オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

秘密の花園 第二章 あとがき 

 『秘密の花園』を、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 連載中は、たくさんの方々にご訪問いただき、本当に感謝しております。
 皆様にお話を読んでいただきましたことが、とても嬉しく、励みになりました。

 少しでもお話を楽しんでいただけたなら幸いです。


 徹さん、絆創膏付きですが、何とか退院までこぎつけました。ふ~。

 退院後の徹さんには、今までとはちょっと違う生活が待っているのかな。

 留学の夢は、どうなるんですかね。

 奈美さんとのその後も、気になるところですが・・・

 皆様のご想像にお任せしますね。



 お話についてコメントいただけたら、とても嬉しいです。

 たくさんの応援をありがとうございました。

 Pleasure to say thanks!


 けい m(__)m


 PS : 実は・・・

 性懲りも無く、また次回作の予定ありです。またよろしくお願い致します m(__)m



< 最終話  TOP  次回作予告 >



   徹さんの応援をありがとうございました! 次回作にも、徹さん、登場します。あの人と^^

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!


『秘密の花園』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - fate  

Title - 拝読させていただきました!

まさに波乱万丈!何でもあり!でした(^^)
いやぁ、ハラハラ、ドキドキしながら楽しませていただきました!!!
酔っ払いに絡まれた…的な海外での出来事のくだりで、fateもふといろいろなことを思い出しました。
Australiaはけっこう安全な国なので、アメリカ的なことは滅多に起こらないのですが、多人種が集まっていて、ある種、ものすごい独特な国でした。都市部は、半分くらいが観光客か?って感じでしたし。
現地で人と親しくなるのはけっこう簡単で、田舎の家に招かれたり、ランチをごちそうになったりしましたね。
当時、日本人をやめたかったので、本気で永住したいと考えたりもしておりました。

今、どうなのかな。
よく分からないです。

story的には、とても流れもテンポも良くて、一気に惹き込まれましたし、ここまで来てしまいましたが、ううむ、徹さんと奈美さんはどうなるかな???とちょっと想像してしまいますね(^^)
だけど、むしろ、最近はfateもこんな風に流れを追っただけで、結末を無理に描かない、ということをやり始めておりましたので、良い感じ…と思いました。
どうとでも流れる物語。
それが良いですね。

ありがとうございました。




2011.10.11 Tue 12:52
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 拝読させていただきました!

> fateさん、

追記まで来てくださって、ありがとうございます!
楽しんでいただけたならとっても嬉しいです^^

fateさんはオーストラリアで楽しく過ごされたのですね。
オージーは基本フレンドリーで親切なので、過ごしやすいですよね。
観光地でないオーストラリアを経験したいなら、断然田舎がお勧めです^^

徹さんと奈美さんは・・・きっとご想像の通りで・・・
大学時代って、本当に色々な経験ができる時だと思います。
私も大学の時が学生時代で一番楽しかったです。

徹さんにも大学時代を大いに楽しんでもらいたいですね。
この先はどう流れても良いんだけど、痛いことだけはもう無しで。。。

ご訪問、ありがとうございました^^

2011.10.11 Tue 14:25
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - そして続く、って感じで

ここまで読ませていただきました。
こうして一見は落着し、けいさんの書いておられる他の物語につながっていくわけですね。
この次は「怒涛の一週間」を読ませていただきます。

花園くんと田島くんの会話、テンポもよくて楽しいですね。
私は病室の花瓶にでもなって(病室にいる虫でもいいんですけど、虫だと潰されてしまうかもしれないから、無生物に)、ふたりの会話を聞いていたいです。

2012.06.22 Fri 11:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: そして続く、って感じで

あかねさん、コメントありがとうございます。

はい。このお話はこれでおしまいです。
他のとの絡みに関しては、なんとなーくつながりを残していますが、
別々のお話として見てもらえると嬉しいです^^

> 私は病室の花瓶にでもなって(病室にいる虫でもいいんですけど、虫だと潰されてしまうかもしれないから、無生物に)、ふたりの会話を聞いていたいです。

ははは。これ、良いですね。花瓶と言わず、お花で^^
私は何になって二人のことを覗き見しようかな。面白そうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^
2012.06.22 Fri 18:04
Edit | Reply |  

Name - ポール・ブリッツ  

Title - No title

読了しました。なるほど、ここから「夢叶」に行くわけですか。

こりゃ発表順に読まないとダメだなあ。

前に中途挫折した「夢叶」をもう一度読み直さなくちゃなあ。

というわけでまたしばらく読み逃げさせていただきます(^^;)
2013.06.01 Sat 18:32
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - ポール・ブリッツさん

読了・コメント、ありがとうございます^^

はい。ここから「夢叶」に行くこととなりました。
3作は、つながっているような、つながっていないような・・・
どうなんでしょね。微妙(^^;)

再読に耐えうるお話かどうか分かりませんが、
またお越しいただけると超嬉しいです。
ご訪問をお待ちしています^^
2013.06.01 Sat 21:33
Edit | Reply |  

Name - rurubu1001  

Title - 読み終えましたー!

私、これ好きですー!とても面白かったです!!
最後、お見舞いや謝罪もあって、何より徹くんが無事で良かった良かった^^

というか、やっぱりあの課長だったんですね!課長好きにはたまらなかったです。しかも、クマ部長までも登場しちゃうし。ふたりにあんな経緯があったとは!この時はまだ部長は課長なんですね。(それと、もしかして、奈美さんは課長の美人の奥さん??って思っちゃいました)

俳優たちにやられたドッキリ場面は、殴られようとする徹さんの姿に、彼こそ本物のイケメンさんだと深く感動しました(笑)。ウザいキャラだと思いきや実は涙もろく、友人思いの田島くんやケーキ屋の春菜ちゃんのサバサバした恋愛エピソードも好きです。

徹さんの人柄が、いい人たちをよんでるんだろうなと思いました!

あと、設定がすごい丁寧でいいなあ。
私はどちらかというと不真面目な学生だったので、徹くんの学生姿に自分とは違った学生生活をリアルに満喫できて、それもとても楽しかったです!

けいさんの小説はどこかで登場人物がリンクしてるようなコメントもちらほら見つけたので、次の物語も楽しみです!^^
2013.08.15 Thu 19:52
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 読み終えましたー!

おおお。rurubu1001さん、一気読み? ありがとうございます。

徹さんはあっちでもこっちでも痛い目にあっているのですが、ホント無事で良かったです^^

ふふ。徹さんは課長さんです。
課長さんは部長です。
奈美さんは・・・です^^

はは。感動していただけたことに感動です^^
湘南には勢いでドライブに行っちゃった感がありありなのですが、気に入っていただけたなら超嬉しいです。

徹さんは普通に良い人で、徹さんの学生生活はお話の通り、充実した日々で(^^;)
rurubuさんは、不真面目というより、講義中何か違うことしていたのでは?

三作目は視点を変えています。
どこかリンクしているような、でも、別のお話として見てもらえると嬉しいです。
初の長編で試行錯誤しながら進んで行きますが、お時間のありますときに^^
2013.08.15 Thu 22:19
Edit | Reply |  

Name - 大海彩洋  

Title - 読み終えました~

なるほど、『秘密の花園』というタイトルの意味が分かりました。
秘密だと言われている徹くんの色んなことが分かって、秘密が解かれていく物語なんですね。
そう、中を覗いてみたら、普通の、どこにでもいる、自分にとっても近い若者だって分かっていく……
普通の若者の波乱万丈の1週間+アルファ、普通に普通に、楽しく読ませていただきました(変な表現だなぁ?)。
この先の物語の一部を知っていることに少し満足しながら読んでおりました。
以前にも書きましたが、けいさんの筆が初々しい(*^_^*)
あ、上手下手とかいう話ではありませんよ! 念のため!!
色々手さぐりしながら書かれているのがよく分かりました。
その道筋があって、『夢叶』ではすごくパワーアップされているのですね。
さて、あとは怒涛の1週間ですね。怒涛かぁ。楽しみです(*^_^*)
2013.12.10 Tue 20:36
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 読み終えました~

大海彩洋さん、読了・コメント、ありがとうございます~

ういういとのお言葉がなんとなく嬉しいです。(ここ、嬉しがって良いとこだろうか)
タイトルについては、秘密なんて無いよ、ということだったのですが、
火の無いところに煙は立たないわけで、秘密っぽさもあったのかなあなんていまさら思ったり。
と、大海さんのお言葉により改めてこのお話を見ることができました。
楽しんでいただけたことが何よりです^^

結局、このお話がきっかけで次作につながるような、
けど、物語自体は全く違うもののような、
そんな感じで続く(?)です。

こんな手探り状態を残したままのお話をアップしておいて良いのだろうか、
こういうのはびしっと校正・改稿・編集(?)してから出すべきではないか、
ずっとずっとそう思っています。

次作についてもそうなのですけれど、今のところは、出さないという選択ではなく、
粗があっても出してみて、気にふれさせる、という方式(?)で来ています。
そう言った意味で、大海さんや皆様にご訪問いただき、
目を通していただけることに本当に感謝しています。

執筆の量よりも時間ばかりが過ぎ、ういうい感はもう無いのですが(だよね)
今後もどうぞよろしくお願いします^^

あ、怒涛のほうのお話はまた別物で、いや、どうだろ(-_-;?)
2013.12.11 Wed 12:31
Edit | Reply |  

Name - 想馬涼生  

Title - あとがきですが・・。

もう最終話まで読んで、だいぶ経ちますが、あとがきの部分は大事だと思いましてね。自分も章が終わればあとがきを書くようにしてます。最初の方は書いてませんでしたけどね(笑)。

あとがきは作品を作る際、どういった心境で作成したのかと解説とか書いたりしてます。そして今後の展開等とかの説明も書いたりしてますね。

徹は今後どうなるか楽しみです。怒涛の一週間では会社に入ってますが、次の話は留学の話なのかな?って期待したりしてます。

サッカーアジア予選ですが、日本は無事アウェーで勝ちましたが、豪州は破れてしまいました(涙)。
相手のヨルダンは前回のW杯予選でも豪州は破れており、日本も予選で唯一敗れた国です。でもまだ先はあります。
ホームで借りを返せるよう祈ってます。
2015.10.11 Sun 00:13
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あとがきですが・・。

想馬涼生さん、コメントありがとうほざいます。

最終話まで読んでいただき、ありがとうございました。もうジャパンは秋ですね^^
最終話を書いた後はちょっとだけ余韻に漂ったりしますが、あとがきを終えると、手が離れるような感じがします(^^;)
徹さんの今後は・・・「怒涛の一週間」に断片がありますが、大学時代とキャラはそう変わってはいないような・・・?

お。アジア予選が始まっているのですね。いつもAusの応援をありがとうございます。
報道されないのは、負けているからか。それとも報道されていても気づかないのか(-_-;)
なかなか厳しいサッカー事情ですが、想馬涼生さん(と私)からの応援もあることだし、頑張ってほしいですね。
2015.10.11 Sun 08:36
Edit | Reply |  

Name - 想馬涼生  

Title - 忘れてました。

この記事とは関係ないですが、今そちらではラグビーW杯が話題になってませんか?
こっちも日本が南アフリカを破った事で話題になってます。

私も南アフリカ戦の記事が出た後にスコットランド戦も観ました。この試合は大敗したので、興味が失せましたが、その後サモアと米国に勝ちましたが、3勝しましたが、グループリーグ敗退となりました。

3勝して敗退は初の事で、2019年は自国開催だから弾みがついたでしょう。

そういえば日本代表は外国人が半分くらい占めてますね。サッカーでも帰化選手は一人か二人くらいでしたからね。

こちらではラグビーの記事が出るたびにサッカーと比較や喩えられたりして、今や日本はサッカーはメジャーなのかな?って思ったりもします。yahooコメントもサッカーの事を書いたりしてる人が多かったです。でも代表戦だけですけどね。

豪州サッカーの記事が出なかったのはラグビーの関係かなって思います。

2019年は日本開催です。豪州もいつかはサッカーW杯を開催する事になると思ってます。
2015.10.12 Mon 16:18
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 忘れてました。

想馬涼生さん、コメントありがとうございます。

ラグビーW杯は勝っているので期待大です。現在ベスト8^^
おお。ジャパンも頑張っているのですね。
世界で頑張っているのを見ると励みになります^^

Ausは、サッカーはいまいちなのですけれど、スポーツ全般としてはどれも良い線いっているのが多いです。
ラグビーも強いし、ホッケーは毎回オリンピックのメダル候補になるし、クリケットの国際試合も時間をかけてテレビ中継されるし。なぜサッカーは・・・? ほかのスポーツに良い選手が取られているのかなあと思うくらいです。

日本もスポーツイベントが目白押しなのですね。
Ausも世界が集まるようなイベントがいつでも開ける国ではないかと思っています。
2015.10.12 Mon 20:51
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

二章お疲れ様でした~~!!
\(◎o◎)/!

って。
これをかなり前に書き終わっているのですが。
ここまで、読み終わりました~~!!

徹くんの怪我がマジで洒落にならないレベルなので。
それにかなりビビりました。。。
お大事に!!

2015.12.05 Sat 21:07
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

読了、コメント、ありがとうございます。

第二章・・・って、第三章に続くみたいな感じでしたね。
いえいえ、これでお話終わりです(-_-;)
これで終わり、と置くべきでしたね(反省)(で、書き換えないのか?)

このお話は描き始めて間もなくの第二作で、本当に拙い作りのところ、最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。(いまだに十分拙いのですけれども・汗)
LandMさんのお話の構成の中では、バッドエンドもあって、なるほどと思ったりして拝見させていただいているのですが、自分のところでは、これで放置(第一章の終わり)は徹さんに悪いよね、と思いまして(-_-;)
徹さんにねぎらいのお言葉ありがとうございます!
2015.12.06 Sun 07:44
Edit | Reply |  

Name - 八少女 夕  

Title - ここに到着しました〜

こんにちは。

二章の途中でコメ入れようかと思ったのですが、待ちきれなくて一氣にここまで読んでしまいました。

まずは、完結おめでとうございます(って、私が何年遅れで読了したのかってことですが)。
そして、徹の退院もおめでとうございます。とにかくひどいことにならなくてよかった。

起こっていることは踏んだり蹴ったりだったけれど、その中で素晴らしい人たちとの出会いがあって、それを自分の味方に変えていく徹のヒューマンパワーがとても心地よかったです。

途中でね。祥吾がうるうるしだした時に「きたぁ!」って思ってしまいました。ちゃんとこの頃から(?)泣き虫祥吾だったって。そして、ここから徹と祥吾は単なる大学の友達からもっと深い生涯の親友になっていくんだなという、先の流れまで感じて嬉しかったです。

奈美さんとは、お見舞いを通してもう少し進んでいくのかな。けいさんらしくぼかしてあるけれど、これは次の作品に行くともっとわかるのかしら。クマさんは、えっと他の作品にも登場する方で、徹はいずれはこの会社へ……かな? けいさんの小説ワールドはゆる〜く、全部繋がっているので、次の作品で前の主要キャラを見つける楽しさが満載なのですね。

素敵な作品をありがとうございました。

次は「怒濤の一週間」か、と思っている私は、読む順番を完璧に間違えている……。今さらながら氣がつきました。
2016.06.12 Sun 21:27
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: ここに到着しました〜

八少女 夕さん、わ^^ ここまで! ありがとうございます。

いあこれ、構成が(も)ひどく変則で、私の力量では修正不可能なお話なのですが、最後までありがとうございます^^
このお話は、とにかく徹さんを描きたかったのでそれができただけで自己満足のお話で・・・(苦笑)
徹さんを描くと言ってもホント痛いことになってしまって。何度謝ったことか(苦笑)

そうなんです。このお話がきっかけで祥吾の話が出来上がったのですよ。
うるうるの時は祥吾のその後の基本の流れはできていたように思います。(あんまり覚えていないのだけれども?)
徹さんとはこの時からの長い付き合いです。
そういった意味でも思い出深いお話です。
夕さんのなかで、つながりが鮮明になったのなら嬉しいです。

奈美さんとは・・・思い出してくださいっ。私、恋愛もの描けないんですっ(><)
クマと徹さんは良い相棒、かもしれない(剛健と華奢?)
ゆる〜く繋げるのは自分が楽しんでますねえ~。
読んでくださる皆様へのお礼のつもり(あっちもこっちも読んでくださってありがたいという)でもあります。

わ^^ もしも「怒濤の一週間」も読んでくださるならとっても嬉しいです。
実は、ブログにあるあちゃー版を、エブリスタの方でかなりの加筆修正しました。
エブバージョンを読んでくださると嬉しいです。
ストーリー構成、登場人物は全く変わっていませんが、表現の仕方をちょっと変えました。
あ、もちろん、こちらのあちゃー放置バージョンと比べて、ぷ、と見ていただいても(^^;)

私も夕さんのあのお話(短めのです)にお邪魔しようと狙っています。ふふ。
いつもありがとうございます^^
2016.06.13 Mon 10:02
Edit | Reply |  

Add your comment