400字で書いた「手紙」

4 0
どうもです。
5月…寒くなってきました。ね(*^^*)

さて。
長い話を短くすると…

3月に東京でエブリスタさん主催の小説についてのトークショーがありました。そこに参加された方が、事前に出されていた「あなたがただ一人に向けた『手紙』というものを、400字以内で書く」という「課題」を発表する、という時間がありました。

トークの中で、その手紙についてのディスカッションがありました。後日、その手紙を書いた方が、ご自身の『手紙』の「その後」を同じく400字以内で書いて欲しいという企画を募集されました。

いくつかある手紙の中から一つ(あるいは複数)を選んで自由にアレンジする、というその企画に私も乗ってみました。

「400字」という制限と、「手紙のその後の展開」という制限がありましたが、なんだか自分なりに気に入った感じに書けたので、このブログにも載せたくなりました。

オリジナルの「手紙」(快紗瑠さんというエブリスタ会員の作家さんのものです。エブ内にて公開)がまずあり、その「手紙」の「その後の展開」を描いてみました。

オリジナルはエブリスタにありますが、ここにオリジナルが無くても通じますように……?


*** ***


― 来世の自分へ ―


どんな形にせよ、このメッセージは間もなく自分に届くだろう。

「前世や来世の自分へのメッセージ」なんて、今や簡単にできる。

だから、来世の自分に送ってみた。

前世は歴史であり学び。

積み上げ、その上に立つのが現世。

自分は自分の現世を進む。

現れた以上、自分であるしかない。

正直今、しんどい。

切羽詰まった、酷い状況だ。

それは、手にあるAIフォンのように。

青く淡く光るスクリーンが、間もなく切れて黒くフェードアウトする。

そんなところまで来ている。

だが、ここまで自分は、まっとうに自分を貫いて生きて来た。

他の誰でもない自分だ。

だからこうして今、自分は家族や友人に囲まれ、感謝と幸せな気持ちの中で現世から身を引くことができる。

もう一度自分となるのが、今から楽しみなところだ。

そこで待ってろよ。


来世の自分へ。
現世の自分より。


*** ***


ちょっとだけSFチックになったところが自分的お気に入りポイントです。

エブリスタのリンクを載せますので、もしよろしければこちらにもお越しください。
(快紗瑠さんにつながるリンクもこちらから↓)

「快紗瑠さんの手紙」
http://estar.jp/_novel_view?w=24569532




にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!


もしもお時間がありましたら、私の書いた「手紙」からさらに妄想展開する、なんていうのはいかがですか?

追:

ブログ「Debris circus」山西サキさんがさっそく手紙の展開を描いてくださいました。ありがとうございます!
→ 「三つの手紙」 (膨大な世界観の広がりを体感してください!)


ご訪問、ありがとうございます^^
ブログ『憩』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
ページトップ