FC2ブログ

オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

Solitaly walk 

皆様、ご無沙汰しております m(_ _)m(定期)
いかがお過ごしでしょうか。

私は元気です!
元気に仕事をしております(←そっち・苦笑)

さて。

いつも親しくさせていただいている八少女 夕さんのブログ「scribo ergo sum」が、ブログ開設7周年を迎えられました。

おめでとうございます!

夕さんは毎年、ブログのお誕生日に合わせて「scriviamo! 」の企画を開催されるのですが、私も今年の「scriviamo! 2019」に参加させていただきました。(期日ギリギリ><)

ふふふ。7周年ぴったりのこの日に合わせたのよ。
(ということにしておこう・滝汗)

「scriviamo!」参加は今年で5回目。
過去4回は、のぞき見シリーズで定着していたのですが、今年は趣向を変えて詩で参加です。

Facebook・Twitterで、大好きなギターリストさんの曲をイメージした詩をアップしているのですが、その中から一つを選んでリライトしました。
このギターリストさん(Tさんと呼んでいる)については過去にかなり熱く(うざく)語っているので今回は割愛。

ですがかなりのお勧めさんなので、ご興味のある方はこちらから↓
Fav Guitarists (2)

それでは、「scriviamo! 2019」参加。そして、ブログ7周年のお祝いに、贈らせていただきます^^


scriviamo.png
scriviamo! 2019のお報せ


*** ***

Solitaly walk 

*** ***


Walking on a windy day, whether it is sunny or rainy.
Warm and cool, four seasons in a day.

A while ago, magnificent purple-blue blossoms were in full blooms.
A lot of dark green leaves are growing now, showing a completely different scene.


Walking in my own way with a smile and cry.
Hot and cold, some faces in me.

My hands were holding a lot and none.
Believing those experiences creates new colours of sounds.

So, keep walking….


Solitary walk - T-cophony (Official music video) 2014




*** ***


ところで。
ここでちょい執筆裏話。

「scriviamo! 2019」、最初はのぞき見シリーズで行こうと思っていたのですよ。
出だしこんな感じ↓


*** ***


真っ直ぐな視線の後の、諦めの視線。
私はここから動かないのに、あの子の方が遠ざかることを選ぶ。

私を見て。そんなポーズで立っている。
スタイルはそこそこ良くて、バレエでも習わせたらすぐにでも上達しそうなしなやかなラインを見せる。

顔はパーツごとにくっきりと彫られ、どこかの美術館にあるビーナスの彫像に迫るほど整っている。ただ残念なのは、髪がないこと。ポニーテール、これは夢だが、いつか叶うだろうか。

私に向けられる視線。そこに私が視線を合わせることはない。日々、多くの者から見られる。こちらからも、多くの者を見る。私の都合よく、誰も私からの視線に気付かない。


*** ***


ここで時間切れ…つか放置してた…(汗)

さてこれ、どこのシーンでしょうか。
わかった方は、相当の夕さんファンですね。
もったいぶらずに答えです。



【小説】大道芸人たち 2 (8)リオマッジョーレ、少女 -2-

蝶子がパオラを連れてリオマッジョーレの街に出かけた時の一コマでした。
未完にもほどがある…すみません…

mannequin-2566559__340.jpg
(Free images)


さて、さて、さて。

今後について。

ずっとずっと考えていたことなのですが、やはり読み専することにします。ま、すでにそうですが。

いままでは描くことも視野に入れていたのですが(←入れていたのか?くらいに描いていないが…)、これからはそちらもしばらくお休みしようかと思います。
英語詩の方だけは細々~と続けるかもしれません。(あまりにTさんが好きで…→ぬ?…)

というわけで、今後は訪問率が下がり、読み逃げ率が上がる、と思うのですが、皆様のブログの片隅にでもお邪魔させていただけるならありがたく思います m(_ _)m

ジャパンはこれからあれこれに移り変わる時期ですかね。
Ausはイースターの時期に向かっていくところです。

皆様、どうかご自愛くださいませ。

ではでは!





早速、夕さんがお返事の物語を描いてくださいました!

【小説】ジャカランダの並木道

夕さん、いつもありがとうございます!





ご訪問、ありがとうございます^^
ブログ『憩』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

皆様が素敵な一日を過ごせますように。
Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - 八少女 夕  

Title - 

けいさん、遅くなってしまって、ごめんなさい!

素敵な詩でのご参加ありがとうございます。
ギタリストTさんの曲をイメージした詩なのですね。
お花に迎えられつつ、毅然として、ご自分の道を歩いて行く姿はけいさんに重なりますね。

ロンドンはもう桜もマグノリアも満開だったのですよ。
この詩を読みながら、イギリスのあれこれを思い出している私です。

お返し、もう少々お待ちくださいね。

さて、けいさん、読み専を決意なさったとのこと、お仕事に集中するためにはそれも必要かも知れませんね。もっとも、書いちゃいけないということではないでしょうし、時々近況報告とか、メモ代わりにつぶやいてくださってもいいし、まあ、プレッシャーにならないように普通にブログを置いておいてくださると嬉しいです。

いつか、また、「のぞき見」シリーズが復活したら、それはそれで嬉しいなあなんて。せっかく未完のものをチラ見させていただいたことですし。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
2019.03.06 Wed 07:53
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 八少女 夕さん

コメントありがとうございます。
(早い遅いはどうかお気にせず。)

曲はTさんのものですが、当然ながら言葉は自分の中に落としています。
Tさんの意思は反映されていないと思いますが、まあ良いかなと。
英語なので余計に表現難しいです。(英語になっていない部分もありますが><)

ロンドン、良いですね。
気候はAusとは全然違うんだろうな。
旅行を満喫されたのでしょうか。
執筆に生かせると良いですね。

未完ののぞき見は今回ブログにアップしてなんとなく、完成させてあげなくちゃ、と思いました。
いつかね~(お得意の~)
それまではしばらく詩人と化します(笑)

さて今後はさらにペース遅く、のーんびりとしちゃいますが、細々とでもよろしくお願いします^^
2019.03.06 Wed 21:48
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - 

けいさん、お久しぶりです!!
こちらはいつも通り、平常運転で小説をやっております。
LandMです!!
(∩´∀`)∩


いやあ。
コロナ旋風で、医療職の私は大変でございます。
マスクは布マスクになってしまいましたし。
医療職だから、感染リスクを警戒してどこにも出かけられない。。。
まあ、家でぼちぼち小説書いてやっております。
また、こちらにもいらしてくださいね~~。
2020.05.05 Tue 17:46
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

LandMさーん^^ 超お久しぶりですね!

お元気に小説をやっていらっしゃるようで^^
私は、えっと…

イースター明けからずっと鬼のような忙しさで、PCの前に張り付いております。
スクリーンの見過ぎで目が回っています~(><)

医療関係のお仕事にはホント頭が下がります。
私は緊急医療関係のボランティアで最近出動しました。
コロナ関連ではなかったのですが、防護服着用のフル装備で行きました。
おおごとではなく良かったです^^

基本は、ロックダウンも適当に楽しんでいます^^
LandMさん、どうかお体にお気をつけて。
小説を楽しんでくださいね~^^

コメントありがとうございました。
ではでは!^^
2020.05.05 Tue 18:20
Edit | Reply |  

Add your comment