オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんの気の迷い企画 4 

素敵な記念を勝手に祝う、という企画(第四弾)です。

プロジェクト概要:

皆様の素敵な記念、例えば、何周年とか、ブログの切りバンとか、出版(お友だちであったら素敵じゃないですか。きっとあるよね)とかに、うちのお話のキャラが勝手にブログを突撃訪問し、お話の一部を覗き見または朗読するという企画。

では早速。

第四弾は、limeさん小説ブログ「DOOR」です。

limeさんは、ミステリータッチな展開の中に、登場人物たちの心の動き、葛藤、友情などを織り交ぜた素敵な物語を描かれる作家さんです。

limeさんの物語を一度読み始めると、ワケアリな設定と魅力的なキャラに引き込まれ、最後まで気になって気になって仕方ありません。そうして読破していった一作一作が、私の脳内本棚にずらりと並んでおります。

ブログ名の「DOOR」。limeさんによりますと、扉(DOOR)、これを開けた瞬間、何かが展開する。何かが始まる予感のするDOOR。それを開けてみたい、という想いで付けられたのだそうです。
「白昼夢」第二話・扉、欄外より。ここで、そうかなるほど、とブログのネーミングに納得したのを思い出します。)


そのlimeさんの小説ブログ「DOOR」が先日、ブログ開設6周年をむかえられました。しかも、ほぼ休みなしでずーーっと物語を描き続けていらっしゃるのは本当に素晴らしい。

limeさんのますますのご活躍をお祈りしつつ、勝手にお祝いをさせていただきます^^

*** ***

小説ブログ「DOOR」のlimeさんへ 
ブログ開設6周年、おめでとうございます!^^

*** ***

Knock, Knock…

DOORを開けると、彼女は必ずそこにいる。今日、やっと逢える。

村崎湊人(むらさきみなと・拙作「夢叶」より)は、胸をわくわくさせてそのDOORを開けた。

「・・・って、あれれ、limeさん・・・? またこんなふうに寝ちゃって。風邪ひきますよ」

limeさんは、今夜もPCの前で突っ伏して寝落ちしてしまっていた。湊人はその背に自分の着てきた上着をそっとかけた。

「九月の下旬は季節の変わり目ですからね。健康には気を付けてくださいよ」

湊人は、眠っているlimeさんに自分の顔を近づけ、囁くように話しかける。残念ながら、自分で腕枕をして休んでいるlimeさんが起きる気配はない。自然に流れるうなじから、上品な奥様的気配が漂ってくる。

机の上で開かれたままのPCを覗くと、スクリーンには、limeさんの描いたイラストが残っていた。

「春樹? リク? 玉ちゃんの超イケメン・バージョン?」

解説によると、綾斗らしい。塑像のモデルとして透子の前に立つ綾斗は、一糸も纏っていない。ワケアリな事情については、滝先生に聞いてくだされ。いや、センセもまだ知らない・・・?
「NOISE」(あらすじ)  http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-930.html#end
(ちなみに、ふと涙するセンセと田島がウサ友(うさぎ友達?)らしい・・・?)

PCの横に、浴衣姿の春樹のイラストが飾ってある。いただきものだそうだ。

湊人はジーンズのポケットからiPhoneを取り出し、lime文庫のアプリで「KEEP OUT」を開いた。

他人の肌に触れるとその記憶の断片を瞬時に読みとるという、不思議な能力を持つ少年、春樹。その力を忌まわしいと悩む春樹のことを、自分も苦しみながら見守る女性、美沙。

この二人に加え、様々な登場人物がそれぞれに物語を持つ「KEEP OUT」シリーズは、湊人もお気に入りの一つである。

*** ***

春樹は笑った。
そして手袋をはめた美沙の手を自分の右手で慎重に握ると、左手で二人分のボストンバッグをかかえ、美沙をゆっくり立ち上がらせた。
「悪いね」
「どういたしまして」
美沙は、ホテルのポーターのように礼儀正しくおどけて言う少年を、最悪の気分の中でチラリと見た。
少年の目は、相変わらず屈託なく優しげだ。
美沙の手袋に傷ついた様子はみじんもない。

そう。傷つくなど、あってはならない。自分がそういう風に訓練させたのだ。
そういう風に、少年を手名付けたのだ。
サイテーだ。
けれど、そうしなければ自分も、この少年も、いつか狂ってしまっていただろう。
美沙は、そんなことを今更思いながら、目を伏せた。

引用:「KEEP OUT 2  少年春樹」(第1話 革の手袋)
http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-330.html

*** ***

一つを読み始めると、次から次へと読むのが止まらないのがlime文庫。

limeさんの物語は、どれもしっかりとしたプロットに裏打ちされた、心打たれるストーリーの展開を繰り広げる。

「ノートだ」

湊人は、そのプロットや下書きなどが書かれているのであろう手書きのノートがデスクに重ねてあるのを見つけた。

現在連載中の「NOISE」や次回作のものなどが、その宝の原石のようなノートの中にあるのだろう。limeさんの手によって磨かれ、ブログにアップされるのが楽しみで仕方ない。

湊人は、lime文庫に戻り、もう一つの看板シリーズ「RIKU」を開いた。

*** ***

「やっ、・・・やります!」
訳の分からないまま勢いに押されてそう言い、玉城は男に促され、立ち上がった。
男は玉城よりも少し背が低かった。体つきは玉城よりもスラリとしている。
玉城の右側に体を寄せて並び、玉城の腕をぐっと掴んで引き寄せる。
“どういうこと? いったい何?”

男にしっかりと腕を掴まれて寄り添われ呆然としている間に、さっきの大女はすでに息を切らせながら玉城達の前に立ちはだかっていた。

「リク!」

長い髪を後ろで束ね、きっちりとしたベージュのスーツに身を包んだキャリアウーマン風のその大女は、そう叫ぶとキッと玉城の横のその男を睨みつけた。
玉城は動くことも出来ず、ただ金縛りに遭ったように立ちつくした。

引用:「RIKU」( 第一話 出会い)
http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-4.html#end

*** ***

「三人の出会いのシーン。最初から今まで、この三人の立ち位置は変わらないよね」

湊人は一人、ほくそ笑む。ところで、もしも「RIKU」がドラマ化されたら、どんな人がキャラを演じるのだろう。なぜかそんなことがふと湊人の頭に浮かんだ。

「リク役は賢いミヒロ。玉ちゃん役は策。だとすると、俺の役どころは、女傑の長谷川さん!?」

案外いけてるかもしれない、と湊人は目を細めて頷く。キャラ当てが気に入ってしまい、さらにlime文庫のアプリを開ける。

「ナギは策で、ミツルはミヒロで、俺は香月ちゃん? まさか天道さんじゃないよね」

なんとなく脳内でキャスティングしてから「凍える星」を読み始めた。

*** ***

あ、・・・やばい、来るかも。
荒々しく何かが近づいてくる気配で、心地よいまどろみの中から、唐突に意識が覚醒された。

「香月! お前、またここで寝てたのか? おい、起きろよコラ!」
ドアが開く音と同時に大音量の声が響き、事務所のソファに丸くなっていた香月は 「やっぱりだ」、と喉の奥でつぶやき、毛布を頭まですっぽり被った。
「なあ香月。お前もう少し社会人らしくできないか? 仕事終わったら自分ち帰って風呂入って寝る。難しいか? ここは俺の自宅兼事務所であって、ついでにお前の職場だぞ。簡易ホテルじゃねえ」
分かってるけど、もう5分寝かせてくれよオッサン。頭のなかでそう断り香月は石になる。
けれど猶予期間は5分と持たなかった。

ツチャツチャという柔らかい足音が近くまで忍び寄り、強引に毛布をはぎ取られた後は、生温かい舌が香月の頬や唇を容赦なく舐め回す。
興奮気味のハアハアという息が同時に首筋に忍び寄り、香月はついに白旗をあげた。
「分かったよ、ライナス、チップ、もう勘弁してくれ」

ソファの横で自分をなめ回しているゴールデンレトリバーのライナスを押しのけ、胸の上に乗っているチワワのチップを床に降ろすと、香月は起きあがった。

引用:「凍える星」(第2話 オフィス天道)
http://yoyolime.blog83.fc2.com/blog-entry-673.html

*** ***

「香月ちゃんは、‘ちゃん’じゃなくて、‘くん’なんだよね」

lime文庫のツボに、どっぷりとはまってしまったあの頃を思い出す。(←のは湊人ではなく筆者・滝汗)

「マコトさん!?」
「へ?」

アプリのlime文庫に夢中になっていた湊人は、背中をびくつかせた。後ろからの声に振り返ると、ニコニコ顔のlimeさんが、湊人にハロスリ(Hello Sleepwalkers)ビームを送っていた。limeさんはこのバンドの大ファンなのだ。

マコトさんはハロスリのベーシストで、湊人と雰囲気がめちゃくちゃよく似ている。湊人もベーシスト。バンドは違うのだけれども。

「黒髪のマコトさんも素敵だわ~」

そう。マコトさんは金髪で、湊人はナチュラル。いや、そんなことよりも。limeさんはまだ白昼夢でも見ているのだろうか。とにかく、この誤解? 人違い? を何とかしなくては。

「あえっと・・・limeさん、はじめまして。勝手にお邪魔してすみません」

湊人は、顔の半分以上を覆っていた長い前髪をかき上げ、遠慮がちに挨拶をした。とたんにlimeさんの目がまん丸くなった。目の前のlimeさんから送られる、こいつは誰ビームがちょっと痛い。

「もしかして・・・湊人?」

limeさんは、見ていた夢からやっと覚めたようだ。同時に、大きな目で湊人のことを上から下まで見定めるように眺めた。自分だとわかってくれたことが湊人は嬉しかった。

「どうしてうちに? この部屋に?」

だよね、と湊人は申し訳なさそうに眉を下げる。

「せっかくlimeさんのお宅を訪問させていただくのだから、特殊能力を使って来るのが良いかな、とか思って」
「どんなの使って来たの?」
「DOORを開けたらそこはlimeさん家だった、みたいなやつ?」
「なにそれ。特殊能力と違うでしょ」

limeさんがクックと肩を揺らして笑う。初対面の不審者をものともせず、受け入れてくださるところがさすがのlimeさんだ。

それにしても、いつの間に湊人はどこでもドア的能力を身に付けたのだろうか。きっと、今回のこの企画限りであろう。けれどもその即席能力のおかげでlimeさんとこうして逢えたのだから、ま、良いよね。

などとlimeさんとお話ができたことに感動していたところ、limeさんが急にコンコンとむせ始めた。

「limeさん、大丈夫ですか。ちゃんとベッドで休まないと。キョジャッキーさんなんだから、風邪でもひかれたら大変ですよ」

この夏から秋へと気候が変わるときは、気温が急に下がったり上がったりする。健康には十分に気を付けていただきたい。

湊人がlimeさんのベッドルームまで付き添う。部屋のDOORを開けると、ワンコのライムちゃんがクウクウと「ママ、一緒にねんねして」とでもいうように出てきた。

「ライム^^ 湊人だよ」

ライムちゃんを抱き上げたlimeさんが振り返ったそこに、湊人はもういなかった。

「DOOR to DOORで行っちゃったのかな・・・」



暗がりの中、湊人の耳になぜか電車の音が遠く聞こえていた。と思ったら、急に目の前のDOORが開かれ外に出ると、明るい光に囲まれた。

「湊人!?」
「滝センセ!?」
「どうして駅のコインロッカーから湊人が出てくるんだよ。コインロッカーから出てくるのは、盗まれた高級金魚か赤ちゃん、って決まってるんだけど?」
「いや、ずっとここにいたわけではなくて・・・? あれ、上着・・・?」

確かlimeさん宅を訪問していたはずなのだけれども、と首をかしげる湊人の前で、滝もわけわからんと眉間を寄せている。

「てか、センセもどうしてここに?」
「おっと、綾斗と待ち合わせだった。湊人、またな!」

急に現実に戻ったように、滝は手を振りかかとを返すと、湊人の前から去って行った。

「ま、今日だけどこかで時空のねじれでも起きたのかもね。キーワードはDOOR。limeさん絡みのDOORを開けるとそこは・・・」

一人残された湊人はそうつぶやきながら、一番近くにあったショップのDOORに手をかけた。


(以上)



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村  ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




改めまして、limeさん、6周年おめでとうございます!
今日だけ時の旅人のようになった湊人がお邪魔しました(^^;)
ところで湊人、何しにlimeさん宅へ行ったのかい? 謎?

limeさん、これからもlimeさんらしい、心わくわくするお話を紡いでいってくださいね。
遠くからですが、応援しています!^^

ちなみにこの企画、ほんの気の迷いでムラムラとあがってきた思いだけのものなので、今後は続かないかもしれないし、続くかもしれない・・・(-_-;)


ご訪問、ありがとうございます^^
ブログ『憩』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - わ~~~!! 大感激です!

けいさん、めちゃくちゃ素敵なお祝いを、ありがとう~~(≧∇≦)
あまりにもびっくりして感動して、深夜にもかかわらず、コメしますよ~~。
今日は日帰りで往復1200キロ移動して、さっき帰ってきたんだけど、疲れがぶっとびました!!

これはすごい! ここに私の歴史が詰まってて、永久保存版だ~^^
そして何より、湊人がこの部屋に(爆)
やばい、部屋が紙ごみとノートでぐちゃぐちゃだあ。ごめん、汚い部屋でwww

湊人、いらしゃ~い^^ 湊人は私の大好きなハロスリのマコトだもんね^^私の中で、イメージばっちりです!。
にゃ~ん・・・って、大海さんのマコトがお返事しちゃったけど^^

ひや~、それにしても、イラストとかノートの事とか、頂き物の春樹のイラストとか。けいさんはちゃんと覚えててくださったんですね。

KEEP OUT、RIKU、凍える星、抜粋して使ってくださったこともうれしいなあ~~。
なんだか自分の子が、よそ様の家の上座にドーンと座っちゃったような、申し訳なさ!でもっ不思議なくらい嬉しいです。
けいさんが、ひと作品、ひと作品、本当に丁寧に読んでくださったんだなあと、改めて感じました。

ああ~~、ドラマ化の配役。これも考えたら楽しいです^^
(妄想は自由ですもんね。)

賢処、主役級はやっぱりミヒロですね^^ うんうん。
そしてちょっとおちゃめ処、ツッコミ役は策(笑)
デカいもの系は湊人!(いやそんなw)

湊人、散らかってるけどDOORの部屋にようこそ。
そして、お祝いと、温かいレビューをいっぱいありがとう^^
実は本当に今日は寝冷えして、鼻水止まらなかったです!湊人、なぜそれを!!

今日は、湊人が優しく促してくれたので、PCの前でうたた寝はやめて寝室に行きます(笑)
犬のライムも出て来て、感激です!!
もう、けいさんったら本当に素敵な贈り物くれるんだもん^^

コインロッカーから出て来た湊人を妄想しながら、今夜は眠ります。
けいさん、ありがとう!!
このあとも、自分らしい、自分の作品を書いて行こうと思います。

ツボのけいさんを、またいつかツボで落とせるように、がんばります!!

ありがとう~~~~!!!
2015.09.27 Sun 03:00
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: わ~~~!! 大感激です!

わ~~~!! limeさん、なんかすごい深夜の時間に、コメントありがとうございます!

うわ、すごい距離ですね。諸々の方は大丈夫でしたか。
limeさんご本人が一番大事ですからね。ご無理のないように^^

limeさんに喜んでいただけるのが何よりです^^
lime文庫は全部ご紹介したかった。
イラストも漫画も、私の一押しのブック・レビューも!(←コレコレ!)

けどホント湊人は何をしに行ったのだろう。ただ会ってお話したかったのかな。
シュンタロウさん似がうちのキャラにいなかったので、マコトさん似の湊人でご勘弁を。
けど、マコトにさんを付けると妙な感じが・・・? ぷぷ(^_-*)

配役^^ 策・ミヒロ・湊人で妄想してみたら、自分的にもなんか面白かったです。
湊人が一番器用かな。ミヒロも臨機応変。策は・・・カモ役が一番のあたりカモ^^
うそうそ。ごめん、策。limeさんもおちゃめって言ってるし。ね^^

湊人のエスコート(?)、どうだったでしょうか。
え、鼻水? え、うたた寝? 湊人とライムちゃんが怒るよ^^

万全の体調で、limeさんらしい、limeさんの作品を書かれますように。
そしてまた、私を'limeのツボ’に落としてくだされ~^^
2015.09.27 Sun 10:57
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - わ~お!

そうか、limeさんのDOORは「どこでも形式」だったのですね! なんか分かるなぁ~
こうしてlime作品の抜粋を見ていると、本当に豊かな作品群だなぁと惚れ惚れしますね。うんうん。
で、何と訪ねて行ったのは湊人でしたか。いい感じです。そしてライムちゃんまで登場。マコトにはちょっとどきっとしました。湊人が猫に見えたのかと……
いちいち自分たちに役割を当てはめて面白がる湊人、完全にlime作品に嵌っていますね(*^_^*)
けいさんのプレゼント、本当に素晴らしい、さりげなく書かれていますが、ちゃんと読み込んでいいところをアップしてくださる。頭が下がります。
コインロッカーから出てくるのは、どちらかというと高級金魚がいいです。
そして、ここで言うものなんだけれど、limeさん、おめでとう(*^_^*)
2015.09.27 Sun 12:35
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: わ~お!

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

「白昼夢」の欄外でブログ名について書かれてあったのを見たとき、なーるーと思いました。
大海さんもそうですが、皆さんそれぞれにブログ名には思いがありますよね。

ホント惚れ惚れですね。どこを取っても素晴らしいです。大海さんもよ~^^
湊人が行ったのは、それこそ気の迷い? いえいえ、ハロスリつながりでマコトつながり?(^^;)

お互いのオリキャラをお互いのオリキャラが演じるの妄想に嵌っちった(*^_^*)
「奇跡」の舟くんにも、湊人、どうですかあ?(何を売り込んどるん?)

コインロッカーから出てくるのは・・・でリレー小説なんかもどうだろう・・・?
いあ、そんな企画ばかり考えていないで、新しいお話を考えないとね(汗)
ここでもどこでも何度でも、limeさん、おめでとう(*^_^*)
2015.09.27 Sun 13:49
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - どこでもDOORですね!

おはようございます。

毎回、この企画でのけいさんの優しくて、ちょっとコミカルな視点にやられています。うん、本当によく読んでいらっしゃる。それも、とても愛情を込めて。

ドアを開けたらlimeさんのお部屋だったなんて、湊人ったらうらやましい!
マル秘のプロットノートの実物もすぐ側に!

そして、寝ぼけたlimeさんに大好きなバンドのギタリストに間違えられちゃうのに、怒らないのも素敵。でも、目が醒めたらちゃんとわかってくださったのですものね。

ワンちゃんのライムも登場! これもうらやましい。

で、コインロッカーですか?
うん、そりゃいきなり出てきたらびっくりする(笑)

そして、ドラマの配役。美味しいところはみんなミヒロが!
湊人は長谷川さん? あはははは。
これ面白いですね。想像してしまいました。

楽しませていただきました。limeさん、もう一度おめでとうございます!
2015.09.27 Sun 16:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: どこでもDOORですね!

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

limeさんちのDOORを開けちゃいました。湊人が^^
マル秘のプロットノートの実物を見たというのがうらやましいなあ。
ワンコのライムちゃんも元気そうで(?)

ハロスリはlimeさんから紹介していただいたのですが、バンドのYoutubeを見たとたんにバコンとやられました。
マコトさんがあまりに湊人のイメージにぴったりで。夜中に大興奮(苦笑)

妄想配役は楽しかったです^^
ヴィルはミヒロ、ヤスは湊人、レネは策、なんてどうでしょう?
マックスと策の身長が同じくらいというのがいまだに(@@)です。

夕さんにも楽しんでいただけて良かったです。
夕さんも、お体にお気を付けて、執筆を続けてくださいね~^^
2015.09.27 Sun 20:48
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - おお!

limeさん、ブログ6周年だったとは!!本当におめでとうございます!!

(すっごいおそい反応でほんとうにすみません><というか、6年!!6年は凄すぎる!!)

limeさんのブログタイトル「DOOR」にはそんな意味があったんですね。私は勝手にミステリーの扉が開かれる!?的な意味にとっていました^^;おはずかしい!!

うんうん。limeさんの物語は魅力的でぐいぐい引きこまれてしまいますよね。なんというか、引力のある文章と物語展開で。それに毎回脱帽するというか!

それにしても、limeさんのうなじ場面に、何気にドキドキです…(笑)。

けいさんのこの企画は本当にネット小説への愛にあふれていて、以前ご紹介して頂いた「いち語りべ」として、とーても感謝しております。ここは新しい物語に出会える&学べる場所でもあるのですから!けいさんのおかげで出会った素敵なネット小説はいっぱいありますよ!

いつも本当にありがとうございます!
2015.11.03 Tue 17:35
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おお!

rurubu1001さん、コメントありがとうございます。

limeさんのブログ6年は本当に凄いですよね。
なるほど。rurubuさんはミステリー的視点でタイトルを見ていたのですね。

limeさんの物語は出逢いと同時にものすごい勢いで一気読みしたのを思い出します。
今も変わらずとても魅力的ですよね。
limeさんのうなじもきっと魅力的でしょう(勝手に妄想^^;)

語りべのrurubuさんのお話もとても魅力的で、私はいつも楽しみにしています。
配役は(突然ですが勝手に^^;)、
意外と策が淑玲ちゃんで行けるかもよ~(?)
美男子のお兄さんがミヒロで、珠露に湊人はいかがでしょう?
宮廷に戻るとまたストーリーが展開するのですよね。そうすると配役も変わる?
おっとその前に、食堂でのあれこれが先ですね。
楽しみにしていまーす^^

ブログでの出逢いにはいつも感謝です。
rurubuさんとの出逢いにも大感謝です!^^
2015.11.03 Tue 19:47
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - No title

けいさんもlimeさんに捧げる、こういうのを書かれていたのですね。
見落としていましてすみません。

けいさんはそのブログの主を実名で……というか、ペンネームというかハンドルネームでそのまま登場する小説を書かれて、とても興味深いです。

私も以前、過分なまでに素敵な津々井茜を書いてもらいまして、愛する(愛さないでくれ~と叫んでいる声が聞こえますが……)田島くんに会わせてもらって、嬉しかったです。

limeさんって私の中にもイメージがあって、けいさんが書かれるお姿もぴったりでした。
こうやって自分の小説のキャラたちと触れ合う。
私もそんなの、夢でいいから見たいです。

2015.12.14 Mon 10:50
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - あかねさん

コメントありがとうございます。

この企画は本当に気まぐれでやっているもので(^^;)
しかも勝手にご本人様にご登場いただいておりまして(^^;)
見つけていただき、ありがとうございます。

そうそう。津々井茜さんは企画ものではなく、本編にご登場いただきまして、ありがとうございました。
田島を可愛がっていただいて、本人も喜んでおります^^

limeさんのイメージ、あかねさんと合いましたかね。ご本人を描くのは難しいですね。
とか思いつつ、結構勝手を楽しんでいたりします(^^;)
あかねさんのところはキャラが多いのですごくにぎやかな会合(?)になりそうですね^^
2015.12.14 Mon 20:13
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。