オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半にゃライダー3・番外 「オリキャラのオフ会・松江編」 

ブログ「scribo ergo sum」八少女夕さん企画、「オリキャラのオフ会・松江編」に、「半にゃライダー3」で参加です。


offkai.png


白い砂にエメラルドグリーンの海。透明度も抜群のこのビーチは、山陰屈指と言われるパラダイス。

「松江に来て、しかも四月って時期にビーチを訪問するなんて、これ、観光の穴場かもね、ナオキ」

にゃん。と答えるナオキの返事に、「にゃんキャップ、似合うよ」と満沢は目を細める。

暑い夏ではないこの時期、白い砂浜の美しいこのビーチを訪れる人は少ない。ナオキは脇の岩場でのカニやヒトデといった、磯の生き物たちとの出会いに目を丸くする。松江にはしかし、休暇で来たのではない。

「はい、満沢さん、OKです! ナオキも良く撮れました」

オーストラリアでの「半にゃライダー3」の撮影は終了し、最近は各地で行われる「半にゃライダー3」ショーライブに招待され、もっぱらファンサービスを行っている。

今回も、島根県松江市にある松江城で行われるショーに招待されてやってきた。ショーの前のひと時、穴場のこのビーチで「半にゃライダー3」豪華写真集とスペシャルDVDの撮影が行われていた。

満沢には、「Dr.真田こみかど倫太郎」という肩書きとミドルネーム付きの格好良い芸名があるのだけれど、「半にゃライダー」絡みの仕事では「満沢」と呼ばれるのが通例となっている。芸名、長すぎるからかもしれない。

松江といえば、松江城と和菓子、というのはどこか偏っているだろうか。「半にゃライダー3」ショーライブがまもなく始まる。

天守閣のよく見える、桜に取り囲まれた良い場所に特設ステージが設置されていた。その横のテントにスタンバイする。

「松江、いい所だね、思ったよりは。なあ、満沢」

後ろからかけられた声に覚えがあり、ぎょっとして振り返った。

「小和田常務。なんでここに」
「オーストラリアから、強制帰国させられたのだ。日本にいるに決まっているだろう。それに、俺だって今日のショーに呼ばれているのだ。しかも、その役名で俺を呼ぶのは、そろそろやめても良いのでは」
「なにを言う。お前こそ、俺のことをいつまでたっても『満沢』と呼ぶくせに」

公私混同(?)するこの二人は、お互いに眉間を寄せたまま、ニヤリと妙な笑みを見せ合う。良い意味での共演仲間なのだろう。

「ナオキィ~」

小和田常務の野太い声が4オクターブは高くなり、満沢の横にいたナオキを抱き上げる。ちょっと懐かしい再会に、ナオキも「にゃん^^」と愛想良く甘える。ここの共演関係は良好らしい。

「満沢さん、お待たせしました」

満沢が「おお」と喜びの声を上げる。松江の有名和菓子屋「石倉六角堂」からの差し入れが届いたのだ。店のエプロンをした、かわいらしいスタッフの女性が、包みを手にニコニコしている。

エプロンには名札が。「怜子」さんから手渡されたその包みを開ける。なんと、中には「半にゃライダー3」特別デザインの練り切り。これは嬉しい。ナオキも目をまんまるくして覗き込む。

「これは、どうやって色を出して、作ったのですか?」

ナオキの言葉を代弁するように、満沢が怜子さんに尋ねると、横にいた店のはんてんを身につけた外人男性が話し出した。名札にはカタカナで「ルドヴィコ」。

金髪碧眼のどうしたって日本人には見えないこの職人さんが、半にゃライダーデザイン、満沢デザイン、トカゲ怪人デザインと、流暢な日本語で説明していく。

「へえ。なんだか食べるのがもったいないですね」
「また作りますから、遠慮なくお楽しみください」

さわやかな笑顔と美麗な職人技を見せるこの和菓子を残して、和菓子屋「石倉六角堂」の二人は店に戻っていった。

ショーの時間が近づくにつれ、ステージの周りにも人が増えていく。ライブは撮影と違う緊張感があって良いものだ。

ニャン・・・

いや、ナオキの声ではない。メールが来たよ、のお知らせの音。何と、スイスから「半にゃライダー2」のヨーゼフとペーターからだ。なになにと、満沢は目を細めて携帯のスクリーンを開く。

『満沢くん、ナオキ、元気?』

日本語だ。グーグル翻訳か。ナオキにも読んであげる。

『実は、四月の八日、うちの隠密同心、三味線屋のヤス、手妻師の麗音、歌舞伎役者の稲架村(はざむら)、それと篠笛のお蝶の四人が、松江というCityに行くらしい。そこは、満沢くんたちのいるところから近いかな。もし会えるようだったら、よろしく言っておいてくれ。See you :) 』

しーにゃー、とナオキが嬉しそうな声を上げた。

「へえ、そうなんだ。ショーを見に来てくれないかな」

「OK」と短い返信をした後、満沢はテントからそっと顔を出す。客席のほうに目を向けると、まだ人がまばらな中、一番前の席にちょっと気になる四人の女の子たちが座っているのが見えた。

姉妹なのだろうか。みんなクリクリのおめめがかわいくて、良く似ている。猫も連れている。その子が、天国を見つめるような目でステージを見上げていた。ナオキのファンだろうか。

その向こうのネコちゃん特別席にも・・・妙に俺様オーラを出している子がすでに。簡単肉球タッチのiTVが広く普及したお陰で、ナオキのファンが激増した。

ニャン・・・

またメールだ。満沢が携帯に手を伸ばす前に、ナオキが絶妙な肉球タッチでスクリーンを開けた。何と、時空を超えて、元祖「半にゃライダー」はOEDOの町の金魚屋・半七と相棒のモモタロウからだ。

『満沢くん、ナオキ、元気?』

現代日本語だ。OEDO翻訳か。ナオキにも読んであげる。

『嬉しいお知らせ^^ 「半にゃライダー4」ついにスタート! だって^^ 録画しといてくれるかな。じゃ。See you :) 』

しーにゃー、とナオキが嬉しそうな声を上げた。

「OEDOの町の公用語、何語? いやそれよりも、やっと4が! これは本当に嬉しい。てか、何で俺よりも先に新シリーズの情報を知ってる?」

ま、いっかと、とりあえず「OK」と短い返信をする。

そうこうしているうちに、ステージでは大画面のモニターから、大音響とともに前振りの映像が流れ始めた。

『やにゃれたらにゃり返す。あなたには500倍返しにゃ。それが私の流儀なんでにゃ』
『やれるもんなら、やってみな』

いまや世界中をツアーでまわるビッグバンド、スクランプシャス(Scrumptious)によるテーマソングが流れる。ちなみに今日は、ヨーロッパツアーのため欠席。

お客の入りはどうだろうと、満沢はまたテントから顔を出すと、首をかしげた。

普段は子どもたちの多い、このショーイベント。今日はお城の桜を見るついでに来た人たちも多いのか、年齢層が少し高いようだ。

小学生ではなく、高校生。男の子と女の子と男・・・の子? 左右の目の色が違う。日本人か?

小学生ではなく、OLさんか、大学生さんか、公務員さんか、という風の女性たち四人。そのうちの一人、髪がプラチナ色に輝き、左右の目の色が違う。日本人か?

小学生ではなく・・・この男女のペアは明らかに日本人ではない。男性は背が高く、金髪碧眼。女性は・・・左右の目の色が違う。あ、行ってしまった・・・

小学生ではなく、アメリカはニューヨーク、マンハッタン帰りのカップル。なぜそう断定できるのか。ファッションと挙動からさ。左右の目の色は・・・同じようだ。

小学生ではなく・・・他にも外人さんがいらっしゃるようで。いや、国際都市・松江からしたら、いつもの光景なのだろう。

小学生ではなく、こちらは日本人の皆さん。けれども、画材を抱えたその男性は、日本人離れした雰囲気のあるイケメンさんだ。もう一人、黒髪のイケメンさんがいるが、何か残念なことでもしたのか、隣にいる背の高い実は乙女チックな女性になにやら説教されているよう?

小学生ではなく、お、あの茶トラの子は知っているかもしれない。確かスタッフの間でも有名な、シリーズ1からの熱烈半にゃライダーファンの子ではないか。左右の目の色が違う。・・・あれ、人違い、ネコ違いかな・・・

「ね、ナオキ、あの子・・・」
「満沢さん、ナオキ、時間です。お願いしまーす」

ナオキに訊いて確かめることができなかった。

「ま、いっか」

満沢は小さくつぶやく。ショーが終わったら、サイン会に握手会。満沢もナオキもスケジュールは盛り沢山だ。その中でも、ファンサービスに一番気合を入れる。

忙しい一日が終わったら、紹介された玉造温泉の旅館に移動して、露天でゆっくりする。それが満沢にもナオキにも、一番の楽しみかもしれない。

満沢は、まだ味見をしていなかった和菓子を、ぽんと一つ口に入れ、ナオキと共に「半にゃライダー・ショー」松江城前、特設ステージに駆け上がっていった。


おわり


PS: ご登場の皆様、ありがとうございました。
ご訪問の皆様、読んでいただき、ありがとうございました。
スクランプシャス(Scrumptious)によるエンディング♪



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




イースターと、時期が重なりました。

土曜日の満月がものすごく明るかったです。

IMG_6258.jpg 日没直後。すでにすごく明るい。

IMG_6271.jpg スーパームーンレベル!

この明るい月の元で夜桜、月見酒、アーンド、露天!^^


ご訪問、ありがとうございます^^
ブログ『憩』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ダメ子  

Title - No title

半にゃライダーを生で見れるなんて!
普段は濁った眼をしている私たちもこの日ばかりは澄んだ眼になれました
2015.04.06 Mon 16:47
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - おはようございます

小和田常務、実は満沢とナオキがかなり好きらしい(笑)
いいなあ。

ええ、「半にゃライダー2」のバイトの四人は、ばっちり来ています(笑)
もっともちゃんと見ていたのは日本人二人だけらしい。
一人は団子屋に煩悩して、一人は空氣読まず。

なにげにオッドアイは全員ここに揃っていたのですね。すごいすごい。

ナオキはマコトとはいい友達になれそう! 俺様ネコとは……え〜と。あいつ友達いなさそうだしな。

打ち上げでお逢いするのが楽しみです!
2015.04.06 Mon 18:11
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ダメ子さん

はじめまして^^ コメントありがとうございます。

生、いかがだったでしょうか。
ショーのあと、ヘブンちゃんはナオキと握肉球(?)できたかな。
ナオキもファンと直接逢えて、嬉しくて目がまんまるくなりました。満沢も^^
2015.04.06 Mon 18:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おはようございます

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

意外に共演者は仲が良い模様(^^;)
半にゃライダーつながりでバイトの四人に逢えるのが楽しみです。
ライダー練り切りもうまかったです。

なにげにオッドアイの皆様、ほか、外人日本人の皆様にお揃いいただいちゃいましたね。
ついでに、ネコちゃんの皆様も大集合です。
ナオキが超ハッピー^^
お城と桜のなせる業であったかと(苦笑)

打ち上げはどうなりますかね。
実は夕さんに丸投げっすよ~ん^^
たーのーしーみー^^
2015.04.06 Mon 18:47
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - ショーだにゃ

すごい~、みんなここに集結してる。
うちの三人もちゃっかり座ってるしw(きっと玉城が二人を連れて来たんだな?)夕さんやけいさんまで書いてくれて、うれしいやら申し訳ないやら。彼ら、目撃されちゃった参加者として、登録されてたのね♪(夕さん、ありがとう)

それにしても、満沢さんに、そんな長い芸名があっただなんて。
もう、満沢でいいよねw
ここでは役じゃなくて実際の彼らが見れて、お得感たっぷりでした。
小和田常務(役)さん、実はいい人なのね~。ナオキと仲良し^^もう変身はしないみたいね^^

半にゃライダー繋がりで蝶子さんたちや(バイトなのかw)初代ライダーのOEDOの面々ともメル友だし^^
みんな繋がってる~。
さあ、半にゃライダー4の主役は誰なんだろうね^^

最後の打ち上げ、どうなるんだろう。
夕さんや、大海さんのところ、盛り上がりそうで、たのしみ^^

けいさんにも楽しませていただきました。
(うーーん、今回は執筆で参加できなかったけど、いつかこんなオフ会、参加したいなあ^^)

そして、月がきれい~~!
地平線に月。やっぱり日本とは違う夜景ですね^^感動。
2015.04.06 Mon 19:15
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ショーだにゃ

limeさん、コメントありがとうございます。

玉ちゃん、イケメンさんで登場です。
登録済みでしたので、遠慮なく(?)ご登場いただきました^^
あ、玉ちゃん、実はファンだった?
ショーライブ、楽しんでいただけたでしょうか。
やっぱ、生ライブは良いですよね~。
役どころとプライベートにギャップがあるのが役者さん?
ナオキはきっと変わりない(?)

半にゃライダー繋がりのメル友は結構おいしいかも^^
半にゃライダー4がずっと懸案だったので、決まって良かったです。ほっ。
主役もそうですが、決まり文句もね。楽しみ^^
(5も決まっているらしい?)

最後の打ち上げは、夕さんや、大海さんのところで盛大にあげていただきましょう。なんちて。
limeさんこれ、締め切りないそうですから、今から露天でも^^

月~^^ 大きかったんです(@@)
こんな田舎に住んでいます。
桜の気配もないでしょ。いちお、秋っす(-_-;)
2015.04.06 Mon 20:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: Re: ショーだにゃ

> ショーだにゃ

ショーにゃんだ^^

(やっとナオキ語発見。倍返しでなくてすみません ^^;)
2015.04.07 Tue 21:30
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - しーにゃー

いや、これがしばらく頭から離れませんでした。「しーにゃー」……なんかすごく可愛いんですもの。
しかも、ネコちゃん特別席! いやいや、肉球タッチリモコン、といい、けいさんの発想には感心しちゃいます。猫が並んでいる観覧席を想像するだけで楽しい(*^_^*)
しかもマコトはスタッフの間でも有名なのかぁ。いつか番組に役者として使ってもらえるかしら? 軟弱なのでチョイ役しかできそうにないけれど。でも、ヒーローになる稽古はしているんだけれど^^;
やっぱりお城とヒーローショーってのはいいですね。新しいものと古いものの競演、そしてあちこちのキャラがそれを見に来ているという贅沢さ。しかも、それぞれの半にゃライダー出演者からのメール、いやいや、面白かったです。
メールの着信音、私も「にゃん」にしたいなぁ……
2015.04.12 Sun 09:56
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: しーにゃー

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

しーにゃー、大海さんに気に入ってもらえたようで嬉しいです^^
特別席から投げられる視線にナオキも奮発するのです。
ええ、マコトは有名人(ネコ)ですよ。なんたって、シリーズ1からですから^^
なに。ヒーローになる’稽古’とな。それは過酷な(どうなっちゃう?)

> メールの着信音、私も「にゃん」にしたいなぁ……

ぷぷ。私も^^ カスタマイズできないかな^^
あ、’着信音’って単語か。描いているとき、その単語が浮かばなくて(><)
もう、ボキャ貧も良いとこです。やばいやばい(-_-;)

マコトとナオキが仲良しになれると嬉しいです^^
2015.04.12 Sun 13:01
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。