オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の花園 第二章 7 課長さん(2) 

「痴話喧嘩ですよ。くだらないですね」

 営業の途中で病院に立ち寄ってくれた課長さんに、母が喧嘩の原因について訊ねていた。その話によると、一緒にいた女性客のことで揉めたのが始まりだったらしい。

「ま、僕も詳しくは知りませんし、知りたいとも思いませんけどね。どんな理由にしても、こっちはせっかくの月一の会社の飲み会を邪魔されてしまったわけですから、迷惑なことです」

 その後の話し合いは、課長さんが間に入って連絡をつないでくれているようで、うまく行っているらしい。ついこの間見舞いに来てくれた居酒屋の店長も、課長さんの行動には感謝していた。

「まあ、この件のお陰で花園君とも知り合えたわけだし、悪いことばかりでもなかったね」
「月一で会社の飲み会って、親睦会ですか。良いですね」
「うちは大きな会社ではないから、みんな仲良いんだよ。毎月、あの居酒屋に来ていて、毎回、花園君が注文を取りに来てくれていたんだけどね。覚えてないかな?」

 ―――だから最初に挨拶をしたときに「はじめましてではない」と言っていたのか。

 俺は申し訳ないくらいに、全く覚えが無かった。

「よく仕事をするから、居酒屋の社員かと思っていたよ。花園君はバイトで稼いで、そのお金をどうするの?」
「俺は大学を卒業したら、どこか海外の大学に留学したいと思っているんです。その資金です」
「へえ、海外留学かあ。夢があって良いね」
「でも、この怪我でしばらくはバイトができなくなったんで、今はお金が貯まるかどうかわからないです」
「留学となると、お金がかかるからね。でも、それを自分で貯めようとしているなんて、偉いんだね」

 病院から退院しても、しばらくは自宅療養と言われていて、バイトに復帰できるのなんかいつになるかわからない。俺はこの怪我のお陰で、留学の計画がだめになるかもしれないと思っている。それを課長さんに話した。

「もし、留学しないとしたらどうするの? 就職?」
「そうですね。多分、就職すると思います」

 資金が貯まらなければ留学も何も無い。一度就職して数年働いて、ある程度貯めてから会社を辞めて留学、というパターンも考え始めていた。でも本当のところどうなるのか、今は全くわからない。

「もし花園君がうちの会社に来たら、僕が新人教育を担当するかも。僕、毎年係なんだ」
「それは光栄ですね。俺も課長さんのような上司の下で働けるなら、留学にこだわらないで社会に出ても良いかなと思います。課長さんの会社に入れたらですけどね」

 留学のことを考えると残念な気持ちになるが、課長さんと話をしているうちに、今無理して留学しなくても、就職してこの課長さんのような人について仕事をして、社会のことを色々と学んでも良いかな、と思うようになっていた。

「僕も花園君みたいに、海外留学も考えているような優秀な部下と一緒に働けると嬉しいね。就職活動、来年かな? 頑張ってね。じゃ、お母さん、私はそろそろ行かなくてはいけないんで。いつも急ぎですいません。また報告に来ますよ」

 さっと挨拶をして、課長さんは営業の仕事に戻っていった。いつも短時間ではあるけれど、こうしてマメに見舞いに来てくれるのはとてもありがたかった。

 外回りのついで、とは言ってくれるが、「課長」という肩書きのある人がそう暇であるはずが無い。

 今度課長さんが来た時、仕事の忙しい中、どう時間を工面してここに来るのか聞いてみよう。



< 前話  TOP  次話 >



   クマさんの青田買い。徹さんの夢はどうなる?

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


第二章も、いよいよ次回が最終話です。

もし良ろしければ、クマさんと徹さんの登場するこちら怒涛のお話へ。


『秘密の花園』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.06.08 Mon 00:20
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

コメントありがとうございます。

この課長さんとの縁は、徹さんにとって大きなものとなりました。
入社に関してはコネではなく、正当に部長面接にも受かって入っています。
留学の夢に関しては、「怒涛の一週間」にちらっとあるように、将来違う形で叶うようです。

おお。サッカーのその件に関しては、オーストラリアでもニュースになっています。
いかんですよねえ。立場ある大人なのに。
でも、ワールドカップその他、組織としては運営を頑張って欲しいですね。
オーストラリアでスポーツのビックイベント、良いですねえ。
オージーはきっと盛り上がるでしょう。見に行きたいです^^
2015.06.08 Mon 09:53
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

ツキ1飲み会・・・素晴らしいじぇ。。。
私の仕事はどうしてもみんなが揃わないですからね。
飲むのも一人か二人で飲むぐらいになりますね。

まあ、けど静かに飲むのも粋だからいいんですけど。
(どっちなんだ。)

ともかく飲める機会がたくさんあるのは交流が深まっていいですね。
(/・ω・)/
2015.11.28 Sat 08:04
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

社員の親睦は大事ですよね。
月一は多いかな。でもせめて半期に一度(?)
気の合う同僚とも良いですよね。そっちはしょっちゅう(?)
どっちでも^^

飲み会でなくても、交流はたくさんあった方が良いですよね。
仕事ばかりじゃあねえ・・・(^^;)
2015.11.28 Sat 13:10
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。