オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33333HIT記念 『半にゃライダー 危機一髪! 「パラダイスの女神あらわる・オーストラリア編」 』 

33333HIT記念です^^

皆様からの応援のお陰で、8月上旬、大きな数字に達しました!!!

こうして皆様にお話をご覧いただけることが本当に幸せなことであり、励みになっております。
いつも本当にありがとうございます m(__)m

まだまだ未熟者のため、キリリクなど到底出来ないのですが、数字の「3」に合わせて、いえホント偶然に、ず~っと前にいただいていたこのお題で「シリーズ3」を描かせていただきました^^



半にゃライダーとは・・・

大海彩洋さんのブログ「コーヒーにスプーン一杯のミステリーを」に登場する謎の、いや、今や大人気のヒーロー(イエス!)。 面を被るとちょっとだけ強くなる。らしい。です。(「はんにゃ」と打ち込んだら「般若」より先に「半にゃ」に変換されるという話題から生まれたそう。)

まずは、シリーズ1・2をご覧いただくと、概要がお分かりになれるかと思います。

シリーズ1・「半にゃライダー 危機一髪! 宿敵の魔の肉球迫る」
シリーズ2・「半にゃライダー 危機一髪! 『ゲルマニクスの黄金』を追え」

シリーズ2は、ブログ「scribo ergo sum」八少女夕さんが、大海さんから引き継がれたスイス編です。

そして、夕さんからこちらに渡されたシリーズ3は、オーストラリア編です。(夕さん、やっと描けたよぅ)
えっと、色々と入っているのですが、ぷ、とか、ぷぷ、とか暖かく見ていただけると・・・(汗るよ -_-;)

じゃ、あとはマコトにまかせた^^


*** ***


日曜日の朝。

iTVのコントローラーに、ぴたっと肉球をタッチさせて番組を選ぶ。それからマコトは、いつもの定位置に正座して大画面スクリーンに向かう。

マコトの日曜日。このひと時ために、タケルが「猫でも簡単肉球タッチ操作」がキャッチフレーズの最新iTVを買ってくれたのだ。昭和のテクノロジーもなかなかのものだ。

さてこの番組、「半にゃライダー」。どこにでもいそうな普通のねこちゃんが、般若の面を被って正体を隠し、世界征服を企む悪の組織と戦う! 

勧善懲悪で爽快なストーリーが超人気を呼び、現在、シリーズ3。子どもたちだけでなく、ねこちゃんたちからの絶大なる支持も受け、視聴率もiTVの売り上げも招き猫上りだ(←このイミ不明さはスルーして)。

オープニングが始まった。スクランプシャスの歌う「半にゃライダースリー」。この疾走感、正義感あふれる歌詞、そしてドラマチックな盛り上がり、たまらない。すでにメガヒットし、オリコンチャートのトップに君臨中。

CMだって目が離せない。なぜなら、「半にゃライダー」のモデルとなったといわれる能楽師・京極瑞月が、彼の愛猫と共に出演しているCMが流れるからだ。マコトはこのCMの中で愛猫と戯れる京極瑞月を見て、彼のファンににゃった。

マコトもこのCMの中の京極瑞月と戯れる愛猫のように、タケルと戯れたい。かまってもらいたい。けれども、複雑なネコ心を持つため、もじもじしたりすねたりするだけで、素直にお願いできなかったりする。

さあ、そのCMタイムも終わり、いよいよ本編が始まった。



半にゃライダー 危機一髪!
「パラダイスの女神あらわる・オーストラリア編」



青い海、白い砂。光る太陽、透き通る水。まさにパラダイス。

「黄金色に輝く美しい海岸をゴールド・コーストって、そのまんまでストレートなネーミングだよね、ナオキ」

にゃん。と答えるナオキの返事に、「にゃんグラス、似合うよ」と満沢は目を細める。

ビーチには、二コール・キッドマン似やミランダ・カー似のオーストラリアン・ビューティーが横たわっている。その視線の先には、サーフィンに興じるレイトン・ヒューイット似やイアン・ソープ似がいた。

向こうではジェット・スキーを操るヒュー・ジャックマン似が派手な水上パフォーマンスを繰り広げ、その海水のしぶきにしみた目をうるうると潤ませる観光客に囲まれていた。

オーストラリアにはしかし、休暇で来たのではない。満沢にもその後いろいろあって、今回はオーストラリア駐在を命じられてやってきた。

奥さんと子どもを残してのこの海外単身赴任は、望んだものではなかった。かろうじて、家族とも言えるネコのナオキだけを、一緒に連れてくることができた。

「オーストラリア、いい所だね、思ったよりは。なあ、満沢」

後ろからかけられた声に覚えがあり、ぎょっとして振り返った。

「小和田常務。なんでここに」
「今は常務ではない。ここ、オーストラリア・ゴールドコーストの支店長だ」
「なに。支店長はこの私、満沢のはずだが」

眉間を寄せ、お互いに睨み合う二人。

「満沢。お前が支店長に命じられた次の日、ゴールドコースト店から5千万ドルの使途不明金が引き出された。小遣いにしては大きい。それを洗い出すために急遽俺が派遣された」
「私が疑われたわけだな。そんなでたらめ、調べればすぐに明らかになる」
「さあ、どうだか。とにかくお前の財産、日本の家屋は現在差し押さえられている」
「なに。一体誰の仕業。もしや」

満沢は、ギロリとした上目遣いで、小和田元常務を睨みつけた。

「ふふ。気づいたか、満沢。あの時の土下座の恨み。5千万ドルを背負ってもらう」
「くっそぉ~。私を甘く見ては困る。やられたらやり返す。倍返しだ。覚えておいていただこう」

(CM)

京極瑞月と愛猫の登場。マコトは、CMタイムだって姿勢を崩さない。

「今日の展開は早いな、マコト」

いつの間にか横にいたタケルにびっくりする。今日は忙しくて一緒に見てもらえないと思っていたから、横に来てくれただけですごく嬉しい。

半にゃライダー後半。マコトは正座しなおす。

(CM明けアイキャッチ)

街にあるおみやげ屋、触蚊屋マーケット・ゴールドコースト支店で、三人の日本人高校生が買い物をしていた。三人は修学旅行でオーストラリアに来ていた。

最近の高校の修学旅行は、海外に行くのが主流となっていて、その中でもオーストラリアは人気が高いらしい。時代も変わったものだ。

「あ、これ、不良品だ。瞬、ここ見て」

祥吾が今買ったばかりの羊のぬいぐるみを見せる。

「本当だ。ほつれてる。取り替えてもらいなよ、祥吾」
「俺のブーメランも傷んでいる」

成太郎もそう言うので、三人は触蚊屋マーケットに戻った。店員に交換を頼むと、引き換え手数料として商品以上の金額を請求され、そこでぼったくられたことに気づく。

周りを良く見ると、店には同じように不良品を買わされ、文句を言いに来た客でごった返していた。

「うるさい。安物好きのあんたたちが選んで買ったもの。こちらに責任はない!」
「不良品をうまくごまかして売っていたくせに。詐欺だ!」
「どうしたマネージャー」
「あ、支店長。客が・・・」

なんとそこに現れたのは、小和田元常務。支店長は支店長でも、触蚊屋マーケットのゴールドコースト支店長だったのだ。

「お前ら客は、黙って金を払えば良いんだ! 触蚊ルー、出て来い」

小和田支店長がそう叫ぶと、なんと店のカンガルーのぬいぐるみが「ルー」と言って動き出し、片っ端から客に触蚊ルーパンチを浴びせ始めた。

客たちがルーパンチの攻撃を受け、次から次へと倒れる。その倒れた客から、店のマネージャーが財布を盗み出し、現金もカードもどんどん金庫に入れていく。

「「「やめろぉー!!!」」」

祥吾・瞬・成太郎の高校生三人組だ。それぞれブーメランを手に果敢に触蚊ルーにたち向かった。

「ルー」
「ひ」
「ルー」
「で」
「ルー」
「ぶ」

けれども、地獄の軍団・触蚊ルーの前では簡単にやられてしまった。なけなしのお小遣いの入った財布が取られてしまう。こんな青春ってアリなのかと絶望しそうになったその瞬間。

「こっちを見ろー!」

おおお。満沢だあ。なぜかサーフボードに乗って登場だあ。(どうしてサーフボードに乗っているかは、突っ込まないでくれだあ。)ボードの先には、ちょこんと乗っかるナオキがいるだあ。

つい先ほど、日本からの情報で、触蚊屋マーケット・ゴールドコースト支店、小和田支店長の不正取引と不明金の引き落としについての詳細が知らされたのだ。間に合った。

「どういうことか、説明してもらおうじゃありませんか。小和田ぁー!」
「部下の手柄は上司のもの。上司の失敗は部下の責任、ということだ。じゃ、マネージャー、後は頼んだ」
「ルー?」
「待て、小和田ぁー。不正に引き出された5千万ドル。触蚊屋マーケット・シドニー店を開店するための資金とは大嘘で、ゴールドコーストに豪邸を建て、私腹を肥やしていた。先ほど、お前の隠し資産のすべてを差し押さえた。まもなく裁判所から通知が来て、オーストラリア国外追放となるだろう」
「なにぃ~。ふざけんなー」

逆上した小和田支店長は、テーブルに向かって両手で電話機をたたきつけて破壊してしまった。すると、それがお約束のポーズだったのか、なんと見る見るうちに、トカゲ怪人に変身を遂げたのだ。

「これはまずい。ナオキ、頼む!」
「にゃん」

満沢があの面を取り出し、サーフボードから飛び出すナオキに向かって投げた。

「やれーーー! ナオキーーー!」

ところがなんと、トカゲ怪人の小和田支店長は、自らの尻尾を切り離し、面に向かって投げつけた。それが面に見事命中。

「あー!」(出演者全員の口が「あ」の形になり、スローモーション)

トカゲの尻尾にはじかれた面は、海に飛ばされてしまった。

ぽちゃん。ザブゥ~ン。

「「「「あ”ぁ”~」」」」

絶句するナオキと満沢。にやけるトカゲ怪人・小和田。

すると、ビーチににわか渦巻きが起こり、なんと海の生命を司る女神・グランマンマーレポニョが現れた。美しく優しい声で、満沢に語りかける。

「そなたの探している面は、これか」
「鬼神の面・・・いいえ、それではありません」
「それでは、これか」
「般若の面・・・良く似てはいますが、それでもないのです」
「なんと」
「この手に欲しいのは、海に落ちた、半にゃの面、なのでございます」
「ううむ。正直者よ。そのマニアックな面は、妹たちの間で人気でな。プレミアムがついてしまった。申し訳ないが、どうかこの手持ちの二つで何とかして欲しい。それらが正義のために役立つことを願う。じぇじぇじぇ」

でえ”~~・・・などと言ってられない。

「ナオキーーー! 般若の面で、やれーーー!」

満沢の言葉に満面の笑みを浮かべ、ナオキはかぽっと般若の面を被った。

「ではお望みどおり、弁明(?)させてもらいましゅ。
ひとぉ~しゅ、人の世にょ生きちゅをしゅしゅり・・・」
「すみませーん、それはシリーズ1のやつでーす(撮影スタッフ)」

う”。NG。テイク2。

「死して屍、拾う者にゃあ~~し・・・」
「すみませーん、それはシリーズ2のやつでーす(撮影スタッフ)」

う”。NG。テイク3。

「やにゃれたらにゃり返す。
あなたには500倍返しにゃ。それが私の流儀なんでにゃ。
決まった・・・」
「いえ、ここまでに時間とってるじゃないですかー(撮影スタッフ)」
「今、ナオキが話してるんだ。黙って聞けー(満沢)」
「何だその口のきき方はー。俺は支店長だぞ、してんちょおー(小和田)」

とにかく、お約束の決め台詞タイム終了。

「ゴチャゴチャゴチャゴチャと、満沢! キミの! そういう態度が! 番組から問題ありと判断されたんじゃないのか!」
「何の話だ」

ズイン。

トカゲ怪人の小和田支店長が、なぜかライトセーバーを手に、ニンマリと不敵な笑みを浮かべる。スーハー、と不規則な息遣いが聞こえてきた。パワーアップしたのか。

ズイン。

心配には及ばない。半にゃライダー・ナオキだって、ライトセーバーの一本くらい持っている。

ズイン。ズイン。ズイン。ズイン・・・

文字では追えない剣闘シーンの速さ。(すみません。時間押しているみたい?)

ズイン。

ついに、半にゃライダー・ナオキのライトセーバーが、トカゲ怪人の眉間を捉える。寄り目でトカゲ怪人がほざく。

「半にゃライダー。なかなかやるな。最後にお前に取って置きの秘密を教えてやろう」
「にゃんだ。お前はすでに終わっている。これで最後だ。聞いてやろう」
「馬鹿め。ふふ。俺は・・・お前の・・・父親だ・・・」
「ノォ~~~~」

ナオキが一瞬ひるんだ。

「それを本気でおっしゃっているなら、あんたこそ大馬鹿だ! いまさらそんな言い分が通じると思うなよ!」

大丈夫。満沢がしっかりとサポートしてくれる。

「俺は世界平和を願う。二度と邪魔をしないでいただきたい」

そう言うと、満沢はオーストラリア政府から出された国外追放文書を小和田トカゲの目の前でバッと開いて見せた。

トカゲ目では文字が読めない小和田は、シュルルと支店長の姿に戻り、改めてその文書を手にしてガン見すると、がっくりとうなだれた。

「これで触蚊屋マーケットも差し押さえ、閉店。お前は、生涯もう二度とオーストラリアには入国できない」
「はい、わかりました」

小和田支店長始め、触蚊屋マーケット関係者は、首都・キャンベラから派遣されたオーストラリア出入国管理局に連行された。

「高校生の皆さん」

満沢が般若と鬼神の面を手に、ニコニコと祥吾たち三人に向かってきた。

「皆さんがあの触蚊ルーに向かっていったときの心意気はすばらしかった。勇気をもらいました。もしよろしければ、この面を受け取ってもらえませんか」
「でもこれは・・・」
「ナオキのは日本に帰ればスペアがあります」
「そうですか。ありがとうございます。大事にします」

満面の笑顔で、嬉しそうにその般若と鬼神の面を受け取ったのは瞬。祥吾にふふと流し目を送った。

「祥吾、修学旅行が終わったら、特訓だ」

祥吾の背中がガクブルとした。後のこの高校生三人の友情と青春については、別のところで語るとしよう。

スクランプシャスのエンディング。

最近、頻繁に半にゃライダー・ジャパンの宣伝がなされる。やはり海外ロケには費用がかかるらしい。

オーストラリアの触蚊屋マーケットはつぶされた。ビジネス失敗で海外からは撤退だ。けれども、本店、いや、本部アジトはやはりジャパンに。半にゃライダーの戦いは続く。ジャン。

ってことで、半にゃライダー、「フォー」に続くです。よろしく^^

あ、満沢役の、真田こみかどさん、どうされました?

「さっきから都合のいいことばかり書いてんじゃねーぞ、作者ぁ!」

すすす、すみませ~~ん m(__)m

エンドロール。



マコトはiTVの前で氷の彫刻のように固まっていた。なんだろう、今日のこの、何でも有りなエピソードは。ここまでついてきた自分を褒めてやっても良いくらいだ。

最後に理解できたことは、「半にゃライダーフォー」はどうやら日本に帰ってくるらしい、ということ。半にゃライダーの活躍する姿を妄想するだけで、マコトは心からハッピーになれるのだった。


おわり





にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


滝汗(><) 多くは語るまい(-_-;) 
初めて悪役描いた(^^;)
どなたかがマコトのために「半にゃライダーフォー」を拾ってくださると超嬉しいです。ね、マコト^^



お話の中に入れようとして入れられなかった、執筆裏話(^^;)

(1)満沢とナオキがフュージョンで合体し、パワーアップしたトカゲ怪人に立ち向かう。 → それでなくても、お色直しを多用していたのでやめました。

(2)セリフ「やられたらやりかえす。おもてなしだ! それが私のポリシーなんでね」(満沢用) → パクリのパクリだったので使用やめました。

(3)セリフ「やれるもんなら、やってみな!」(小和田用) → これは使おうと思ったのですが、入れられませんでした。



ここまでお読みくださいまして、本当にありがとうございました。
今後も大好きな物書きの精進に励んでまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

けい m(__)m

PS: わっわっわっ! 普段の数倍の小説ランキングポイントをいただいています。重ね重ね、ご訪問とポチ応援もありがとうございます! とっても嬉しいです^^ 感謝 m(__)m


ご訪問、ありがとうございます^^

ブログ『憩』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 八少女 夕  

Title - あはははははは

こんばんは。

大爆笑。「半沢」観ていなかったけれど、それでも知っているもんね〜。文字でだけ。

そして、なんかものすごく豪華になっている。何よりもオープニングもエンディングもスクランプシャスな上に、祥吾たちも出演! 視聴率ウナギ上りのはず!

ショッカーだと弱いんだけれど、カンガルーパンチは無敵ですものね。「ルー」はかわいいし、強くても許す! あ、間違った、そっちの応援しちゃダメか。

そして、修学旅行の後に、いったいどんな特訓が??? 怖いけれど観たい〜。その流し目の理由も知りたい〜。

無理矢理押し付けたのに、すばらしいオーストラリア編を書いてくださって、ありがとうございました。

そして、あらためて33333Hitおめでとうございます! これからも素敵な小説を紡いでくださるのを、楽しみに訪問させていただきます。
2014.08.27 Wed 04:19
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - ひゃ~!

おもしろい~~。
ひとりで笑い転げていました!!さすがけいさんwww
半沢直樹のパロディも最高だったけど、瞬たちが出てきたときはなんか、じ~~んと感激でした。
これこそフィクションの醍醐味^^
今回の猫ちゃんはナオキですね!
決め台詞、ちゃんと歴代のをわきまえてるところがナイス!
今回の敵の武器がブーメランってところもいいなあ~w
金の斧銀の斧パロ~~w
私的に、最後、瞬が般若の面を受け取って田島君に笑ったところがめちゃくちゃ感動シーンでした!(私的にw)
きっとその面、瞬はずーーーっと持っているんでしょうね^^
日本人帰って、特訓だ!(なんの?wライダーになるw)

何でもありなところがこのシリーズの醍醐味ですからね!
今回もめちゃくちゃ楽しませてもらいました。
ありがとう~~^^オーストラリアw
2014.08.27 Wed 07:30
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あはははははは

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

おお。笑っていただけて嬉しいです。
ふふ。私もYouTubeで見れる範囲でしか見ていないのです。
けど、それでも面白かった^^

あは。豪華だなんて。嬉しいです^^
このお話にはスクランプシャスにも祥吾たちにも貢献してもらいました。
けど、そっちの応援しちゃダメですよっ^^

祥吾がボーカリストとしてあるのは、高校時代に瞬に鍛えられたからなのです。
その特訓といったら、まさに般若と鬼神によるしごき。怖いよ~観たい?

お祝いありがとうございます。
夕さんがオーストラリア編を楽しんでいただけたのなら嬉しいです。
もらってみるもんですね。なんか新発見でもしたような気分(?)
パスしてくださり、ありがとうございました^^
2014.08.27 Wed 19:15
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ひゃ~!

limeさん、コメントありがとうございます。

わ。転げていただけましたか。良かったです^^
瞬たち、意外にすんなり入っているのでは? と自画自賛(^^;)
醍醐味ですね^^

> 決め台詞、ちゃんと歴代のをわきまえてるところがナイス!

これ↑、超大事ですから。ね。

> 金の斧銀の斧パロ~~w

これ↑、サブタイトルですから。(そうすけが出せなかった・・・)

> 私的に、最後、瞬が般若の面を受け取って田島君に笑ったところがめちゃくちゃ感動シーンでした!(私的にw)
> きっとその面、瞬はずーーーっと持っているんでしょうね^^

わ。ありがとうございます。
これでまた、limeさんのあの桜幻想のイラストにつながりました。
瞬を描くときはあのイラストが常にあるのです。
ずーーーっと持っています。
祥吾にしごきを入れるために(いえ、私がではなくて、瞬がですよ^^)

いやいやホント、なんでもありで(汗 ^^;)
limeさんに楽しんでいただけたのなら、とっても嬉しいです^^
ところでlimeさん、半にゃライダー、日本に戻るんですけど?
2014.08.27 Wed 19:39
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - あはは~~

半にゃライダー、どんどん豪勢になっていく~~
オールキャスト総出演、満員御礼(?)、売り切れ御免(?)の世界になっていっていますね!
あぁ実は私も半沢直樹を見ていない不届きものですが、それでも面白かったぁ。満沢かぁ。そして、ナオキ……(^◇^)
カンガルーのキックは効きそうだぁ。すばしっこそうだし、触蚊屋も考えたなぁ。世界征服を企んでいるだけあって、ちゃんと地域の情報を仕入れて検討しているんだね。(って、感心してどうする(@_@))
密かに、ポニョ設定もきっちりでてきていて。妹たちに取られちゃった半にゃの面(#^.^#) どんなプレミアム。
で、そこへ修学旅行で田島くんたちが……何より瞬くん、登場が良かったですね(あ、成太郎も忘れてないよ~)。てことは、このメンバーもライブパフォーマンスで般若の面を被って……あぁ、そうかぁ、ドラマの中と番組のテーマ曲を歌うスクランプシャスと、二重構造だ!
すっかりワールドワイドになった半にゃライダー。でも日本に帰ってくるのですね。次は誰かな……ワクワク(アブナイチェーンメールのようだ)。
あ、来た……

こんちには! けいしゃん!
あのね、えっとね、ぼくね、えっとね、あいてれび? にくきゅうでたっちできるの、うれしいでしゅ。
タケルはテレビはたたいてなおせるのが好きでしゅ。しょうわ、なんだって。それからね、ぼくのねこ心、わかって下さってありがとでしゅ。

マコト&彩洋でした(#^.^#)
2014.08.28 Thu 02:52
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あはは~~

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

豪勢ですか。ふふ^^
もう、Ausのみんなにご出演いただきましたよ。
大海さんに喜んでいただけるなら嬉しいですね。

コアラも実は意外にすばしっこいのです(起きているときは)。けど、今回はカンガルーに出演してもらいました。感心してはいけません。ポニョに睨まれるかも、いや、ないな(-_-;)

祥吾・瞬・成太郎の高校時代は青春でしたあ。クサ青春^^
ちなみに、般若の面を被るのは瞬だけで、祥吾がその怒りの標的となり、成ちゃんは逃げ役(瞬が怖すぎて。祥吾を助けてはくれない・笑)

シリーズ4でもスクランプシャスはテーマ曲歌いますよ~^^
半にゃライダー、ワールドからユニバースへ。なんてどうですかね。大海さん^^

おお。マコトォゥ!
iTV、気に入ってくれたかな。タケルが買ったんだけどね。
マコトのいじらしいねこ心はみんなわかっているよ。
まだ、だるまさんがころんだしてるのかな。
いや、モノレールでタケルをばんざいさせるのはマコトだけだって。
全然ちがーう(><)
またいつでもこっちに遊びに来てね^^
2014.08.28 Thu 17:03
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - pufufu

半にゃと言い出したのは、たぶん私です。
こんなふうに広がっていって嬉しいなぁ。
大海さんがノッテ下さったおかげもありますね。

私は「半分にゃんこ」
大海さんは「半人前にゃんこ」
と解釈したわけで、同じ「半」でも人によって切り口がちがうのも面白いですよね。

けいさんもこんなの、書いて下さったんだぁ。
楽しいですね。

私もうちの幸生にマコトくんがからんでくれないかなと、そんなストーリィを考えてはいるのですが、なかなか形になりません。
なにか降ってこないものでしょうか。
2014.08.29 Fri 10:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: pufufu

あかねさん、コメントありがとうございます。

そうでしたね。コメ欄での大海さんとのやり取りを何となく覚えていますよ^^
うちの場合は怖い顔の般若でできたのでへえと思っていました。

半分と半人前かあ。おもしろいですね。
あれから、こんな風な展開にもなっていますけれども・・・(-_-;)
夕さんから渡されたときは、ドキドキでした(><)
あかねさんに喜んでもらえたなら嬉しいです^^

うんうん。幸ちゃんとマコト、良いかも。
降ろうが降るまいが、是非^^
ちなみに、半にゃライダーは日本に帰りますからね~^^
2014.08.29 Fri 22:48
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.30 Sat 18:58
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

33333は、アクセスの記念です☆
お祝いと、ポチ応援もありがとうございます♪

おっしゃる通りで当たりです^ ^
また是非お越しくださるとうれしいです。
こちらからも、訪問させてくださいね^ ^
よろしくお願いします。
2014.08.30 Sat 19:35
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

おお~~おめでとうございます。
何にしても区切りまでいくのはうれしいこと。
これからもお互いに頑張りましょう~~。
私が祈るのはそれだけです。
( ;∀;)
2014.08.30 Sat 19:59
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

お祝いありがとうございます。

はい。嬉しいですね^ ^
そうですね。どんだけできるかわかりませんが、頑張りましょう~~。
ホントそれだけで充分です^ ^
2014.08.30 Sat 22:05
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。