オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の一週間 6 月曜日(4) 

 電話では部長に明日7時に出勤すると言ったが、明日からの仕事をこなすためには、準備しなければならないことが幾つかあった。会社に寄って、少し仕事を持ち帰らなければならない。

 部長からの電話によると、課長が今日の会社帰りに交通事故に巻き込まれたらしい。車通勤の課長はゴールドカードの所有者で、運転もうまいはずだと思っていたが。とにかく骨折で入院したという連絡だった。

 課長は会社を休むことになるから、よく一緒に組んで仕事をしている俺がカバーを頼まれた。

 うちの会社は何かのときにお互いをカバーし合うサポートシステムがあって、うまく機能している。今まで俺が休むときには課長がカバーしてくれていたのだから、今回は俺がサポートにまわる番だ。

 会社に着き、課長のデスクを探る。うちの課長、花園徹(はなぞのとおる)は男性にしては珍しく机上をいつもきちんときれいにしている。スマートでセンスの良い課長の身なりと一緒だ。

 細身の花園課長は一見華奢でひ弱そうに見えるが、仕事は速くて的確だ。しかし、見た目と一緒の静かでソフトな話しぶりからは、抜群の営業実績を積み上げる営業マンとしての課長の姿を見るのは難しい。

 会社の上層部から『秘密の花園』と呼ばれる所以だ。課長はそう囁かれるのを嫌っているようだが。

 会社では自分の仕事をたくさん抱えているはずなのに、俺たち部下への気配りを忘れない。自分の部下だけでなく、このフロアにいる誰にでも気軽に声をかける気遣いのある人だ。

 毎年4月に新入社員が入社すると、課長は教育係を担当する。俺も入社したとき課長についてもらった者の一人で、それ以来、何かと世話になっている。

 ―――どこだ?

 課長のデスクは、ぱっと見整理整頓されているようだが、やはり他人の目には何がどこにあるのかわからない。俺はとりあえず明日の業務に必要な書類を捜していた。

 プルルル・・・ 

 ―――また部長か?

「もしもし」と出ると、今度は花園課長だった。

「課長ですか! 大丈夫ですか、あ、いや、じゃないですよね」
「こーじ、夜遅くに悪いな。部長から連絡あったか」
「はい。大変でしたね。怪我は?」
「ああ、右腕は折れた。肋骨と足はひびで良かった。何とか生きてるよ」

 重症じゃないか。生きるか死ぬかの大事故だったのか。これはしばらく課長の仕事は俺が抱えることになりそうだ。

 俺は課長とよく組んではいるが、課長は俺との仕事以外にもいくつも仕事をこなしているはずだ。いや、今は仕事のことよりも、課長とこうして話が出来ることに安心する。生きていてくれて良かった。

「電話なんかして、大丈夫なんですか」
「ああ、左手で何とか」
「そういう意味じゃなくて・・・」

 意外と元気そうな課長に少しホッとした。さっきまでの俺の「どうしよう」という不安が少し解消されたような気がする。電話で話しているだけだからそう勘違いしているのかもしれないが。

「まあ、体は平気だ。事故は俺のせいじゃないし。ま、運悪くとばっちりを受けてしまったってところだ。それより仕事の話をしても良いか。長電話は出来ないんでな。今家か?」
「いえ、会社に来ています。ちょうど課長のデスクで明日の資料を探していたところです」

 さすがに本人から直接場所が聞けたので、探しものはすぐに見つかった。それを元に、明日の業務についても簡単にではあるが打ち合わせができた。

 部長から少し聞いていた明日の課長の営業については、俺は何も知らなかったから少しでも話が出来て良かった。

「じゃ、こーじ、じゃない、課長代理」
「は? 何ですかそれ?」
「俺の代理だから、代理だ。営業部課長代理、佐藤晃次!」

 ―――それって肩書きなのか? 全くらしくない。

「とにかく、こーじ、明日からよろしくな。あ、そうそう、今日の出張、どうだった? 早速、リーダーシップ術が役に立ちそうだな」
「もー、課長、洒落にならないですよ」
「ははは、イテテ、笑えねえ・・・」
「課長!?」

 やはり怪我は酷いのだろうか。いずれにしても仕事復帰には時間がかかりそうだ。課長のいない間、しっかりしなくては。とりあえずは明日だ。

「おっと、大事なことを言い忘れるところだった。明日の夜、部長の飲み会があるからお前出てくれ。部長はああ見えてもすごく良い人だから、こーじだったらうまくやれるよ。じゃ、何かあったら連絡頼む」
「あ、課長、お大事になさってください!」

 と言う俺の最後の言葉を聞かずに電話は切れた。

 そうか、課長がいないということは、俺は部長と直で話す機会が増えるのか。あの部長の近くで仕事をするのは光栄であるような、課長というクッションが無いとちょっと構えてしまいそうな・・・。

 ―――そういえば、課長は営業で時々部長と出かけていたな。

 そんなことをなんとなく思い出しながら会社を後にした。



< 前話   TOP   次話 >



   月曜日終了です。晃次君、明日からどうなるのでしょうかね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村   ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for your click!


 奮闘するこーじ君を応援してあげてください。


 『怒涛の一週間』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

 Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - ヒロハル  

Title - No title

はじめまして。
「三流自作小説劇場」のヒロハルと申します。
私のブログに何度かご訪問ありがとうございました。
これも何かのご縁と、ご挨拶に伺わせていただきました。
またよろしくお願いします。

こちらの『怒涛の一週間』という作品、ここまで読ませていただきました。先を期待させる展開で、「少しだけ」と思っていたのに、結構読みました。
文中に登場する「サポートシステム」、うちの会社にも欲しいです。
小さい会社に勤めていると、完全に分業されていて、
誰かが休むと簡単に穴空いちゃうんですよね。苦笑。
2011.09.19 Mon 11:44
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: No title

> ヒロハルさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

『怒涛の一週間』をお読みいただき、ありがとうございます。私が初めて書いたお話なのですが、今また見返すと、もの凄い乱れようで・・・(笑) 近くこっそりとまとめて修正しときます。。。

> 文中に登場する「サポートシステム」、うちの会社にも欲しいです。

私が勤めているところはこれでお互いにサポートし合ってやっています。穴を開けるわけには行かないってことで。研修会等も、これで安心して出かける事ができます。

物書きはまだ始めたばかりなので、アドバイス等いただけるとありがたいです。
また是非お越しくだると嬉しいです。
2011.09.19 Mon 20:16
Edit | Reply |  

Name - あかね  

Title - 社会人奮闘

「秘密の花園」は大学生で、今回は若い社会人。
若くてはつらつとしていて、充実していて、おばさんはうらやましいです。

マコちゃんはほんとにエリートですよねぇ。
こういう女性ってまぶしいでしょうね。
あまりにできがよすぎて男性が引いてしまうってのもありそうですが。

「ああ見えてすごくいい人」
の部長さんはどう見えるのか?
どんないい人なのか、気にかかるところです。
2012.07.04 Wed 10:00
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: 社会人奮闘

あかねさん、コメントありがとうございます。

誰ですか。おばさんなんて。
お姉さまと呼ばせていただきますよ^^

マコちゃんは私にとっても憧れの女性です。
颯爽としていて、何でもできそう。。。

部長さんは・・・良い人です(含笑)
こーじくんも一緒に仕事をしたりして、部長のことが少しわかってきます。

是非またお越しください^^
2012.07.04 Wed 20:29
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.15 Thu 22:57
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - 鍵コメさん

コメントありがとうございます。

仕事の人間関係は影響大きいですよね。
徹さんのような人が上司だったら良いなあ。と思う。

マコちゃんはスーパーエリートですね。
将来を有望されています。
そんな人って、実にいると思います。

そうですね。こーじくんは、人は人、自分は自分、と割り切って頑張っています。
この週はこれから色々あるのですが、この先も応援してあげてください^^
2013.08.16 Fri 21:58
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

仕事の交通事故は大変ですね。。。
うん、普通に大変です。
仕事ができねえ。。。という焦りに駆られます。
( 一一)
2015.07.11 Sat 07:10
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

仕事人にはどんな事故も大変ですよね。
うん。仕事ができねえ。。。というのがまず来ますよね ( 一一)
ま、当人は焦ることもなく、こーじくんに丸投げされる模様^^
2015.07.11 Sat 12:33
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。