オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

秘密の花園 第二章 5 見舞い(3) 

 次の日、田島は約束どおり奈美さんを連れてきてくれた。まだまだ打撲の痕の残る俺を見て、奈美さんはかなり驚いていたが、田島と冗談を言い合っている様子に「思ったより元気そうで良かった」と安心したようだった。

 ベッドの上でパジャマ姿な俺は、奈美さんの前ではかなりカッコ悪いとも思ったが、彼女がオーストラリアに帰ってしまう前にまた会えたことは素直に嬉しかった。ここは田島に感謝するところか。

 それから田島は、カフェのマスターや大学のゼミの仲間も日替わりで連れてきてくれた。検査の無い日は暇だったから、みんなが来てくれることは嬉しかった。

「おい、『秘密の花園』、秘密を吐け」
「何だよいきなり。そう呼ぶの、やめろって言ってんだろ」

 今日来て早々、田島はボンと俺の目の前にケーキの箱を突き出した。

「これ、お見舞い。『あの時はありがとうございました。楽しかったです』だそうだ。『あの時』って、いつのことだ。ドライブの時のことか?」
「あぁ、彼女・・・えっと、春菜ちゃんだっけ? あの子、横浜の山手にある有名なケーキ屋のお嬢さんだったんだよ。田島、知ってたか?」

 俺の質問には全く反応せず、田島は続けた。

「これは、彼女が店のレシピで『お前のために』作ったんだって。それで、今は『ファン』なんだってさ。もちろん、お前のことをすっごい心配してる」
「え?」
「お前、三条さんがいるのにどういうことだ? 二股かけてるのか。どうなっているのか吐け。でないと、オーストラリアの三条さんにメールするぞ」

 ―――は? こいつ何かすっげー勘違いしてる?

「田島、落ち着け。ちゃんと話すから」
「もちろんだ。内容によっては考えもある」

 ―――ったく。どんな考えだよ。

「大した事じゃないよ」

 田島は何かを誤解しているようだったから、ドライブに行った日のことを、鎌倉の海岸で告白されたこと、断って泣かれたこと、彼女を山手の家まで送っていったことなど、正直に話した。

 すると田島は「ふふふ」と笑い出した。

 ―――もしかして・・・

「お前、知ってたな」
「いやいや、お前さー、ホントに秘密持ちの『秘密の花園』だな。春菜ちゃんを泣かしたなんてことは聞いてなかった。酷い奴だなお前は」

 ―――やられた・・・

 田島は見舞いに来てるのか、それとも怪我人をいじめに来ているのか。

「この間、久々にサークルでみんなと会った時に、お前のことを聞かれたから怪我のことと入院してることを話したら、春菜ちゃん、すぐに作って持ってきてくれたんだよ。良い子だね。けどお前、泣かしたんだぁ~。ひでぇ~!」

 ―――おいおい、何でそこピックアップするかな?

「お前の方はどうだったんだよ。もう一人女の子いたじゃん。亜希ちゃんだっけ? あの日、一晩泊めたくせに」

 ここは交わさなくては。田島のペースにはまってはいけない。付き合いが長くなってきたせいか、俺も大分慣れてきたぞ。

「ん? 俺は手が痛くて先に寝ちゃったから、あとのことは知らない。朝起きたらまだ彼女がいたってだけ。あー、お前、何か変なこと想像してただろ」
「してねーよ!」 
「草食系男子はギラギラな妄想なんかしないはずでしょう」

 ―――ギラギラな妄想、って、どんなんだよ。

「もういい。お前、今日はとっとと帰れ。ケーキご馳走さん、って春菜ちゃんに伝えといてよ。よろしく。バイバイ」
「だめ」
「何で?」
「ケーキの感想を聞いてきてくれって、春菜ちゃんに頼まれてるから。今、食え」

 それで今日は、こんなおやつタイムな時間に来たのか。

「今、かよ。そんなこと言って、お前も食いたいんだろ」
「当然だ。運び代分はもらう」

 相変わらず図々しい奴だ。この田島のペースにいつも振り回される。いつかは俺が振り回してやる。

「俺の分も入っているって、春菜ちゃんに言われてるから。良く気が利く子だね。将来の女店長で決まりだ。こんな良い子、振った上に、お前、泣かしたんだ~」

 またそこに戻るのか。俺のせいじゃないし。

「早く開けろ。あ、俺が開けてやろうか」
「さわるな。お前、今日、すっげーウザイ。いい加減にしないとやらないぞ」
「何だ、花園。毎日見舞いに来るご学友をいじめるなよ」

 ―――いじめはお前だろぉ~

 こうしてお見舞いの手作りケーキを前に、俺の意に反して半ば強制的な野郎二人の全く望まぬ午後のティータイムが始まった。



< 前話  TOP  次話 >



   ご学友(?)にいじられる徹さんは、元祖『秘密の花園』なのでした^^

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


『秘密の花園』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.06 Mon 01:04
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

お^^ お久しぶりです。コメントありがとうございます。

はい。田島は徹さんの良い友人です。
奈美さんを連れてくるのは気の利いたところですかね。
マスターも大学のゼミの人も徹さんの事故についてはびっくりです。
男の子の、飲み会ならぬお茶会でした^^

おお。新監督!
なるほど。スポーツでもなんでもそうですが、コミュニケーションはとても大事だと思います。
そういう点でとても信頼できそうですね。
それが過程にも結果にも現れると思います。

AUSは今クリケットのシーズンが終わり、フットボールへと移動する時期なので、またサッカーの方は・・・
言葉少なくなりますが、地道に頑張って欲しいですね。
国内リーグよりも、国外戦に目を向けているのかな?
よくわからなくてすみません。
また情報をお願いします^^
2015.04.06 Mon 12:32
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

ふふふふ。
田島くんもこれから大変な日々が待っているとは知らず。。。
(ノД`)・゜・。

見舞いではちゃんと見舞わないとしっぺ返しを食らうぞ!!
田島くん!!
(@_@;)
2015.11.21 Sat 09:24
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

ふふふふ^^
LandMさんは田島のこれからをご存じなので、そちらからこちらを眺めると、ニマニマしてもらえますかね。
徹さんとは先々までずっと良いお友達です。
大人になっても、大学時代の話は二人の間で良い思い出となっている模様^^
2015.11.21 Sat 19:59
Edit | Reply |  

Add your comment