オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

セカンドチャンス 6 月曜日(5) 

「うおわ」

ブルル、と着信を知らせる携帯の振動に起こされた。すぐに、中島さんがいないことに気づく。それと、まだ途中だった写経の用紙がないのが瞬時につながる。

「やっべー」

がーっとため息を吐く。夕べ、ギターの練習に気合が入り夜遅くまでやっていたのと、今日、慣れない出張で気を使ったのとで、少し疲れていたのかもしれない。未熟な俺は、自分に都合よく理由をつける。

机の上に車の鍵があるから、置いていかれたわけではない。それに少し安心して、携帯を見る。上田さんからだ。

『 >「コードG」 
これ何? お前ら成田でごっこ遊びでもして、手を抜いているのか。中島にちゃんと仕事しろと伝えろ。鍵鳥も、そっちできっちり仕事して来い。返信不要』

「は? こっちが何? なんですけど、上田さん?」

思わず口に出る。中島さんがぎっくり腰だと言って俺をだまし、成田出張に送り出した黒幕秘書のくせに。「コードG」にとぼけたって、絶対に知っているのは分かっている。

俺も半年たぬき、いや、上田さんと一緒に仕事をしてきたのだから、いい加減慣れなくてはならない。それにしても、将来表舞台に出るような人は、用件のみを言って寄こす。

「鍵鳥、起きたか」
「おわ。びっくりしたあ」

背後からふいに声をかけられ、肩がブルリとなった。しんとした中で俺は首を傾げて固まっていた。

「何ビクッてんだ。お前の写し、最後まで行ってなかったけど、奉納したから」

わわ、やっぱり。まずい。ひたすら中島さんに「すみません」と謝る。これ、上田さんだったら、針のようなほっそーい目で睨まれた上に、きっと口をきいてもらえない。

怒鳴られるより、そっちのほうがどんだけ恐ろしいことか。寛大な中島さんで良かった。いや、そこではなく。

「ま、居眠りして、リフレッシュしたなら良いけど。まさか、疲れちゃったわけじゃないよね。これからがメインイベントだから」
「これから?」
「秘書の仕事は、時に体力勝負。行くぞ」

カシャリと机の上から車の鍵を取り上げた中島さんは、次の展開に向けて気合が入っている様子。

見ると元気が出るCMに出てくる俳優のような中島さんと違って、俺には寝起きの栄養ドリンクが必要かも。なんてお願いもできず、急いで腰を上げた。



ちょっと待って、ちょっと待って。心の中の俺がビビる。

昼食をいただいたおかみさんのところの小料理屋で、地元支援者の方々との会合。と聞いていたから、安心してついてきたのだけれども。

「中島さん、これ、夕食会ですよね」

テーブルの上にずらりと並ぶビールの本数に、視線が釘付けになる。一応、確認のつもりで聞いたのだけれども、返事はもらえず。というよりも無視される。それで最低でもこの量は飲むのだと理解した。

「どうも、お疲れ様です。鍵鳥、こっちこっち」

中島さんは慣れたようにテーブルに着くと、「お忙しいところお集まりいただきまして」と早速音頭を取る。

「乾杯!」

続けて「飲め飲め」と宴会が始まった。議員支援者の会合というよりも、昔からの気心の知れた仲間たちが集まった、という感じ。それほど広くはないおかみさんの店が満席だ。仲間内の酒というのはハイペースになるもの。新参者の俺はついていけるのか。

さっきまでいた成田山で過ごしたひと時、写経しながら居眠りしてしまうほどの静けさは何だったのだろう。あそこでちょっとでも寝といて、良かったのかもしれない。なんて考えることは、不謹慎と言われてしまうだろうか。

「おい、新人」
「はい!」
「鍵鳥です」
「健ちゃんはいいから」

おっと、ここでは親ガモの助けがもらえないのか。俺は中島さんと並んで座っている。中島さんの向かいには成田事務所所長の前田さん、その横は確か後援会会長の黒澤さん。以前に成田の事務所で軽く挨拶をしたことがある。

そういえば、今朝の挨拶回りでは、黒澤さんのところには行かなかった。そんなことを思い出す。その黒澤さんが、なぜか新人の俺に興味ありありの様子。

「自己紹介しろ」
「はい。鍵鳥策です」
「策か。良い名前だ」

前にちょっと挨拶したからといって、名まえを覚えてもらっているわけではない。普段俺は、上野の事務所にいるのだから。

「策は、彼女いるのか」

後援会長、なんで名まえの次にこれが来る? なんて動揺しても、疑問を持ってもいけない。

「います」
「いるの?」

中島さんと前田さんが、声をそろえて身を乗り出した。

「って言っときます」
「なんだそれ?」

中島さん、ここ、流したいところなんですから、合わせてくださいよ。と言いたいけれども言えない。だから、なんとなく目で訴えてみようと試みる。

「俺も23ですから、なんとなく、くらいはあるかもしれないじゃないですか」

中島さんと前田さんが、声をそろえて「それじゃわからん」とにじり寄る。通じなかった、と少しだけがっかりする俺に、黒澤さんが「そりゃそうだ」と笑ってビールを差し出してくれた。速攻、「いただきます」と受ける。

「黒澤さんは、お仕事は何をされているんですか?」

こういう時は、突っ込まれる前に、話題を変えたい。

「うちは小さい工場をやっているんだ」

よしよし。せっかく地元に来ているのだから、俺のプライベートなんかよりも、地元の話をしよう。「そうなんですか」と大きく興味深げに相槌を打つ。

「空港や航空会社からの航空機関係の仕事を請けているんだ。パーツとかね。種子島から宇宙科学関係の仕事も来る」
「へえ、すごいですねえ。それって、技術系の珍職じゃないですか?」
「珍職? あえて言うなら職人職だよ。策、お前、面白いこと言うなあ」

黒澤さん、そのまま話し、持ってください。期待を込めてそっと祈る。

「自衛隊とかからも来るんですか?」
「いや、そっちからは来ないなあ。そっちは志郎さんとはつながらないからね」

なるほど。今日行った中学校で、中島さんと市長が話しているのを見た時も思ったのだけれど、政治と人とのつながりというのはなかなか面白い。

政治と金、ついでに女、と言うフレーズは良く聞くけれども、そもそも、人とのつながりが基本にある。

地元を大事にすることはもちろん、そこから始まる佐々倉先生の人脈は広くて深い。こことあそこが、どこでどうつながっているのだろう、といつも驚かされる。

「海外からの依頼とかもあるんですか?」
「うん、よく来るよ。うちの技術陣はなかなか凄くてな」

俺も成田の出身だから、黒澤さんの話す、工場と航空宇宙関係の仕事の話が面白くて、つい色々ときいてしまった。なんだこいつ、と思われていないことを願う。



< 前話  TOP  次話 >



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




おっと、まだ宵の口(酔いの口?)
月曜日のメインイベントは、これから・・・


ご訪問、ありがとうございます^^
『セカンドチャンス』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。


皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - No title

なんと、写経しながら寝ちゃったんですか。
確かに、静かで、疲れてるときには眠りに落ちちゃうかも・・・。
でも怒られなくてよかったね^^

あれ、上田さんはコードGを知らない?
仕掛け人だったと思ってたんだけど。
すっとぼけてるのかな? 

お次は宴会ですか。うん、秘書としてはこれも大事なお仕事かもしれませんね。
彼女の話題はさらりとかわして、(いや、聞きたいけど)地元のお話を聞きましょうか。
ここで聞いた話が、いつかなにか役に立つこともあるかもしれないし^^
月曜日は、次回で終わりですね?
けいさんも私と同じように、一週間を半年かけちゃいましょうよ。(と、誘ってみる(笑)
2014.06.21 Sat 11:38
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

写経しながらの居眠りはお約束です。
まだまだ甘い。

上田さんね、もちろん知ってますよ。
仕掛け人です。すっとぼけています。
業界にいそうな、なかなかの能面人物ですよ。
ボスとの仕事が忙しくて、このお話にはほとんど登場しませんが(^^;)

お次は宴会です。秘書さんのお仕事って、ホント色々あるみたいですね。
そして全ては先生のため。奉仕の精神です。

彼女の話は・・・かわしてやってください(-_-;)
地元もLOVEということで。

月曜日、次回で終わります。コードGの秘密も公開です。
引っ張りません(←いろんな意味で心配。すでに苦笑)

> けいさんも私と同じように、一週間を半年かけちゃいましょうよ。(と、誘ってみる(笑)

いえい。limeさんに誘われた。乗った^^
半年越えするかも・・・
いえ、策にとっては大事な一週間なので(-_-;)
最後まで(まだ月曜日のくせに ><)お付き合いくださると嬉しいです。
2014.06.21 Sat 13:21
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

むう。出張中に連載が始まってここまで進んでいた。。。
出張から帰ってきました。
またよろしくお願いします。
今回も追いかけて読んでいきますのでよろしくお願いします。

今回も空気が同じで私は好きですね。
軽快な感じとスルスル物語が進んでいくのは清涼感を感じて好きですよ。
2014.06.21 Sat 21:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

なんと。出張されていたとは。
どちらに行かれていたのでしょう。海外?

> 今回も空気が同じで私は好きですね。
> 軽快な感じとスルスル物語が進んでいくのは清涼感を感じて好きですよ。

わ。褒めてもらったのかな(と勝手に)。清涼感、すか。超嬉しいです^^
空気って、なかなか変わるものではないですね。
変わらない中でも、少しづつお試しを入れてみたいとも思っています。
引き続きLandMに気に入ってもらえますように。

こちらこそ、またよろしくお願いします^^
2014.06.21 Sat 22:30
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - あやや

寝ちゃった(笑)
顔にありがたいお経が移って耳なし芳一状態だったりして。

彼女の話、かわさないでくださいよ。
中島さんと前田さん、もっとつっこまないと!

でも、種子島とは、すごいですね。
日本の技術力、こういう方々が支えているのですね。
いろいろな方に会えるこのお仕事、捨てがたいですね。
2014.06.26 Thu 05:04
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あやや

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

寝ちゃいました(笑) お約束^^

> 顔にありがたいお経が移って耳なし芳一状態だったりして。

ぷぷ。これに受けてしまった。ありがたいやっちゃ^^

> 彼女の話、かわさないでくださいよ。
> 中島さんと前田さん、もっとつっこまないと!

後援会長のお陰で流されました(^^;)

> でも、種子島とは、すごいですね。
> 日本の技術力、こういう方々が支えているのですね。

これ、多分ですけど、実話に近いのでは・・・?
何気ない工場にいるオヤジが凄いもの作っているって、時々聞きませんか?
いや、気のせいかな・・・

> いろいろな方に会えるこのお仕事、捨てがたいですね。

そうですね。がたいんですけれど・・・(つづく ^^;)
2014.06.26 Thu 19:56
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - No title

居眠りからまさかの飲み展開に!!

コードG、いったいなんなんでしょう!恐るべし!!

策くん、ファイト!!一発ですね。
私がこっそり栄養ドリンクを送りたいですー^^

成田は空港があるから航空関係のお仕事などがあったり。(余談ですが、うちの父は空港で働いていたんです)

ここでは職人さんたちで、ちょっとわくわく。私、好きなんです!職人さん。自分の手先が器用ではないから、憧れがあるのかもしれません。

飲みはこれからますますヒートアップですね!たのしみ^^
2014.06.30 Mon 01:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - rurubu1001さん

コメントありがとうございます。

居眠りからメインイベントに向かいます。
って、たいしたことないですけれど(-_-;)

コードGは、月曜日のうちに片がつきますので(月曜の)最後まで^^
それまでにrurubuさんがこっそり栄養ドリンクを送ってくださいますように(笑)

> 成田は空港があるから航空関係のお仕事などがあったり。(余談ですが、うちの父は空港で働いていたんです)

おお。なんと、お父様が。どんなお仕事だったのでしょう。かっこ良い。
ここではメンテナンス系の職人職をピックしてみました。
ミクロンの世界に挑む、神業職人集団です(?)

いやほんと、たいしたことない(汗)
大きなことは起こらない月曜・・・(-_-;)
2014.06.30 Mon 22:04
Edit | Reply |  

Add your comment