オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の花園 11 木曜日・湘南ドライブ(1) 

 木曜日。今日の田島は、やけに機嫌が良い。

「田島、何か良い事でもあったのか。今日はお前の方が秘密っぽいぞ」
「何だ『秘密の花園』、お前忘れてんのか。今日はサークルで、湘南にドライブに行く日だぞ」

 そんなことは、すっかり忘れていた。俺と田島は、大学にいくつかあるテニスサークルの一つに所属している。

 俺はバイトがあったからサークルなんてどうでも良かったのだが、一緒に入ってくれと田島に頼まれて仕方なく籍だけ入れていた。

 テニスサークルと言ってもテニスをするのは週に一回程度で、他に飲み会やらカラオケやらのイベント事の方が多いサークルだった。それが理由で、田島が入ろうと誘ってきたのだと思う。

 今日のドライブも、はじめは行くつもりなんてなかった。けれども、田島にどうしてもと頼まれて「行く」と言ってしまった。それを、バイト先の居酒屋に言っておくのを忘れていた。

 あわてて居酒屋の店長の自宅に連絡を入れた。電話に出た店長は、寝ていたところを起こしてしまったようで、機嫌が悪かった。

「分かった。今度からは前日までに連絡を入れてくれ。それから、花園、バイト中に客の女の子とイチャイチャするな」

 ―――それ店長、誤解だ。板長が知ってる。

 言い訳は、明日にしよう。

 五時限が終わってから、大学の駐車場にサークルのメンバーが集まる。サークルなんかほとんど出たことの無かった俺には、知らない顔ばかりだ。田島は、そのほとんどと知り合いらしい。

「花園は、俺の車な」
「田島お前、車なんか持ってたのか」
「もちろん、親の。お前免許あったっけ?」
「一応あるけど、ペーパーだから運転は期待しないで」
「ぜーんぜん、オッケー」

 車には俺たち二人の他、女の子二人が来た。俺はこの女の子たちのことは知らなかったが、乗る前に田島が、二人共英語学科の一年だと紹介してくれた。

「ま、お前には、三条さんがいるからな。女の子たちの面倒は俺が見るよ」
「何・・・言ってんだよ。訳わかんねー」

 ―――女の子たちがすぐそこにいるのに、何言うんだこいつは。

 俺があせっていたのなんか、田島は気にも留めない。

「亜希ちゃんと春菜ちゃんは、ドライブ好き?」

 女の子たちを車に乗せ出発すると、田島は早速、にわか湘南ボーイにでもなったかように、嬉しそうに話を始めた。

「はい。湘南大好きなんで、今日はすっごく楽しみです!」

 俺はその話に加わることなく、車の中から見える景色の流れを黙って目で追っていた。いつの間にか車内では、カラオケ大会が始まっていた。

 始めは田島が持っていたカラオケのCDで歌っていたが、それもすべて歌い切り、三人でアカペラで歌っていた。そのうち田島のオンステージ状態となった。

「湘南といったら、サザンでしょう!」

 田島は、運転しながらハイテンションで歌いまくる。女の子たちも田島に合わせて、車の中という狭い空間にもかかわらずノリノリ状態になっていた。

 普段からカラオケに行き慣れているせいか、田島はたくさんの曲を知っている。歌詞も良く覚えていて、結構、いや、かなりうまい。こうして車内は田島のライブで盛り上がり、目的地に着くまで飽きなかった。

「田島さん、すっごく歌うまいですねえ」
「カラオケで鍛えてるからさ。今度、一緒に行こうか」

 とりあえずの目的地は、茅ヶ崎に新しく出来たレストラン。そこでサークルのみんなで、晩御飯を食べることになっていた。

 食事後は基本自由で、箱根に行っても良いし、鎌倉方面に戻っても良かった。

「箱根の温泉に行かない?」

 もちろん、そんなことを言うのは田島だ。

「あたしたち、明日一限に必修が入ってるんで帰りが遅くなるのはちょっと・・・」
「田島、お前も一限あるだろ。俺は無いが」
「何だよ、花園。お前も温泉、行きたいくせに」
「俺はバイトで疲れているから、少しでも早く家に帰って休みたいんだけど」
「温泉に行けば、疲れなんか一気に取れるぞ」

 場に沈黙が流れる。田島との会話は、時々ものすごくずれる事がある。女の子たちも少し困っているじゃないか。

 少し間を置き、田島が再度提案した。

「じゃあ、江ノ島に行って、鎌倉経由で帰ろうか」

 ―――ホント、ため息が出るぜ。それが順当だ。

 少しは俺と女の子たちの空気が読めたか。お前も人間関係を円滑にする術を学ばないとな。良し良し。

 食事を終えた俺たちは、サークルの先輩たちに挨拶をして車に戻り、江ノ島方面に向けて茅ヶ崎を離れた。



< 前話  TOP  次話 >



   バイト、サボりではない(-_-;)

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


『秘密の花園』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.30 Sun 19:06
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

コメントありがとうございます。
お久しぶりですね。ご訪問、嬉しいです^^

大学のサークルとか、青春ですよね~。遠い目。
私は横浜出身なので、関西はあまりです。
ちなみに、大阪には3時間の滞在経験のみです~
湘南・箱根は良い所ですよ。是非^^

豪州のサッカーはいまひとつ盛り上がらないのですが、そうですか、アジアカップが。
日本からもたくさんの人が訪れそうですね。
ちょっと先ですが、楽しみです。
2014.03.30 Sun 21:27
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

かなりどうでもいいけど。
こういうときに交通事故が多いんだよなあ。。。
(*´ω`)

・・・と思ってしまうのは私が歳を取ってしまったのでしょうねえ。。。

2015.10.17 Sat 19:33
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

ぷぷ。田島の運転なので・・・って、大きな意味はないのですけれど(^^;)
もちろん、交通事故には気を付けてほしいところですね。
女の子二人と、徹さん乗せてるし。大丈夫だよね(?)
2015.10.17 Sat 20:37
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。