オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

シェアハウス物語 12 これで決まった 

 シェアハウス・葦埜御堂。

 新入居の宇宙も、ここの生活に少しずつ慣れてきた。大きな家、広い部屋に住むのは快適で、気の良いシェアメイトたちともうまくやっている。お風呂デビューも、つい先日やっと果たした。

「ただいまあ」

 とりあえず、玄関でひと声。二階に上がる階段の前を素通りして、リビングを横目にキッチンに向かう。

「ただいまあ」
「お帰り、ソラ」
「ソラ、お帰り」

 ムーカイとアリーの二人が早いことが多い。ダイニングで夕食をとっている。宇宙は大学の図書館で調べ物をしていたので、今日はいつもより帰りが遅くなった。

「ヒメ(姫)は? ムーカイ」
「いや、おばあちゃんになった時にプリンセスはきついでしょう」

 宇宙は、冷蔵庫に物を入れながら二人の会話に耳を立てる。そうしながらも、今は絶対に買ってきた物に「紅」と「宇宙」の二つの名前を書き忘れることはない。

「タマ」
「うーん」
「じゃあ、フネ」
「アリー、どっから持ってくるの、そういうの」
「サザエさんから」

 宇宙の今日のメニューはそば(蕎麦)。ムーカイとアリーにも食べるかどうか、声をかける。「私はいいです」という返事がアリー。「少しもらっても良い?」がムーカイ。それを受けて、宇宙は二人分の麺を茹でる。

「ジャスミン」
「アラジンのヒロインね」
「モルジアナ」
「アラビアンナイトね。アリーの趣味ね」

 子猫(と宇宙)がシェアハウスに来て一週間。結局、いまだに、子猫の名前が決まっていなかった。(宇宙は自分の名前を冷蔵庫の物に書けるようになったが。)

 みんなで名前を決めたいというワンちゃんの希望があり、それぞれにミーティングの日を探ってきた。

 一番忙しいのがニコール。人気英会話講師のニコールは、昼はグループレッスン、夜は個人レッスンとスケジュールがびっしり詰まっていた。

 大学は夜間に通いながら昼間は時間不定期の仕事をしているらしい良晴の予定が、他のみんなとなかなか合わないのも難だった。良晴は「みんなでかわいいの付けてね~」とすでに委任状を冷蔵庫に貼っていた。

「ただいま」

 宇宙とムーカイがそばを平らげたタイミングで、ファーストフードを手にしたワンちゃんが帰宅。

「三人!」

 キッチンに入ってくるなり、ワンちゃんがニコニコ顔で「三人」に声を掛けた。これは事を素早く進めるには最適なグループ名かもしれない。

「今夜、ミーティングね。ニコールが早く帰ってこれるんだって」

 ワンちゃんの一声で今夜の予定が決まる。

「おし!」

 なぜかムーカイがガッツポーズ。

「ネコちゃんは?」

 ワンちゃんからの問いに「そういえば」と六つの瞳が不規則にお互いを見回す。ワンちゃんがすかさず、サンルームの方へ向かった。入れ違いに・・・

「ただいまあ」

 何だか今夜のシェアハウスは慌ただしい。ニコールがいつもより早く帰ってきた。

「お。スリー・ピープル揃ってるね」

 ニコールの日本語アクセントの英語はきっとムーカイのが移ったのだろう。

「ワンちゃんは?」
「ネコちゃん探しにサンルームの方に行ったけど」

 それを聞いたニコールも、カバンをリビングのソファにボンと投げると、サンルームへと向かおうとしたとき。

「キャー!」

 ワンちゃんの叫び声がした。それと、バタバタとはためく音。

「どした! ワンちゃん!」
「ワンちゃん! どした!」

 ニコール、ムーカイ、アリー、そして宇宙の全員がドカドカと足音を鳴らしてサンルームに向かう。

「きったなーい!」

 サンルームにワンちゃんの呆れ声が響く。みんなが目にしたのは、ワンちゃんに首根っこを掴まれ、宙に摘み上げられた子猫。

「借りてきた猫」とよく言うが、それを実演するように前足をクイと折り、「私が一体何を?」と状況が分かってなさそうにブルーの瞳を不規則に回す。

 いや、この子は借りてきたのではなく、飼い始めた猫。そしてこの子、どこで遊んできたのか、体中がクモの巣だらけになっていて、とにかく汚い。

 鼻を向けたらむせてしまいそうになるほどの埃にまみれ、白かったはずの背と腹は茶色交じりの灰色に。

 ワンちゃんでなかったら触りたくない、と思ったのは宇宙だけではないはず。

「見て」とワンちゃんが顎でしゃくる方を見ると、茶色いトカゲの死骸が。

「それで遊んでたんだよ」
「うわ、やんちゃ」

 くちゃくちゃに見えるその無残な姿に憐れみを感じる全員。女の子だから「おてんば?」と言語に訂正を入れるのがムーカイ。

「お風呂、お風呂!」

 そう言いながら、ワンちゃんが子猫を運び出す。ニコールが同伴して二人でサンルームを後にする。

 トカゲと共に残されたのは「三人」。

 さて。誰がその憐れ身を外につまみ出すかで視線を投げ合う「三人」。

 ジャンケンを提案しようとした宇宙の目の前を遮り、賢者のようにすっと手を差し伸べたのはアリー。

 親指と人差し指でとっくに切られた尻尾の方をつまむと、その御遺体をサンルームから外へと運び出す。

 庭の桜は葉桜の時期を迎えていた。「三人」はシャベルを持ってきて木の根元を掘ると、桜の花びらと共にトカゲを底に横たえた。

 無事に土に帰れますようにとの願いを込めて地をならす。ふっと風が吹いて、季節の残り香を散らすようにまた桜の花びらが降った。

 その時、この桜の木がシェアハウスの御神木だと思ったのは、宇宙だけではなかったはず。合掌。

 一方、お風呂場のワンちゃんとニコールは、初めてのお風呂体験にミーミーと騒ぐ子猫と奮闘していた。

 ニコールが手足を押さえ、ワンちゃんが体をシャンプーする。

「Wow! She’s sooo.... 汚いねえ」

 泡がカフェオレのような茶色になったことに、ニコールが目を丸くする。今や子猫はシャムネコではなく、女の子なのにオレネコ。

「ネコちゃん、もうちょっとだから我慢してねえ」

 ワンちゃんが子猫にシャワーを当てると、まずそうなカフェオレが排水溝に流れ、子猫の背と腹が白色に戻った。

 それを見たニコールとワンちゃんは、双子のように同時に口角を上げ、ニッと目を合わせた。



「お待たせ~」

「三人」がリビングのソファでテレビを見ながらうだうだしていると、タオルにくるまれた本日の主役を抱えた女子チームが戻ってきた。

「わ~。きれいになりましゅたね~」

 未だに聞き慣れないアリーのアニメ声がオクターブ上がる。子猫はリビングに降ろされると、毛並みを整えるように頭と体をブルブルと振った。ほのかにワンちゃんのシャンプーの匂いがする。

「かぁわいいねえ」

 珍しくムーカイも目を細める。

 ワンちゃんが、キッチンで猫缶とカリカリ餌を用意して、電子レンジを回し始めた。

「シャミアミアミ……ねえニコール、シャムネコの英語名なんだっけ?」

 何となく宇宙が訊く。

「それそれそれー! それ良くない?」

 宇宙の質問に、質問でリアクションするニコール。身を起こすと宇宙に向かってブルブルと激しく人差し指を振った。

 その指の振動が見極められず、寄り目になる宇宙と、「な?」の口を見せる残りの「二人」。

「ね、ワンちゃん、『シャミー』、良くない?」

 ニコールがキッチンのワンちゃんに向かって、弾むように声を上げた。

「『シャミー』! かわいいじゃん、それ」

 ワンちゃんが明るく嬉しそうに答えた。
 
 これで「決まった」と「三人」は確信した。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!


 シャミーちゃんです。よろしく^^ 決めたのは宇宙!?

 シェアハウス物語、ものすごいカメ更新で、もしも待ってくださっている方がいらっしゃいましたら申し訳ないです m(__)m

 ご訪問に感謝です。


 さて、先日。

 ブロ友の大海彩洋さんTOM-Fさんのところで紹介されていた、「診断メーカー『本の感想聞いたったー』」をやってみました。

 本のタイトルを入れると、その本に対する幹部メンバー3人の感想がわかるという・・・

 本じゃないけど、なかなか面白かった。


 『シェアハウス物語』

 福浜「枕に最適」
 横坂「とにかく笑った」
 中峯「ヒロインがかわいい」
 
 (枕? ヒロイン? とりあえず、笑えてもらえて良かった?)

 『Share House Story』

 高波「涙が止まらなかった」
 野森「臨場感がたまらない」
 稲崎「ファンタジーすぎる」

 (涙? ファンタジー? 臨場感というのは嬉しいかも?)


 ご訪問、ありがとうございます^^
 「シェアハウス物語」(”Share House Story”)に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 皆様が素敵な一日を過ごせますように。
 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - lime  

Title - 

おお、シャミ―。可愛い名前にきまりましたね^^
育ての親がたくさんいると、名前を決めるのが大変ですもん。よくぞ決まった。
うう、シャムネコの英語名って、なんだろう。

猫ってトカゲで遊ぶんですよねえ。
野生が残ってるから。
知人の猫は、鳥をちょくちょく取って来るからキモイって嘆いていましたw
アメショーなのに、野生なのねえ。

あ、私もこの前、田舎に帰った時にトカゲ捕獲しましたよ~。
写真も撮った^^
見る?
2016.05.14 Sat 15:40
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 

再びテンプレが変わった。。。!!!
(´゚д゚`)

常に変化を求めるけい様ですね!!
(*´▽`*)

猫の名前も決まりましたね。
随分エキセントリックというか外国風の名前ですね。
猫も色々なところを行くから、たくさん汚れますよね~~。
猫と犬を両方飼っていたころは洗ってあげるのが大変だった。。。
2016.05.14 Sat 15:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - limeさん

コメントありがとうございます。

そうなんです。みんなで育てるシャミーちゃんですよろしく^^
宇宙が決めたのかニコールが決めたのか・・・みんなで?
シャムネコの英語名はサイアミーズ(Siamese)らしい(辞書より -_-;)
それで宇宙が噛んだ(?)

猫ってトカゲと目が合うらしいんですよねえ(?)
うちの母の猫も雀を取ってきちゃあ母に見せたそうです。
見せなくてもいい、と嘆いていましたw

何とlimeさん。どっちのカメラで撮ったんですか。
見る!!
2016.05.14 Sat 17:02
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

一時、テンプレ巡りしてました(^^;)
これが良さそうで、これに落ち着きました (*´▽`*)
またよろしくお願いします^^

猫の名前も決まって良かったです(自分がホッ ^^;)
シェアハウスの猫風だと嬉しいです^^
猫ちゃんは、どーこいってたのってビックするようなことありますよね。怪我して帰ってきたりとか。うちのは母の猫だったので、毎回母がぎゃあと声を上げていました。
おお。LandMさんはワンちゃんネコちゃんの両方でしたか。お疲れっす^^
2016.05.14 Sat 17:17
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - しゃみ~

その名前にちょっとだけ申し訳ない気持ちになったのは内緒です。うん、シャム猫、ですよね。三味、じゃない。
何てのはともかく、トカゲにびっくりする仔猫の映像もありましたが、あのトカゲの何とも言えない雰囲気が猫としては気になるのでしょうか。うちの猫は蛇を獲ってきて、自慢げに廊下に置いていました。カモを獲ってきたこともあります。禁猟区なのに。
まぁ、野生ですからね、狩りをしてきたら褒めてあげないといけないそうですが、廊下に紐が落ちていると思って拾い上げたうちの母は災難でした。
こちらの猫ちゃんも、仔猫とは言え、ちゃんと野生ですね。猫は本性を失わないと言いますから、そんなところが魅力なのかも。猫ちゃんの名前も決まったことだし、風呂にも入ったことだし、一歩前進。

タイトル遊び。ヒロインが可愛い!?
そらはヒロインだったのか? いや、しゃみー?

関係ないけれど、私もトカゲの写真見る~!
トカゲは私のソウルメイトなんです(共に旅をしている伴侶、らしい)。
2016.05.14 Sat 19:21
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - あ

こんにちは。

このテンプレもいいですね、というつもりで来たら、また変わっていた(笑)
うん、こっちも素敵です。
けいさんらしい、潔い感じ。

ノベルリストのプラグインも健在だから、ひと安心。
(ここ数日で「秘密の花園」を読みに行く予定)

さて、名前決定! しかも宇宙が名付け親。かんじゃったのがいい感じでしたね。

そうそう、英語だと「シャム」とは聞こえないのですよね。うちの連れ合いはたぶんドイツ語化しているのかよくわからないけれど「しあむ」に近い発音で最初は「なんだそりゃ」と思いましたよ。

猫、そうそう、いろいろとお持ち帰りになるんですよね。
以前、隣人が「助けて」とやってきましたよ。お持ち帰りになったネズミが生きていて、「キッチンにまだいる」って。本能だから、借り早めろとは言わないけれど、お願いだから外で遊んで(笑)

2016.05.14 Sat 22:08
Edit | Reply |  

Name - 夢月亭清修  

Title - 

シャミーちゃん可愛いですねぇ^^
女の子なのにオレネコ……笑
色の事とは思いつつも、この言葉だけで色々と変なキャラクターを妄想してしまいました。(物語とは全然関係ないですが…笑)
シェアハウスの御神木、なんだか素敵な守り神ですね♪
2016.05.15 Sun 00:30
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: しゃみ~

大海彩洋さん、コメントありがとうございます。

おお。三味線のシャミー! ブルーアイの三味線弾きは話題になりそう? てか、皮が・・・(一気にホラー?)
禁漁区での狩り~ ぷぷ。お母様、災難でしたね。
うちの母の猫も、雀から鳩にグレードアップしたとき、母はお願いだからカラスは無しよと祈っていたそう・・・
ちなみに、ネコちゃんの名前の前の宇宙のお風呂シーンは速攻でボツにしました。

タイトル遊び。爆笑というよりふふ系? ヒロインは誰!?
なんと。トカゲは大海さんのソウルメイト! 旅の伴侶!
limeさんっ。見たい!
2016.05.15 Sun 08:10
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あ

八少女 夕さん、コメントありがとうございます。

テンプレは、一度あさり始めたらはまってしまいました。
今のが気に入ったので、これで落ち着きました^^
なんと。夕さん!「秘密の花園」ですか。あわわしちゃいますけど、嬉しいです。
あっちもあちゃー、こっちもあちゃーしてますが、ぷ、と生暖かい目でご覧いただけますように(滝汗増量)

さて、興奮を抑えて。
名前、宇宙が名付け親なのか、ニコールなのか、かんだもん勝ち?
お。シャムネコドイツ語バージョン。ググってみました。面白いですねえ。
言語の数だけ呼び名があるのでしょうね。

うぷぷ。夕さんにはお隣さんからのSOSが^^
巻き込まれちゃうとひと騒動になりますよね。
ああ、猫ちゃんたち、逞しい!
2016.05.15 Sun 08:37
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 夢月亭清修さん

コメントありがとうございます。

シャミーちゃんは可愛い系にしてみました^^
なのに、オレネコ化……?
ぷぷぷ。私もキャラ妄想して一人でニマニマしてました。夜中に。怪しすぎるっ(><)
どこかで宗次郎さんと面会したい^^

シェアハウスの御神木は結構な樹齢の立派な桜です。
ここ、見てくださってすごく嬉しいです♪
2016.05.15 Sun 08:51
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - シャミーちゃんよろしく。

テンプレ、替わったのですね。
爽やかな感じで素敵です。

猫の名前、「たま」にしてくれないかなぁ、とひそかに期待していたのですが、でも、シャミーちゃん、可愛い。
飯炊きおばさんに立候補中の私も、そのうちには混ぜてね。

そういえば猫つきシェアハウスってあるそうですね。
引き取り手のない猫と暮らせるおうち。
住人が出ていくときには、希望すれば猫も連れていけるのだそうです。

そうすると残った猫好き人々が寂しくなって、また捨て猫を保護して……というふうにするのでしょうか。できることなら私は猫シッターになりたいなぁと夢見ています。
2016.05.16 Mon 12:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: シャミーちゃんよろしく。

あかねさん、コメントありがとうございます。

テンプレは前のでも良かったのですが、ついまた気まぐれで(^^;)
あかねさんは季節ごとに変えられていていつも素敵だなあと思っています。

はは。アリーの言った「たま」は却下されてしまいました。
シャミーちゃんをよろしくです。ご飯あげてやってください^^

なんと。猫つきシェアハウス。へえー(@@)
それは情が移っちゃいますよね。
あかねさん→猫シッター、似合いそうです^^
2016.05.16 Mon 23:03
Edit | Reply |  

Add your comment