オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアハウス物語 7 現(げん) 

「アリー、帰ってる?」

 その男性が、目じりにしわを寄せたままの笑顔で宇宙に話しかける。

「外のライトが一つ、つかないんだ。充電池切れかと思ったらそうでもないみたいなんだよね」

 髪にはグレーが混ざっているけれども、スリムのジーンズにグレーのパーカーというカジュアルスタイルがこの男性の年齢を微妙にわからなくする。

「えっと、ちょっと、わかんないです。俺、さっきまで書斎にいてからこっちに来たんで」

 宇宙がドギマギと答える。向こうは宇宙のことを知っているけれども、宇宙はこの男性を知らない。そのシチュエーションにはどうも慣れない。

「そっか。ま、あとででも良いや。ああ、この子かあ、シャム猫ちゃん」

 男性が目じりにもっとしわを寄せて「かわいいねえ」と宇宙の足元にいた子猫を抱き上げた。

「宇宙くん、この家はどう?」

 子猫を抱いたまま話を続けようとする男性に対して、宇宙が「その前にあなたは誰?」という視線を向ける。

 宇宙の視線の意味に気付いたのか、男性ははっとしてから名乗った。

「あ、俺は現(げん)。この家のメンテナンスをしてるから、家のことでも部屋のことでも何かあったら言ってね」

 ここでやっと宇宙は「よろしくお願いします」が言えた。

「現さんもこのシェアハウスに住んでいるんですか?」
「いや、俺は通い。まあ、来ても庭にいる時間の方が長いかも」

 六部屋のシェアハウスには、ゲストルームのようなスペースはない。宇宙はそのことを思い出す。

「紅の部屋は? 紙飛行機、気に入った?」
「いやあれ、凄いですね。感動モノですよ」
「だよね」

 現に抱かれた子猫がモソモソしだす。「ヨシヨシ」と現がそちらに気を向けてしまったから、宇宙は誰があの折り紙の飛行機を作ったのかを聞きそびれた。

「アリーを探しに行こうか」

 子猫に話しかける現と共に、宇宙もサンルームを後にした。

 現は洗濯場を覗いて、コーナーにある猫のトイレを見つけると、子猫を砂の上に降ろした。子猫は行儀良くシャーとする。現は再び子猫を抱っこすると、キッチンに足を向けた。

 キッチンにいたムーカイは、「あ、現さん。どうも」と即座に人気(ひとけ)に気付く。レンジ台には平鍋が乗っていて、今日もキッチンには香ばしい匂いが漂っていた。

「ムーカイ、今日もカレー?」
「違うよ。今日はビリヤニ(スパイス・野菜・肉などと一緒に米を炊きこんだ、インド風炊き込みご飯)。俺が作るから本場ものね。現さんも食べていく?」
「ほんと? じゃあ、気合いの入った激辛ものをあとで少しもらおうかな。アリー、帰ってる?」
「うん、さっき顔出した。今シャワーを浴びてるよ」
「オッケー」

 宇宙は、軽く会話を交わす現とムーカイの二人から離れた別世界にいた。冷凍庫を開けたまま、まるで何かの呪縛から解かれたような安堵の表情を浮かべる。

「あった」

 誰にも手を付けられず、そこには宇宙の冷凍パスタが収まっていた。置いたものが、置いたところに、置いたままある。それは小さなことかもしれないけれども、宇宙にとっては大きく重い。それは決して普通のことでも当たり前のことでもない。

 宇宙が、名前の威力をこれほどありがたく思ったのは、生まれて初めてのことだったかもしれない。嬉しさに泣きそうになるのをこらえ、電子レンジにセットする。

「ただいまあ」

 ワンちゃんだ。

「あ、現さん。早いですね」
「ワンちゃんも、今日は早いね」

 ワンちゃんは猫の缶詰が入った買い物バッグをギュッと握りしめ、子猫を抱く現を上目づかいで睨んだ。

「そんな目で俺を見ないでよ」
「ニコールは遅くなるからと伝言をもらっています」
「うん。俺もメールもらってる。良晴からも」

 ミー。子猫がワンちゃんに向かって「ママー」と言うように鳴き出す。

 現は、ワンちゃんの買い物バッグを持っていない方の手に、子猫をパスした。

「だから、今日のミーティングはムーカイ、ワンちゃん、アリー、宇宙、俺、の五人ね」
「ミーティング?」

 電子レンジの前にたたずむ宇宙が首を傾げる。

「オーナーからのメール、見てないの? 今夜7時半から。ネコちゃんのミーティングだよ」

 ガスレンジの前にたたずむムーカイが教えてくれる。

 チーン。宇宙のパスタが出来上がった。

「現さん。こんばんは。お元気ですか」

 電子レンジの音に合わるように、シャワーから上がったアリーが、キッチンにさっぱりした顔を出した。

「アリーに用事があったんだよ。悪いんだけど、ちょっと庭のライト見てくれる?」

 目的の人物を見つけた現さんが、にこやかに目じりを下げる。アリーを連れて再びサンルームの方へ戻っていった。

「大丈夫だよ、ワンちゃん。俺たちみんな、猫ちゃんのことキープしたいから」

 現とアリーが行ってしまった後、難しい顔をして猫のカリカリ餌をふやかすワンちゃんにムーカイが声を掛けた。

「な。宇宙」

 ダイニングテーブルでパスタをほおばる宇宙が、急に振られて焦るものの、「お、おう」と同意の意思表示をする。

「ありがとう。ムーカイ」
「ワンちゃん、ミーティングの前のミーティングをしよう。こっちも作戦会議」
「そうだね」

 ムーカイの言葉に、強い味方を得て気を取り直したように、ワンちゃんが目力を込めた。



「アリー、あそこ」

 ボワンと庭の明かりが灯される。手入れの行き届いた庭園だからこそ、夜は昼と全く違う空間を見せる。

 濃紺の空を背景に、桜が浮かび上がる。人の集まるいわゆる花見の名所に出向くまでもなく、この庭で十分に満足のいく鑑賞ができる。

「ソーラーの充電池を変えたんだけど、それでもつかないんだ。見てくれる?」

 アリーが黒く大きな目を凝らす。そこに浮かび上がるはずのパステルカラーの色が見えない。二人はゆっくりとその一角に近づく。

 その花壇には、昼間元気な姿を見せていたであろう春の花たちが、一日の疲れを癒すように行儀よく収まっていた。

「これなんだけど」

 現がコーナーにあったガーデンライトを手に取り、アリーに渡した。アリーは首を傾けるとしばしそれを眺める。

「現さん、これ何歳?」
「四年くらい使ってるかな」
「それ、古いね。寿命」
「え、四年で寿命なの?」

「このデザイン、気に入ってたんだけどなあ」と現が肩を落とす。
「ホームセンターに、新しくて良いの、たくさんあるよ」とアリーが元気づける。

「そうだね。サンキュー、アリー」
「どうしいたまして」
「どういたしまして」

「ぷっ」と二人同時に吹き出す。

「アリー、随分日本語上手になったね」
「私、めちゃくちゃ勉強しました。シェアメイトのみんなも教えてくれました」

 現はニッコリすると、寿命のガーデンライトをひとまず元あった場所に戻し、「中に入ろう」と花壇に背を向けた。

「現さん、あの」
「ん? 何、アリー?」

 引き留めるようなアリーの呼びかけに現が振り返る。

「私、引っ越しすること、決めました」

 アリーは意を決したように、黒く大きな瞳を現に向けた。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




 謎の庭師、現さんです。いえ、謎とか無いです(-_-;)
 ネコちゃんの運命が先延ばしになってしまった・・・すみません(><)

 ご訪問、ありがとうございます^^
 「シェアハウス物語」(”Share House Story”)に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 皆様が素敵な一日を過ごせますように。
 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 八少女 夕  

Title - おわ?

こんばんは。

オーナーは現というお名前?
メンテナンスって(笑)
確かにそうだけれど。

そして、そんなに猫ちゃんの敵でもなさそうなので、その件は安心して待っていることにして、あれ、アリーがお引越し?

ビリヤニというのは初耳です。ドライカレーみたいな感じかしら?
でも、本場物だからきっとずっと美味しいんだろうな。激辛?

次回も楽しみにしています。
2016.02.24 Wed 04:36
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: おわ?

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

現(げん)さんです。よろしく^^
猫ちゃんはね、まあ、私が描く物語ですから、安心して見ていてください(ネタバレ?)
現さんのことをわかっていない新入居者が約1名おりますが、放っておいてください(^^;)

次回は猫ちゃんを後に回して、アリーについてです。
(長くはならない、って一応言いたいけれども、信じてもらえるかなあ -_-;)

ビリヤニはクックパドしたら山のようにレシピが出てきてびっくりしました。
要するに、ドライカレーのようです(食べたことない。あれれ~><)
おお。きっと激辛ですよ。ちょっと修正入れます。

次回がいつになるか・・・遅筆モードなので、のんびりとお待ちいただけると嬉しいです(汗)
2016.02.24 Wed 16:27
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - うん?

現さんはオーナーではないんだよね? 庭師? 修繕係? でもオーナーの息がかかった人物であることは間違いはなさそう。もしかして、苗字はあしのみど~??
「げんさん」の音の印象は、時代劇に出てくる大工さんっぽいから、やっぱりこういう役回り? なんてことはないかぁ。

猫ちゃん会議があるんですね。オーナーからもメールってことは、すでにオーナーも知っているのね。てことは、オーナー的にはみんなで話し合って決めたらいいよって民主主義ってことなんだな~
でも、突然お引越し宣言が出ましたね。
それぞれの立ち位置がもう少し分かってから出てってね、とか思っちゃうんですが、居残ってくれるかな?
2016.02.24 Wed 20:23
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: うん?

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

お。もしかして現さんが大海さんには謎の人物となっている?
ちょっとわかりにくい表現ですね。すみません。
大工さんか? 大工も兼ねているかも(?)
あとで宇宙のためにもクリアにします(^^;)

アリーの件が入ってしまったので、猫ちゃん会議があとになってしまった(-_-;)
ま、こっちは民主的な平和会議のようなものかも。

引越し宣言に至る事情については次回です(順番逆?)
アリーの出身をググってもらえるとちょっと事情が見えるかも。
いえ、予習をお願いしているのではなく・・・
いろんな人が住んでいる、が売りのシェアハウス、の予定です・・・(汗)
2016.02.25 Thu 07:13
Edit | Reply |  

Name - lime  

Title - 現さん

てっきりオーナー登場かと思ったら、メンテナンスの現さんでしたか。(あ、いや、知り合いじゃないです)

ちょこちょこと、住居の不具合を見てくれる人がいると助かりますよね。
なかなかこの現さん、ここの顔なじみのようですが、宇宙とも仲良くなるのかな?

猫ちゃん会議とアリーさんの引っ越し。この後もいろいろありそうですね。
とにかく今日は、宇宙の冷食が無事でよかった^^
2016.02.25 Thu 21:12
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 現さん

limeさん、コメントありがとうございます。

メンテナンスの現さんをよろしくお願いします。
limeさんと知り合い、いえ、仲良くしていただけます?

庭の水遣りやなんかでよく来るので、第七の住人みたいな感じかな。
いや、もしかしたら0(ゼロ)の男かも・・・(イミフ -_-;)

> とにかく今日は、宇宙の冷食が無事でよかった^^

↑これに気付いてくださってありがとうございます!
置いたところに置いたままある、これに感謝した宇宙でした。
小さなことだけど、大きなこと^^

猫ちゃん会議は先延ばしで、次回はアリーの引っ越しについてです。
今後のシェアハウスの事情についてもよろしくお願いします。
2016.02.26 Fri 07:25
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

なんだ。メンテナンスしている人なんですね。
シェアハウスのわりには結構豪華な設備ですね。。。
ひょっとして、思ったより規模が大きい?
(*´ω`)

住む人は楽ですなあ。。。
2016.02.27 Sat 09:43
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

メンテナンスの現さんです。よろしくです。
6部屋あるので、何かと手がかかります。庭も^^
結構大きな家かもですが、間取りはLandMさんの思う通りで^^

家は手入れをしないとくたびれてきますからね。
そこをやってもらえるとは気が楽ですよね。
2016.02.27 Sat 11:45
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - シャムネコ

最近そういえばシャムってあまり見ませんね。
長毛系のほうが流行りなんでしょうか。
ああいうスリムでつんと澄ました猫ってのもいいけどなぁ。
そういう猫が私にだけ甘えてきたら……それこそツンデレ。

ミーティングという言葉で、若いころに泊まったユースホステルを思い出しました。
夜はお話会。朝には近所の小学校でみんなでバレーボールをしましたっけ。

シェアハウスって若者の集まるユースホステルに近い感じもあるんですね。
短期か長期かの差はあっても。
2016.03.06 Sun 12:12
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: シャムネコ

あかねさん、コメントありがとうございます。

シャムネコちゃんには流行があるみたいですね。かわいいんだけど。
毛並みが長かったり短かったりするのが人のそばにいるとかいないとかだけの話なのにね。
ま、自分が飼うとなればどんな子もかわいい^^

ほう。なんだか楽しそうな思い出ですね。
一泊限りではそんな思いでもできないでしょうね。
せめて数泊でしょうか。

シェアハウスは安いこともあってお金のない若い子たちが住むという印象もありますが、実は年齢制限はないのだと思います。
うん、期間は長期ですね。そうでないと、ここはホステルじゃないって大家さんに叱られる(^^;)
猫ちゃんミーティングは先延ばしになっていますが、みんなが集まってどんな話になるやら。
(だから、先の話>< すみません)
2016.03.06 Sun 16:32
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。