オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドチャンス 27 木曜日(7) 

ミヒロのおじいさんが、俺にもにこやかな笑顔を向けてくれる。顔のしわの数と深さが、人生の経験値と深さを語るようだ。そのくちゃっとした表情が、ミヒロと同じようにうんと優しい。

「友だち連れてきたのか。いらっしゃい」
「ああ、そうそう。鍵鳥策くん。成田のときの友だち」

またミヒロにぎょっとさせられる。成田時代のミヒロのことなんか、俺が知るわけない。こいつに心臓を掴まれるのは、これで何度目だろう。とにかく、平静を装い「どうも」と挨拶をする。

「成田? へえ、そんなに古い友だちなんだ」
「いや、ずっと会ってなくて、偶然、すごい久しぶりに会ったんだ」
「そうかい」

なんのためらいもなく、すらすらと話すミヒロを凝視する。こんなこと、もしもあとで突っ込まれたら、俺はフォローできない。ホント心臓に悪いぜ、ミヒロ。

俺の胸の内なんか、こいつは絶対に察していない。素直におじいさんとの再会を喜んでいる。ま、それに水を差すつもりはないのだけれども。

「手伝うよ。カレーでしょ」

ミヒロが台所に入っていく。そうなると、俺も手伝わないわけには行かない。俺も包丁を借りて、ジャガイモに手を伸ばす。

「今日、泊まっていくんだろ、三広」
「うん。灯台に泊まっても良い?」
「良いけど、風が冷たくなってきてるから、暖かくして行きなさい」

二人の会話に耳を傾ける。普通に仲の良い、おじいさんと孫の会話。ミヒロのお母さんのお父さんかな、などと勝手に想像する。

三人で用意したカレーは、すぐに出来上がった。キッチンもダイニングも、カレーの匂いでいっぱいになる。

「いただきます」

テーブルに着く。俺の横にミヒロ、ミヒロの向かいにおじいさん、おじいさんの横、俺の向かいの席にはアコースティックギター。実はここに来た時から、ずっとそれが気になっていた。

「おじいさんは、ギター弾くんですか?」

素朴な疑問。何気なく聞いてみる。

「ああこれは、息子の形見。息子が学生時代にずっと使っていたやつなんだ」
「息子さんの形見、ですか。悪いこと聞いちゃって、すみません」
「いや全然。もう何年も経っているんだ。原因不明の突然死でね」
「策も『村崎一人』って、名まえくらいは聞いたことあるでしょ。昭和のカリスマ・シンガーソングライター」

横からミヒロが付け加える。村崎一人だと。俺の頭にカッと血が上る。

「村崎一人といったら、日本人なら誰でも知ってる超国民的スター歌手じゃないか」
「じーちゃんは、その親父さん」

俺は目を丸くする。ギターの横に座るおじいさんは、カレーを頬張り、ただ目を細めるだけ。

「へえ、ミヒロのおじいさんが」

いや待て。俺はまたドッキリして、ミヒロに聞く。

「まさか一人さん、ミヒロのお父さん?」
「違う違う」

ミヒロは笑いながら首を大きく振る。

「俺の母親の二番目のお姉さん、つまり俺のもう一人の伯母さんのつながり。伯母さんが、一人さんの奥さんなんだ。俺はじーちゃんの孫じゃなくて、何て言うのかなあ、この関係。じーちゃんとは血のつながりはないけど、ちっちゃい頃から母親と一緒に良くここに遊びに来ていたから、まあ、親戚のじーちゃんてこと」
「岬岩の優子さんのところにも行ってきたのか。じゃあ、真理子さんにも、三広がここに来てるって連絡しなくちゃ」
「いいよ、じーちゃん、俺、明日には東京に帰るから」
「じゃあ、明日三広が東京に帰る、って、そう連絡しよう」

ミヒロが「いいよ」と言っているにもかかわらず、おじいさんは席を立ち、電話を取った。ミヒロが困った顔をして、カレーを一口、スプーンですくう。

「もしもし。あ、湊人?」

その一言で、俺の動きの全てが止まった。カレーの肉がのどに引っかかったかのように息を詰まらせ、受話器を持つおじいさんを凝視する。

「じーちゃんだけど。おう、元気にしてるよ」

村崎湊人。そうだよ。先週の日曜日に会ったばかりじゃないか。湊人が伝説のカリスマソングライター・村崎一人の息子。今は祥吾さんのバンドでベースをやっている。

有名な音楽雑誌にスクープのように書かれて、俺だって湊人に会う前から知っていた。実際に会った湊人は、明るく陽気なヤツで、先週の日曜日、祥吾さんの前で緊張する俺に、気さくに話しかけてくれた。

その湊人が、電話の向こうに。

「お前、大学どうしてる? 行ってんのか。いつ卒業できるんだ? あ、待って待って。真理子さんいる? 買い物? そうなんだ。あ、待ちなさいって、湊人」

湊人と電話で話すおじいさんを気にしつつも、ミヒロは普通にカレーを口に運ぶ。俺はカレーどころではない。体全体が熱くなり、額にじわりと汗が浮かぶ。もちろん、カレーが辛いからではない。

「今、三広がうちにいるんだよ。そう、三広。本当だよ。うん、やっと。え、しゃべるか? 三広、湊人が話したいって」

おじいさんが、「ほれ」と受話器をミヒロに差し出す。ミヒロは困ったような、嬉しいような顔をして受け取る。

「おう、湊人。久し・・・うわ、叫ぶな。耳つぶれるだろ。はは。元気だよ。いや、ずっと東京にはいたんだけどさ」

この目の前の展開に、今、俺がどれだけ驚いているか、お前にはわからないだろう、ミヒロ。湊人とは、今度の日曜日にもまた会うんだ。一緒にセッションするんだよ。

心臓の深いところから体の先端まで震えるのを感じる。

「湊人、お前のバンド、いつデビューするんだよ。わかんねえ? え、新メンバー?」

湊人がミヒロにメンバーの話を。スプーンを握る手にぎゅっと力が入る。震えるのを抑えるために、口の中の肉を奥歯でグッと噛んだ。

「へえ、そうなんだ。楽しみだね。ま、デビューのときは知らせてよ。CD買うから。わかった、わかった。明日帰るから。そしたら連絡先、絶対に教えるから。伯母さんにもよろしく伝えといて。じゃ」

ミヒロが受話器をおじいさんに返す。話は済んだけれど、早鐘を打つように走る俺の胸の鼓動は、そうすぐには収まらない。

「ミヒロとベースの湊人は、従兄弟なんだ。だからバンドのこと」
「お、策、ちゃんと湊人のことも知ってるんだ。じゃあ、バンドがデビューしたら、策もCD買ってやってね」
「お、おう」
「ライブも一緒に行こうぜ。俺、まだ行ったことないんだ」

ミヒロの突っ込みに「そうだな」と苦笑する。俺もバンドのライブを見に行きたい。けれどもミヒロ、それよりも俺は、湊人や祥吾さんたちとライブをやりたいんだ。そこに、ステージに、一緒に立ちたいと望んでいる。

あと少しで、その望みが掴めるところまで来ているのだ。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




湊人!!


ご訪問、ありがとうございます^^
『セカンドチャンス』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 八少女 夕  

Title - うわぁ

こんばんは。

だったら、もう秘密とか言っていないで、そこのギター借りなさい、策!
偶然じゃなくて本当に村崎さんご一家でしたか。
ミヒロ、本当に知らないで策を連れてしてきたのかしら。

そして、カレー、食べたくなりました。
明日から旅行なので我慢するけれど、戻ってきたらカレー作るぞ。
それが新年の抱負です。

というわけで、次回を楽しみにしています。

けいさん、一年間仲良くしていただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年を!
2014.12.30 Tue 00:43
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - わああ

何という偶然。
これは策、カレー食べてる場合じゃない気分でしょう。

私たっだら絶対になんか、いろいろ喋っちゃう。
でもここで、じっと成り行きを見守るのが策なんでしょうね。
我慢強いというのか、慎重というのか。

だからミヒロはスクランプシャスのCDを聞いていたのですね。
でも、なんで泣いていたのだろう。
一人さんと関係あるのかな?

策、おじいさんに釜茹でにされなくて良かったけど(なんの話)、すご言展開ですよね。
何処から、何切っ掛けで打ち明けていくのか。それも気になります。

とりあえず、策、そのギターで練習しなさいよ^^; 時間ないし。

更新は、本年最後ですか??
とりあえず、ここまでありがとうございました。
続き、また楽しみにしていますね!!

良いお年を!
2014.12.30 Tue 09:01
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: うわぁ

八少女 夕さん、驚きの一声、ありがとうございます。

叱咤激励の第二弾も、ありがとうございます^^
ぷぷ。村崎さんご一家、一気に総出演でした。
策とミヒロの関係は、今後も小出しを逃さぬよう。なんちて。

カレーは、急に人数が増えても、お芋と肉とルーがあれば対応できますからね。
夕さんのこだわりカレーをいただきたいものです。

お話の次回は年を越しますが、明日、ちょいアップがあります。
その前に・・・
夕さん、こちらこそ、仲良くしていただいてありがとうございました。
(旅先でですかね?→) よいお年をお迎えください^^
2014.12.30 Tue 10:30
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: わああ

limeさん、コメントありがとうございます。

limeさんにも驚いていただけて嬉しいです。
策も、カレー食べてる場合じゃないくらいに驚いています。
バック・トゥー・ザ・フューチャーで、マイケル・J・フォックス演じるマーティーが過去と未来で色々と驚く場面で見せる表情がモデルです。(マイケル・J・フォックス、身長163センチ^^)
そういえば、バック・トゥー・ザ・フューチャー2でマーティーがデロリアンで飛んだ先は2015年だ。
いろんな意味で、おお(@@)

> でもここで、じっと成り行きを見守るのが策なんでしょうね。
> 我慢強いというのか、慎重というのか。

策の性格をわかっていただけて嬉しいです。
口は堅く、意外にしっかり者です。秘書のほうが合ってるかも(?)
田島の秘書にも、ミヒロの秘書にもなれる(違う -_-;)

ミヒロが泣いていた理由は・・・言わないよーん。今後の小出しで。
毎回これですみません。最後までこれで。だから、limeさんの真似ですから(-_-;)

> 策、おじいさんに釜茹でにされなくて良かったけど(なんの話)、すご言展開ですよね。
> 何処から、何切っ掛けで打ち明けていくのか。それも気になります。

ぷぷぷ。釜茹で回避です。危ない危ない(^^;)
ミヒロが打ち明けるのは、木曜日以降(って、何のネタばれにもならん・・・)
作者的には、策よりミヒロのほうがしゃべってるんじゃないかと思っているのですが、違うのかなあ・・・
もっとしゃべってもらおうか(何か不安)

策とギターのご心配をありがとうございます。
かなり近づいてます(予告・年明け)

お話の更新は、本年最後ですが、明日、もう一つお話でないアップを^^
こちらこそ、いろいろとありがとうございました。
limeさんのお話をいつも楽しみにしています!!
良いお年をお迎えください^^
2014.12.30 Tue 11:44
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - こんばんは~

あぁそうかぁ、村崎ファミリーだったかぁ。
ミヒロ、本当に知らないんだよね~?
策が何も言わずに様子をうかがっているのは、ミヒロの事情を何とか聴いてやりたいという気持ちからなのかなぁ。でもね、練習が……そうそう、1日やらないと自分に分かり……ミヒロ、もう何日やってない? 少なくとも祥吾にはわかるよ~
それにしても、けいさんのお話はほんと、偶然にしては怖すぎる出逢いが多くて面白い。これぞ神秘のネットワーク? いや、全て仏縁? 世界って狭いというのか、普段会わない人に、どうしてここで会う?的な。
私が書くと絶対その出逢いには裏があるんだけれど、けいさんは天然にハッピーな出逢い、ですよね??
あぁでも、この際だから、策、やっぱり練習しようよ~。アレンジもしなきゃならないんでしょ?? B'zの松本さんだったら、切れているよ~~~
というわけで、私も練習しよっと。

けいさん、今年は沢山お世話になりました。
来年もよろしくお願いしますね!!
2014.12.30 Tue 19:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: こんばんは~

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

村崎ファミリーでしたあ。全員出場。
ミヒロ、何か皆様から相当疑われている? しゃべり足りないのかやはり・・・?
策が何も言わずに様子をうかがっているのは、何も言えないほど驚いているからだと思われます(^^;)

策は月曜日にとりあえずギターに触っていて、全く触れていないのは火水で、今日木です。
祥吾は容赦ないでしょう。成ちゃんは気づいて合わせてくれるタイプ。湊人は気づかない(^^;)

> それにしても、けいさんのお話はほんと、偶然にしては怖すぎる出逢いが多くて面白い。これぞ神秘のネットワーク? いや、全て仏縁? 世界って狭いというのか、普段会わない人に、どうしてここで会う?的な。
> 私が書くと絶対その出逢いには裏があるんだけれど、けいさんは天然にハッピーな出逢い、ですよね??

はは。天然にハッピーな出逢い、です。よくわかってくださる^^
神秘のネットワークって、また大海さん、うまいこと言いますねえ。
偶然は必然。ご縁ですね。
それから、世界は狭いものですよ。皆さんにもご経験があるのでは。
ジャパンの大海さんと、Ausの私がこうして交流しているのですよ。狭いでしょ。
大海さんとのご縁に感謝です^^

B'zの松本さん! 是非お茶飲みながらお話をさせていただきたい。
深いお話が聞けそうで・・・
大海さんのお正月コンサートがうまくいきますように。
策の分まで練習してください(ちょと違う -_-;)

大海さん、こちらこそ、沢山お世話になりました。
来年もよろしくお願いします!!
2014.12.30 Tue 20:47
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。