オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

セカンドチャンス 24 木曜日(4) 

全国チェーンのこのファミリーレストランは、なじみのある名まえとロゴで俺たち二人を迎える。他店と違うのは、この店は海沿いにあり、入り口から入って向かいに進むと、大きな窓から海の見える席が並んでいるところだ。

季節が夏ではないためか、店はそれほど込んでいない。ミヒロが外のテラス席のほうを指差すと「どうぞ」と笑顔で案内された。

テラスからの景色は、まさにオーシャンビュー。初秋のクリアな空気の中に見える空は青く、その色を映す海も青く透明に輝く。オーダーも忘れて、しばし遠い目になった。

「ご注文はお決まりでしょうか」

決まってねえよ。「すみません」とミヒロがあやまり、とりあえず季節はずれのマンゴジュースをたのむ。

メニューは他店と変わりはない。朝がぶどうだけだったから、実は無性に腹が減っていた。ビーフ100%のハンバーグ。味付けはしょうゆ味でもデミグラスソースでもどちらでも良いのだけれど。とりあえずしょうゆで。

「ご注文は以上でよろしいでしょうか」

パートのおばちゃんが、とびっきりの笑顔でメニューを下げる。平日の昼は、案外ローカルでのんびりとしている。

「策、本籍、まだ成田だよね」

マンゴジュースを口にしてから、ミヒロが話題を振ってくる。はいはい。それも免許証情報ね。いやまてよ。最近の免許証って、本籍見えないようになってるんじゃなかったっけ。俺の、どうなってるっけ。

「俺も出身、成田。成田市立成田東小学校。でも、小学校一年だけで転校した」

なんと、実は俺も同じ東小学校、卒業。それって、すごくローカルな共通点だけど、何年前の話。

「両親が離婚して、母親が姉である伯母さんを頼って、岬岩に引っ越したんだ」
「へえ。小学校一年からじゃあ、成田よりも岬岩のほうがミヒロの地元みたいなもんだ」
「そうだね。綾ちゃんと行ったあの旅館の和室に、しばらく住んでたんだ」

住んでたのか、あのスイートに。いや両親の離婚だったなら、状況は大変だったのだろうか。スイートといっても二部屋でキッチンも無く、生活感には欠けるではないか。

まあ、ミヒロのプライベートには、いまひとつ突っ込む気になれず、「ふーん」と適当に流す。

「ここ、ファミレスにしちゃ、ロケーション最高でしょ」

ミヒロはここに来たことがあるのだろう。何かを探すように、海のほうへ目を向ける。俺が話しに乗らなくても、気にする様子はない。

太平洋を渡る秋風がさわやかで心地良い。向こうのほうに見える水平線が、ゆるりと地球の形を見せている。夜になって、遠くに漁火でも見えたら、きっと雰囲気あるだろう。

ミヒロのロン毛が、海風に軽く流されている。こいつの頭はボサ頭ではなく、ゆるくカーブのかかるクセ毛のようだ。

目の前をゆらゆらする前髪を気にせず、ミヒロは紅茶色の目を細めて遠くを見ている。何を考えているのだろう。その目が海の上で何かを見つけたら、俺を置いてそっちに行ってしまいそうだ。

いや、ミヒロが今、何を見ていようが、何を考えていようが、どうでも良い。俺の頭の中は、メシ食ったら電車でうちに帰る。それだからな。

「お待たせしました」

ジューという、うまそうな音と共にランチの登場。しっかりした肉感、たっぷりの肉汁がたまらない、絶品のハンバーグ。メニュー通りだ。

食い物が来ると、景色などそっちのけになる。まあ、野郎の脳なんてそんなものだ。もふもふと食べる。

「俺、アニキが二人いるって言ったでしょ」

二人、とは聞いていないが、ま、二人なんだ。ミヒロがまた話し始める。

「両親の離婚のとき、俺は小学校一年でまだわけわかんなかったけど、一番上のアニキは中二で結構大変だったらしい」
「中二といえば、思春期で反抗期だからなあ」
「成田にいたときは、運動部で友達もたくさんいて明るい性格だったのに、岬岩に来てからは、難しい顔して海と灯台の絵ばかり描いていたんだって」
「中二で部活をやめて転校は痛いよね。けど、それは『反抗』というのとはちょっと違うんじゃない?」
「母親とほとんど口を利かなくて、それが大変だったらしい」
「なるほどね」

両親の離婚というのは、子どもに大きな影響を与えるものだ。ミヒロが小学校一年のときから、父親のいないところで育っているのだとしたら、年上のお兄さんの存在はミヒロの中でとても大きなものなのだろう。

「週末も旅館にいないで、一人でバスと電車で成田山まで行ってたんだって」
「成田山? 新勝寺? なんでお寺に?」
「面白いでしょ。親父の知り合いのお坊さんに頼んで、本堂の片隅で不動尊を描かせてもらっていたんだって。そのとき何百枚と描きまくったらしい。

そのお坊さんが、母親に連絡していてね。その話によると、アニキはお不動さんみたいな目を吊り上げた顔して、一心に描いていたらしい。お不動さんの表情に自分の気持ちを落としているのだろうって。

そう言われちゃあ、親でも『遠いから行くな』とは言えないよね。週末、成田に行くときは朝早く出て帰りも遅かった。お寺に泊まっちゃったときもあったらしい。

そんなに成田が好きなのか、週末旅館にいるのが嫌なのか、きっと両方なのだろうって、母親が伯母さんにぼやいていたみたい。

アニキが描いたお不動さんの中でも、一番目ぢからがあって、今にも動き出しそうなやつが、成田山のどこかに掛け軸になって飾ってあるんだって。俺は見たことないんだけど」

もしかしたら、俺はそれを見たことがあるかもしれない。月曜日に中島さんと一緒に成田山に行って、写経をしたときのことを思い出す。

案内された部屋にあった、お不動さんの掛け軸。その目と視線が合ったように感じ、足を止めるほどに見入った。あれではないか。そう思うと、心臓の鼓動が妙に早まった。

「この話、俺は全然知らなくて、二番目のアニキが教えてくれたんだ。その二番目のアニキもすごいんだよ」

ミヒロがアニキ自慢を続ける。俺の都合は無視されているが、このアニキ話は結構面白い。聞き耳を立て、ハンバーグを食べながら、鼻で相槌をうった。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




アニキ話が(も)長いので、いったん切ります。
策と一緒に、ミヒロの話を聞いてもらえると嬉しいです。



今年の仕事、終了です。クリスマス・ホリデーのスタート(T^T) 

最終日のランチには、いつもおすしをふるまうのですが、今年は最後の最後までいろいろあって、作れなかった。みんなが最終日、とっとと早上がりの中、私はボスとチームの仲間と一緒に3時間の残業。3時間、みんなよりホリデーのスタート遅れたけれど、今年の仕事を今年中に納めたことで仲間と祝福(^^;)

ふらふらで家に帰って数時間後。ご近所のストリート・パーティーに呼ばれていて、飲み物とデザートを持って家を出発。ほんの数分なのに、ご近所なのに、なぜーどうしてー(><) 迷うかな~~(-_-;) お家、どこだっけ? と電話。表に出ていてくれた・・・(笑えない -“-)

もう、明日から、いえ、今から思いっ切り休みますっ!(誓)

皆様も、寒くてお忙しいところ、お体とご近所で迷うことにはお気をつけください。(なんか、全然違う -_-;)

ご訪問、応援を、いつもありがとうございます。


けい (*^^*)


ご訪問、ありがとうございます^^
『セカンドチャンス』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - ホリデー突入

ミヒロ、やんわりじわじわと、策にいろいろ語り始めていますね。
今度はお兄さんの話。
でも不思議と、策のたどった道とリンクするような・・・。
成田山、不動尊の絵。
これらは何処で繋がるのでしょう。
それとも、本当に偶然なのか。
はい、謎だらけですが、ミヒロの話、策といっしょに聞きますね。

そして、お疲れ様でした。ホリデー突入ですね。
この年末ホリデーは、長いのでしょうか。
暖かい、夏の年末・・・。私にはどうも想像できないのですが。
暖かいのですよね!(何度目) いいな~。

私は30日までびっちり仕事です。
正月は親戚のお年始まわりで全くゆっくりできず、そして4日から出勤。
ああ、のんびりしたい・・・。
チーフ曰く。「あんまり長く休むと、ボケるでしょ?」
ボケたっていいもん~。←なぜかここで愚痴る
2014.12.21 Sun 12:24
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ホリデー突入

limeさん、コメントありがとうございます。

ミヒロ、いろいろ語ります。策の事情は無視されます(笑)
ミヒロにはアニキが二人いて・・・成田の話に流れ・・・
これらは、偶然なのか、必然なのかあ・・・(言わないよーん ^^;)

ミヒロの小出しは続く。恐らく最終話まで。
えっと、limeさんの真似ですから。ミステリーじゃないけど(^^;)
いえ、ミヒロにはわけがありすぎるのです。かも(?)

なんと。limeさんより、10日も早くにホリデーが始まり、申し訳ない。
いえ、今までた~いへんだったのですからっ(><)
はい。クリスマスホリデーが一年で一番長いですね。夏休みですから^^
うん。暑くなってきました。35度^^で、まだ40度以下。ふふ。
ボケるほど、休みます! (ここ、キリリ)

またミヒロの話を、策といっしょに聞きにいらしてください^^
2014.12.21 Sun 14:40
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - そうかぁ

クリスマス休暇ですね。少しゆっくりできるといいですね(*^_^*)
そして、早く策がギターの練習ができたらいいなぁ…・・じゃなくて。
まだまだミヒロのお話は続きそうですね。それにしてもこの事情の中の何が策の将来のことと関係していくのか、あるいはもう全く関係なく独立したエピソードなのか、まだまだ不明なことが多いのですが、何はともあれミヒロの事情はそれ自体興味深いですよね。
レストランの描写、何だか臨場感というのか、日常感があって、とても楽しく拝読しました。
シドニーの事件、本当に心が痛みます。イスラム国がどうという以前に、自分の不埒な行いの理由を外部に押し付けるような輩が人間としてあり得ません。亡くなられた方のご冥福をお祈りしたいと思います。
続き、待っていますね(*^_^*) そして、素敵なクリスマスを!
2014.12.21 Sun 17:52
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: そうかぁ

大海彩洋さん、体調すぐれないところ、コメントありがとうございます。

クリスマス休暇はゆっくりしますよ~(←多少ずれのある気合)
大海さんもご自愛されてくださいね~^^

はい。策のギターも気になるところ(?)ですが、そんな策の事情を知らないミヒロが語ります。
策の将来との関係は・・・大海さん、鋭いです。けど、言わないよーん(^^;)
とりあえずここではミヒロの事情を小出ししていきます。小出ししかできなく・・・(-_-;)

> レストランの描写、何だか臨場感というのか、日常感があって、とても楽しく拝読しました。

わ。すごく嬉しいです^^
常々、日常というもの、普通ということ、身近なことを描きたいと思っているので、この褒め言葉は嬉しいです^^
登場人物も普通の人。エピソードもあるある。けれども、そこにドラマがある、みたいなのが描けたらなあと。なんちて。
策もミヒロも作者の中ではその辺にいる人、なのですよ実は^^
ですよね。(と同意を求める -_-;)

シドニーの事件についてのコメントをありがというございます。事件の起きたエリア、花束の置かれた場所にも行った(歩いた)事があってよけいに。今年はAus、いろいろな分野で例年より辛いことが多いような。スポーツでも衝撃的に悲しいことがあって・・・。来年はbetterな年になると良いな。

続き、クリスマス前に一話、アップの予定です。
大海さん、お体をお大事に。そしてまたお越しくださいますように^^
2014.12.21 Sun 19:59
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - こんにちは

ミヒロ、謎ですね。
策相手にお兄ちゃんの話を熱く語りはじめた真意は?
策が帰りたがっているのは知っているのに、帰さないつもりっぽいですよね?
えっと、ギターの練習したいって、策は言った方がいいと思うけれど。
そうしないと、もしかして日曜日も拉致(?)されたままかも。

でも、読む度にミヒロファミリーに愛着が出てくるのはけいさんのストーリーならではですね。
この後どうなるのか、楽しみです。

そして、クリスマス休暇は夏休みなのですね。
そっか、南半球だなあ。

私はあと三日で仕事納めです。24日は四時でお店が閉まっちゃうので、火曜日までにお店に行かないと! クリスマスは「嫁の務め」もあるし、私としては忙しい時期ですが、それが終わったらのんびりしたいです。

けいさんも、お休み、ゆったりと楽しんでくださいね。
2014.12.21 Sun 23:29
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: こんにちは

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

ミヒロ、こんなにしゃべっているのに、謎が増えちゃうのはなぜでしょう。
おかしいなあ、ミステリーではないはずなのに(-_-;)
策相手にお兄ちゃんの話を熱く語りはじめた真意は、帰りたがる策を帰さないためかもね(時間稼ぎか -_-;)

> えっと、ギターの練習したいって、策は言った方がいいと思うけれど。

夕さん、鋭い。そうですよね。
この先策がこれを言えたら、よく言ったと褒めてやってくださいますかね。
そうでないと、日曜日がマジヤバイ。

> でも、読む度にミヒロファミリーに愛着が出てくるのはけいさんのストーリーならではですね。

わ。愛着ですか。すごく嬉しいです。
どちらかというと、ストーリーと構成先行でお話を進めているので、それにキャラがついて来てくれているのを言ってもらえるのは本当に嬉しいことです^^
ミヒロファミリー^^ は、親戚、アニキ、実はまだ出てきます(←お礼の今後のネタバレ)

そうなんです。クリスマス休暇は夏休みなのですよ。
なかなか良いものですよ。

スイスのグリーンクリスマスも良いですね。
常緑針葉樹の森に囲まれていらっしゃるのでしょうか。
うちの周りは麦の収穫も終わり、ドライなベージュって感じですかね。

あぁ、「嫁の務め」のクリスマス。わかります~。こちらもファームのお母さんたち、気合入れてます。
お忙しい時期でしょうけれど、実は一年の中で一番ワクワクする時期ではないでしょうか。
お互いにこのシーズンを楽しみましょう^^
2014.12.22 Mon 10:30
Edit | Reply |  

Name - 城村優歌  

Title - No title

ちょっとずつ繋がったパズルの絵柄が見えてきて……
という雰囲気ですね。
千葉ってあまり行ったことがないのですが、
海岸沿いはいい気持ちでしょうね。
写仏、兄貴ふたり…離婚…さあて、
パズルがぴったり合う時の感じ、予感して待っております。

長髪、やばいっす。今回、萌えポイント、突かれすぎです。
頭の中では、「Life」って映画の綾野剛くん像が、
ミヒロにだぶっています。

クリスマス&夏休み、パーティーたくさんで楽しそうですね^^
もしかしたら、方向音痴?(笑)
だとしても、新年もまっすぐけいさん路線をつき進んでくださいね。
よいお年を~(ってまだ早いか!?)

2014.12.23 Tue 17:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 城村優歌さん

コメントありがとうございます。

絵柄が見えてきましたか。良かったです。
なぞが増えていくばかりだったらどうしようかと(汗 -_-;)
私も千葉というか、成田空港くらい・・・
あとはググっていて・・・なぜこの地を選んだのでしょう(?)
いつか描いたこと確かめにいかなくちゃですね。

お話の中でパズルを合わせるのは最終話まで引きますが(-_-;)、そこまで行かなくても、なんとなーく、そうじゃないかなあとお分かりになるのではないかと思います。小出ししていきますので(^^;)

> 長髪、やばいっす。今回、萌えポイント、突かれすぎです。
> 頭の中では、「Life」って映画の綾野剛くん像が、
> ミヒロにだぶっています。

わ^^ ありがとうございます!
実は城村さんだったらきっと綾野剛さんでくるなあと思っていましたよ。あたった^^
ウエーブヘアもひょうひょうとした感じもぴったりではないでしょうか。
イメージを当てて読んでもらえるのはとっても嬉しいことです。
ふふ。他にもミヒロ、いないかなあ~

クリスマスは、希望としてはのんびりと過ごしたいですね。
方向音痴疑惑は・・・ま、ね^^ (天然説に含まれるかな^^)
けいさん路線・・・。ぷぷぷ。これで行きましょうか。つき進んで行きます(キリリ)

早くたって、何回だって、良いですからね~
城村さんも、お体にお気をつけて、よいお年を~^^
2014.12.23 Tue 20:01
Edit | Reply |  

Add your comment