オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の花園 15 金曜日・喧嘩(1) 

 金曜日。また田島は、朝サボリ。昼に学食で見つけた。

「お前、また朝サボっただろ」
「サボリじゃねーよ。病院に行ってたんだよ」

 田島は包帯でぐるぐる巻きになった左手を、俺の目の前に突き出してきた。

「三針縫った。深いらしい」
「良かったな、左手で。あ、車の鍵はポストに入れておいたから」
「今朝見つけた。サンキュ」
「んで?」

 今日は、俺が田島に突っ込む番だ。たまには良いだろう。

「何?」
「で?」
「だから何?」
「亜希ちゃんは何時に帰ったの?」
「泊まってった」

 今日の田島は、話しの切れが悪い。

「そうなんだ。じゃあ、朝メシ作ってもらったとか?」
「ん・・・」
「病院も一緒についてきてくれたとか?」
「ん・・・」
「もしかして彼女の運転で行ったりして?」
「ん・・・」

 いつもとは立場が逆転だ。おもしろいぞ。

「今日の帰りも、送ってもらうとか?」
「知らねーよ。もう、いいだろ。お前の方は、春菜ちゃんとどうだったんだよ。ちゃんと送ったのかよ」
「安全運転で、家まで無事に送り届けました、だよ」

 もちろん俺の方は春菜ちゃんを送るのに、ベイブリッジ経由で山手にある洋館まで行った、なんてことなど言うはずがない。俺は『秘密の花園』だからな。

「昨日のシャツ、あとで洗濯して返すから」
「いらないよ。お前、凄く血流してたから洗濯しても落ちないだろう。雑巾にでもして、彼女のために部屋の掃除にでも使え」
「返すっ!」

 今日の田島は、しおらしくおとなしかった。それは、怪我のせいだけではないだろう。彼女とはどうなったのか、もっと突っ込みたかったが、やめといてやった。

 ―――ふふふ。お前から言い出すまで、待っといてやるよ。



< 前話  TOP  次話 >



   徹さん、田島君とは良いお友達^^

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


『秘密の花園』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.16 Sun 18:42
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

わ、お久しぶりです~^^ コメントありがとうございます。

田島と彼女に何があったか。
実は次作の中でこのときのことを描いたのですが、改稿時にカットしてしまいました(うわ><)

サイコものですか。挑戦は素晴らしいです。応援しています。
こちらにもまたお時間のあるときに、お越しいただけると嬉しいです。

こちらでは先週、アジアカップの準決勝のチケットが販売されました。
ジャパンもAUSも残ると良いなあ。それで、盛り上がると良いなあ^^
2014.11.16 Sun 20:36
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

田島くんも毎度毎度大変だ。。。
まあ、それはそれで切り抜けていくのが田島くんなので。
ガンバ!!
・・・・と応援しても、不幸がやってくるのが田島クオリティ。
( 一一)
2015.10.31 Sat 13:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

このころの田島はかなり学生っぽいです。いあ、学生なのですけれど(^^;)
徹さんと出会って、良いお友達関係になっていくところです。

ぷぷ。毎度大変なのですが、LandMさんはじめ、徹さんを含む皆様の応援をいただいて切り抜けている模様(?)
田島クオリティ、ですか。それ良いですね。
クオリティ高めていって・・・ほしいものですね!?
2015.10.31 Sat 17:12
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。