた作品、後から後からいじくり回しています(ダ・ヴィンチの『モナリザ』みたいだなぁ)。そう、これっていったんエンドマークをつけたらできること。
> そして、そこからまた新しい枝葉が出てくることも(^^)

おお。そうですね。終わらなければ始まらないし。
なんだかエンドマークの特権について教わった気がします。
次に始めるときに、自分の中でわくわくしてしまいそうです。

大海さんも、田島や仲間たちと最後まで一緒にいてくださってありがとうございました。
SSっすか。SSっすかあ~。二回きかれたので、二回返答・・・
とりあえず、あとがきってもんをご用意させてください(-_-;)

拍手コメありがとうございます。そちらにも書きましたが、こちらにも。
その二択はきついですよ~。二択は嫌なので、じゃあ、両方。ってうそです。
大海さんに丸投げって事で、メッセージも送らせていただきました。ぐふ。

あの方のお誕生日なのですね。おめでとうございます。
そんな重要な日と、最終話が重なるなんて。なんか、なんか、いえ、何でもないです。

「夢叶」はこれで終わりですが、これからもよろしくお付き合いいただけると嬉しいです。
ありがとうございました^^
2014.04.23 Wed 23:07
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - 完結おめでとうございます!

こんばんは。

長い連載、本当に、お疲れさまでした。
うおぉ、本当に終わってしまいましたね。
でも、私はまだ途中のなので、ゆっくり読んでまたここに戻って参ります。
まずはオーストラリアへと同行させていただきますね。

新作はすぐなんでしょうか。次は最初から読めるから嬉しいな。



2014.04.24 Thu 02:16
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.04.24 Thu 07:10
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 完結おめでとうございます!

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

本当に終わりです^^
なので、夕さんのペースで戻って来てくださると嬉しいです。
おお。田島の旅に同行ですか。
旅慣れていらっしゃる夕さんが一緒だと、田島も心強いでしょう。

新・作・・・本当はすぐに行きたいところですが、やる気だけでぇ~(-_-;)
次は最初から、なんて嬉しいお言葉。
最初がいつになるかは分からないのですが(滝汗)また夕さんにもお越しいただけると嬉しいです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
2014.04.24 Thu 16:07
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

まあ、朝早くから。メッセージを贈りますね。
2014.04.24 Thu 16:09
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - 感無量!!

ああ~、ついについに…終わってしまったのですね(涙)!!

感無量!!と言いますか、感慨深いと言いますか、もうそれ以上といいますか…。><。

ここまでの田島くんの道のり、『夢叶』への軌跡を、一緒に歩んでこれて、本当に良かったです。そして笑顔になる終着点も一緒に見れたことも。

うん!徹さんも、きっと喜んでる!!…はず。
(徹さんの上司だったという長谷川さん、ビックリしました。嬉しくなっちゃいました ^^)

私、本当にこの小説が大好き!!

まだネット小説初心者だった私が初めてネット小説を読んで泣いてしまったのがこの『夢叶』でした。本当に忘れられない素敵な作品です。

そんな物語を最後まで紡いでくれたけいさんに、心からの感謝を!!
本当にありがとうございました!!本当にお疲れ様でした!!

充分お休みして下さいね。次回作も楽しみにしています^^

p.s. 


あ、ちなみにスピンオフも待ってます!
奏ちゃんと田島くんのその後が気になる~!!(ニヤリ)
2014.04.25 Fri 03:04
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 感無量!!

rurubu1001さん、最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。

ついについに…終わってしまったのですぅ。とりあえず、ほっ。
rurubuさんにも一緒に歩んでいただき、とっても嬉しかったです。
連載途中で大賞なんかもいただいてしまって、本当に感謝しております!!

はい。徹さんも、喜んでいます。
授賞式後、カビーに戻った田島の頭を一番バコバコと叩いていたのは徹さんでした^^
rurubuさんには、上司でお父さんの長谷川氏が登場する「怒涛の一週間」も読んでいただいているので、むふとか思っていただけたのなら嬉しいです。

> 私、本当にこの小説が大好き!!

最高の褒め言葉です! 幸せです~^^
もしもこのお話がrurubuさんのリストに残るようでしたら大変に光栄で、嬉しく思います^^

rurubuさんの応援のお陰で最後まで紡ぐことができました! 感謝です!
最後までお読みくださり、本当に本当にありがとうございました。
次回作(-_-;)・・・の前に、あとがきにもお越しくださると嬉しいです^^

p.s. 

> あ、ちなみにスピンオフも待ってます!

えっと、スピンオフって・・・関連作? ってことですかね。
すみません(><) ググります。 (間) わかった。ふふ・・・

> 奏ちゃんと田島くんのその後が気になる~!!(ニヤリ)

あ、痛い、そこ、痛いっす・・・
rurubuさん、この二人を何とかしてあげてください!(ニヤリ返し)
2014.04.25 Fri 11:37
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - 戻ってきました

おはようございます。

ああ、また終わっちゃった……。
前にコメントをさせていただいてから半月なんですね。
でも、あの時と、私の中の夢叶ワールドはずいぶん変わりました。

祥吾がどんな風に成長するのか楽しみにしている、みたいに思って頭から読みはじめたのですが、むしろ、自分のなかにはじめからあった田島祥吾という才能を本当に信じられるようになるまでのお話だったのですね。最後までぶれずに泣き虫くんだったのもかなりの好感ポイントでした。

その過程で、私も、たくさんの素敵な人たちと出会ったなあと感慨深いです。知らない人だった湊人や策、成ちゃんや瞬のことが身近になり、奏や玲や、最初は胡散臭いと思っていた杉浦さんも含めて、周りの人たち全員でスクランプシャスを支えているのが嬉しくなりました。

小説はあくまで作品として作者とは別だと普段は考えているのですが、この作品にはけいさんご自身のお人柄がにじみ出ているなあと思いました。主人公や、メインキャストがいい人なのは、どの小説でもあることですが、それだけじゃないんですよね。袖触れあった多くの人から「超いい人」がにじんでる。たとえば、ラジオのパーソナリティまで。

私にとっては、あっという間だったので、ものすごく長い作品とは思いませんでしたが、二年半にわたり大事に書かれていたことを考えると大変だったと思います。あらためて完結のお祝いを申し上げるとともに、次の作品も楽しみにさせていただきますね。

P.S. 私も彩洋さんと同じく、「奏とくっついちゃえ」派ですので、次の関連する作品の中でもちらりと「実は上手くいっている」情報なんかが読めるのも楽しみにしています。
2014.05.11 Sun 17:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 戻ってきました

八少女 夕さん、おかえりなさ~い(?)

また終わっちゃった、っていうフレーズが妙ですね^^
夢叶ワールドですか(照れる) 最後から行く手も有りなんですね。

> 祥吾がどんな風に成長するのか楽しみにしている、みたいに思って頭から読みはじめたのですが、むしろ、自分のなかにはじめからあった田島祥吾という才能を本当に信じられるようになるまでのお話だったのですね。最後までぶれずに泣き虫くんだったのもかなりの好感ポイントでした。

おお。何だか深いところを読み取ってくださって嬉しいです。
夕さんのお好きなように読んでいただきたかったので、夕さんに何か見えたものがあったのなら、それは冥利に尽きます。ちなみに、田島は一生泣き虫君でしょう(^^;)

> その過程で、私も、たくさんの素敵な人たちと出会ったなあと感慨深いです。知らない人だった湊人や策、成ちゃんや瞬のことが身近になり、奏や玲や、最初は胡散臭いと思っていた杉浦さんも含めて、周りの人たち全員でスクランプシャスを支えているのが嬉しくなりました。

キャラを身近に感じていただけるのは本当に嬉しいものです。このキャラたちがいて、お話が動いていたのですからね。自分にとっても出逢いとなりました。

> 小説はあくまで作品として作者とは別だと普段は考えているのですが、この作品にはけいさんご自身のお人柄がにじみ出ているなあと思いました。主人公や、メインキャストがいい人なのは、どの小説でもあることですが、それだけじゃないんですよね。袖触れあった多くの人から「超いい人」がにじんでる。たとえば、ラジオのパーソナリティまで。

そうですね。作品と作者は別物であり、一方で、一部同化もありかもしれませんね。私の場合は降りてくる、とか、声が聞こえる、というスタイルではなく、自分で何とかする、のタイプなので、結構自分が入っているかも(^^;) いたって普通の人です。

いい人しか出てこないというのは実は反省点の一つでもあります。ラジオのDJ君にまで目を向けてくださって、ありがとうございます。爬虫類の女とか入れたほうが、作品としてはより良いですよね(^^;) 飼おうかな、ちゃう(><)

お祝い(?)ありがとうございます。そうなんです。期間はかかりましたが、期間の長さの割に、お話自体はそれほど長くはないのではないかと実は思っていたりします。次のは今、考え中(今なの-_-;)

> P.S. 私も彩洋さんと同じく、「奏とくっついちゃえ」派ですので、次の関連する作品の中でもちらりと「実は上手くいっている」情報なんかが読めるのも楽しみにしています。

二人の応援をありがとうございます! とりあえず、ビジネス上はすでにパートナー。それから先は・・・引き続き見守ってあげてください。あ、ちょっかい出しても^^
2014.05.11 Sun 19:21
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - No title

ようやくラストまでたどりつきました。
田島くん、けいさん、お疲れさまです。

夢が「かなう」と「可能」をかけたタイトルだったのですね。

寄り道などしながら、ゆーっくり読ませていただきましたけど、これからスクランプシャスはスターになるのだなぁ。
ユキもあかねも思い切り応援していますよ。

先だってけいさんが、私のキャラは俳優にたとえてないんですね、みたいに言って下さいましたので、考えてみました。
フォレストシンガーズのみんなは顔はよくないので、もしももしももしもの∞くらいもしも、映像になるとしても、オーディションで顔のよくない俳優さんを選ぶしかないなぁ、と。

唯一顔のいい章が、特にいないのですよ。
けいさんだとうちの木村章、誰のイメージが近いですか?
思いつかれたとしたら教えて下さいませ。

脱線してしまいましたが、おまけに大幅に遅ればせですが、「夢叶」の完結、おめでとうございます。
さて、次はなにを読ませてもらおうかな。策くんかな。
2015.06.09 Tue 01:26
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - あかねさん

コメントありがとうございます。

わ^^ あかねさん、ラストまでありがとうございます!

> 夢が「かなう」と「可能」をかけたタイトルだったのですね。

タイトルはちょっと考えたので、そう言ってもらえるのはとても嬉しいです。
途中、ユキちゃんにも逢えて、茜さんにも登場してもらえて、楽しかったです^^

うん。実写・フォレストシンガーズ、良いですよきっと。
キャストは実際に音楽をされる方のほうが良いかもね。IL DIVOの方々のような・・・?
ちなみに、乾さんがロン毛(今短い)の方かも?
章くんは絶対にワイルドな感じ。エグザイルに誰かぽい人いないかな。
色々勝手にすみません(><)

次は・・・あかねさんのようなとりどりのレパートリーは無く・・・(-_-;)
策のところにお越しいただけるなら嬉しいです^^
いつも応援をありがとうございます!
2015.06.09 Tue 10:11
Edit | Reply |  

Name - 西幻響子  

Title - No title

読み終わりました~!
(遅ればせながら・・・)けいさん、連載、大変お疲れ様でした!
これだけの長編を書き上げるなんて、すごいです。
本当にお疲れ様でした。

とても印象に強く残っているのは、田島くんが瞬くんの死のことでまだ背負っていた苦悩を、鏡くんの手を借りて手放そうとするシーン。胸に迫ってくるものがありました。

鏡くんもそうですが、田島くんが日本に帰国してからの部分て、脇キャラもすごく光ってて、読んでて楽しかったです。
(ちなみに西幻は純と湊人のファン(*^^)v

そしてもちろん圧巻だったのが、ランページでのライヴシーン。ライヴの熱気がびんびんに伝わり、ドキドキしちゃいました。迫力のある言葉の奔流がすごかった。素晴らしいシーンです。

そしてなんとコラボレーションズに西幻を登場させていただいていたとわッ!これにはびっくりしました。ありがとうございます。ヴァイオリンだなんて、かっこいいじゃないか、西幻!(^^)!

最後は大団円でしたね。
おめでとう、田島くん。おめでとう、スクランプシャス!
けいさん、素敵な物語をありがとうございました(^^♪
2015.07.16 Thu 12:18
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 西幻響子さん

わっわっわ^^ 最後までありがとうございます。
「夢叶」は西幻さんに最初に発掘していただいたようなものですから、その西幻さんに読んでいただけるなんてうるうるです。

> とても印象に強く残っているのは、田島くんが瞬くんの死のことでまだ背負っていた苦悩を、鏡くんの手を借りて手放そうとするシーン。胸に迫ってくるものがありました。

おお。ありがとうございます。お話の初期で徹さんにきっかけを作ってもらい、成ちゃんに全てを教わる、という流れだったのですが、西幻さんに伝わるものがあったのなら嬉しいです。

なんと。純と湊人ですか^^ 
純は西幻さんのところの純平と字が一緒だなと思っていたのですよ。
湊人も良い子ですよ。(親ばか)

> そしてもちろん圧巻だったのが、ランページでのライヴシーン。ライヴの熱気がびんびんに伝わり、ドキドキしちゃいました。迫力のある言葉の奔流がすごかった。素晴らしいシーンです。

わ。ありがとうございます。
いつか銀ちゃんともランページで共演できたら嬉しいですね。

あはは。コラボレーションズに西幻さんは推薦されたのですよ。
それで、ご登場していただきましたあ。カッコ良かったよん!(^^)!

あとがき・番外まで目を通していただき、ありがとうございました。
こうしてあとから感想をいただくのも格別なものですね。
また物語を紡いで行こうという元気がいただけます。
今後もどうぞよろしくお願いいたします^^
2015.07.16 Thu 18:26
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。