オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の花園 10 水曜日・居酒屋(3) 

 奈美さんは一人では立っていられず、体がガクガクと震えて呼吸が酷く乱れていた。非常階段の踊り場に腰掛け、俺は彼女の肩を支えてやり、していたエプロンを上からかけてあげた。

「奈美さん?」

 声をかけても返事がない。奈美さんは額に汗をかき、目はうつろで意識が朦朧としていた。顔からは血の気が失せて肌の色が真っ白だった。体の震えが酷く、俺は奈美さんの肩をなでながらしばらく抱きかかえていた。

 どの位しただろう。だいぶ落ち着いたけれども、眠ってしまったようだ。

 ・・・キィ・・・

 非常階段から、中の建物に繋がるドアが、そっと開いた。覗いてきたのは、居酒屋の板長だった。

「花園、ぅっ・・・」

 女の子を抱いている・・・ように板長には見えたのだろうか。一瞬目を見張ったが、何も言わずにグラスの水とお絞りを差し入れてくれた。

「板長、ありがとうございます」
「その子どうした? 大丈夫か?」
「あ、えっと・・・誤解しないでくださいね、ちょっと知り合いなんです」
「ふ~ん、ちょっと、ね。ま、みんなにはうまく言っとくから。じゃ」

 ―――え? うまく言っとくって、どういうこと、板長?

 ・・・パタン・・・

 閉まったそのドアの音に気づいて、奈美さんが目を覚ました。

「ん・・・徹、さん?」
「あ、気がついた? 大丈夫?」
「徹さん、あたし・・・」
「水飲む?」

 板長から差し入れてもらったグラスを渡すと、奈美さんは中の水をドクドクと一気に飲み干した。

「ありがとう、徹さん。多分、大丈夫」

 『大丈夫』とは言いつつも、奈美さんは俺に体を預けたままでいた。

「みんなは?」

 俺は時計を見た。

「団体は2時間だから、もうすぐオアイソの時間だよ」
「あたし戻りたくない。ちょっと思い出した」
「そうだね、行かない方が良いかも」

 奈美さんは「はぁー」と大きく息をしてからモソモソと動き出し、立ち上がってもう一度深呼吸をした。

「徹さん、助けてくれてありがとう。日本でも徹さんに助けてもらっちゃったね」

 どうやら今度は、本当に大丈夫なようだ。パニック・アタックのことは、言わない方が良いかもしれない。

「徹さん、300円貸してくれる? それで家まで帰れるから」

 奈美さんに靴と、ジーンズの後ポケットにあった財布から、1000円札を出して渡した。

「今日は、本当にありがとう」

 奈美さんはそう言って階段を下りようとして、思い出したように振り返った。

「徹さん、ハグ!」
「え? あ、はいはい」

 去年、シドニーの空港で別れるときにしたように軽くハグをして、今度は本当に奈美さんは階段を下りていった。

 ハグの時に、奈美さんが耳元で囁いた。

「今度、お礼させてね」



< 前話  TOP  次話 >



   徹さんと奈美さん・・・多くは語らず(^^;)

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


『秘密の花園』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - あかね  

Title - 勇敢ですよね

先回のエピソードといい、酔っ払いにからまれている女性を毅然と助けにいけるところといい、徹くん、かっこいいですね。

女性でも男性でも、こんなときにはぶるってしまうひとのほうが多くて、助けてあげたくても怖い……場合がよくあるでしょうし。
私もきっと怖がってしまいます。

で、徹さんと奈美さんはこれから……?
いい雰囲気になってきてますよね。楽しみです。
2012.06.03 Sun 15:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 勇敢ですよね

あかねさん、コメントありがとうございます。

徹さんは、素直で正直で良い人、なので、
行動もそういう傾向にあるようです(←イミフですいません --;)

人を助けるために自分に何が出来るかって、難しいですよね。
その時どきで違ってくるし。確かに簡単なことではないと思います。

これで奈美さんもコロリ・・・ってお話じゃないですって(^^;)
でも、徹さんと奈美さんはこれから・・・

うーん。やはり恋愛ものは私には無理。
まあ、仲良くしてね、ということでお許しを~(汗)
2012.06.03 Sun 17:47
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.12.09 Mon 21:51
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

コメントありがとうございます。

奈美さんを助けた徹さんはもうこれで仲良しです。
(狙ったわけではないのだけれど・汗)
奈美さんは都内、渋谷からほど近くに住んでいる、らしい(?)

はい。ちょろちょろとオーストラリアには登場してもらっています。
おお、ジャッキー・チェンの映画とは知りませんでした。

W杯招致についてはなんとなく聞いたことがあります。
シドニー・オリンピックのときに、メルボルンで女子サッカーの予選が行われているのを見に行きました。わ。何年前っ(><)

そうなんです。北のほうが暖かい。
私が住んでいるのは南のほうで、意外に寒い。
ビーチが恋しい。ここはどこ、なオーストラリアです。
ま、サッカー絡みでなくとも是非、お越しください。
良いとこですから^^

英語はねえ・・・言葉数が減る・・・
日本語でさえ・・・うわ、やめとこ・・・
ここはお見逃しを~~(滝汗)
2013.12.09 Mon 22:38
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

女の子を助けるのは女の子を口説いているのと同じさ!!
(*´ω`)

私は平常時ではそんなに優しさを見せないなあ。。。
・・・ん、徹と比べるとクソ野郎ですね。
私は。

2015.10.10 Sat 11:49
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

徹さんは意識してやっているのかいないのか(^^;)
たまたま奈美さんの事情を知っているからかもしれません。
徹さんは草食系羊男(つまりはどんな人なん?)なので、誰に対しても人当たりは良い、らしい・・・?
2015.10.10 Sat 15:13
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。