オリジナル小説を綴っています。 拙いものですが、少しでもお話を楽しめる憩いの場になればと。

夢叶 6 第一章・親友の死(3) 

 ものすごい勢いで先を行く田島に、長谷川はなかなか追いつけない。後ろから見える田島の姿は、酷く取り乱しているようで、目が離せなかった。

 運の良いことに、先にある大きな交差点には、たくさんの人がいて通り抜けずらく、ちょうど信号も赤だ。長谷川も鏡も、そこで田島を捕らえられそうだった。

 けれども、その交差点で田島はフラフラと人の間を通り抜け、赤信号が見えないのか見ていないのか、足を止めずに交差点の中に入っていってしまった。

「祥吾! 危ない!」
「うあっ・・・」

 強く背中を押された感覚と路上に倒れたことで、田島は正気を取り戻した。

 後ろを振り返ると、長谷川が倒れている。頭から血を流しているのが見えた。すぐそばに中型のトラックと乗用車が止まっている。事故だ。

 事を把握した田島は、急いで長谷川のもとに駆け寄り叫んだ。

「瞬! 瞬! 聞こえるか! しゅーん!」
「・・・うるさいぞ、祥吾・・・聞こえてる・・・」
「瞬、大丈夫か!」
「・・・騒ぐな・・・頭いってぇ・・・」

 このときの長谷川は、まだ意識があった。目の前で事故を目撃した鏡もすぐそばにいて、すでに携帯で救急車を呼んでいた。

「瞬、ちょっと我慢しろ。成ちゃんが救急車呼んだから」
「祥吾・・・ごめん、お前が傷つくようなこと言って・・・」
「そんなことはどうでも良い。しっかりしろ!」
「俺だって、バンドが大事なんだ。祥吾と成ちゃんと一緒にやりたい・・・」
「わかってる。わかってる」
「心配するな。俺は俺の夢を叶えるんだ。簡単には死なねえ」

 そう言って一瞬「ふっ」と消え入るように笑ったあと、長谷川は意識を失った。

「瞬! だめだ! 目を開けろ! 瞬!!」

 田島は取り乱していたが、携帯で救急と連絡を取っていた鏡は冷静だった。

「祥吾、ちょっと待って。静かに・・・」
「成・・・ちゃん?」

 鏡は長谷川の胸に耳を当てた。

「・・・瞬、心臓が・・・? 呼吸してない・・・!」
「え!?」
「祥吾、俺の携帯持ってて。救急から連絡が来るから」

 長谷川の容体に気づいた鏡が、学校で習った心臓マッサージを始めた。田島は鏡の携帯を握り、救急からの連絡に長谷川の呼吸が止まったことを告げ、指示を仰いだ。

 周りの人たちも警察が来る前に、交差点の交通整理や野次馬整理などに協力してくれたり、田島たち高校生を元気付けてくれたりした。間もなく救急車が到着して、長谷川は病院に運ばれた。

 頭部を強く打った部分の損傷が深く、緊急手術が施された。けれども、医師の言葉に急きょ駆けつけた長谷川の家族は沈痛な表情を見せる。

 病院の待合室で、田島と鏡はずっと黙って座っていた。今日交わした長谷川との会話の全てを思い出す。

 学校の部室で言いあったこと。最後の最後、恐らく朦朧としていた意識の中で口にした言葉。田島に伝えたかったこと。それから、背中を押されたときの、あの強い感触。

 涙が出る。横にいる鏡に目を向けると、鏡もぎゅっと目を閉じ、涙を流していた。二人とも流れる涙を拭うことなく、ただ時間だけが過ぎていく。

 どれだけ待っただろう。いくら待っていても、涙が止まることも、長谷川の意識が戻ることもなかった。最後に息を引き取った後、二人は家族から病室に呼ばれた。

 ベッドに横たわる長谷川は、ただ眠っているだけのように見える。けれども、閉じられた目はもう二度と開かれることはなく、その体に眩しいほどに輝いていた命という光もなくなっていた。

 田島も鏡も、拳をぎゅっと握る以外にどうしようもなく、立ちすくむ。ただ立ったまま言葉なく、震えながら泣き続けた。



「簡単には死なねえ」って言ったくせに、簡単に死んだな、瞬。

 バンドの写真を手にした田島は、このときのことを思い出すと、何年も経った今でも涙が止まらなかった。



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村  ワンクリックの応援ありがとうございます。 Thanks in advance!

人気ブログランキングへ  Thanks again for the click!




『夢叶』に、ご意見、ご感想、ご助言等いただけると嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございます。皆様の一日が平和でありますように。

Have a nice day!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Name - 西幻響子  

Title - はじめまして

こんにちは、西幻響子です。
私のブログへ来てくださり、ありがとうございます。

けいさんの小説、「夢叶」、楽しく拝見しています。
いま「6」を読み終えたところなのですが、衝撃的でした。
まさか、瞬くんが死んでしまうなんて…。
田島くんは、相当ショックだったでしょうね…。

また寄らせてもらいます!
2011.09.12 Mon 16:11
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: はじめまして

> 西幻響子さん

コメントありがとうございます。
「夢叶」楽しんでいただけて嬉しく思います。

過去を背負う田島がどうなっていくのか、これからも見守っていただければと・・・

是非是非またお越しください!
2011.09.13 Tue 19:16
Edit | Reply |  

Name - 西幻響子  

Title - No title

「ロックンロール・ヘイズ」、一気に読んでくださり、ありがとうございます!とても嬉しかったです。
リンクをはらせていただいてもよろしいでしょうか?
できれば、相互させていただくと、とても嬉しいのですが…
2011.09.13 Tue 21:17
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: No title

コメントありがとうございます。

リンクも相互も、よろしくお願いします。
2011.09.14 Wed 16:33
Edit | Reply |  

Name - fate  

Title - えええ~??

という感じでちょっとびっくりです。
まさか、こんな展開とは…。
ヒトは普通に生きていることが、奇跡の存在なんだと、当たり前の日常がすでに奇跡の連続なんだと。
fateは東北人で、3月の震災の被災県なので、思わずそういうことを深く感じてしまいました。
今でも沿岸部へ行くと、震災の傷を生々しく感じます。
もう、7か月も経っているのに。
「今出来ること」「今目の前にいる人にすべきこと」そういうことを余計に考えるようになりました。
明日がないかもしれないから。

あらら、すみません(^^;
力強く生きているであろう今後の展開から元気をいただきにまた来ます!!!(^^)
2011.10.25 Tue 09:13
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: えええ~??

fateさん、コメントありがとうございます。

田島が引きずる過去のお話でした。
瞬から命をもらった、生かされた者の側として、どう生きていくのか、
それが田島の使命なのです、かな・・・
いやいや、そんな難しいお話ではないです、これは。。。

田島は強くはないので応援してあげてください^^

fateさんは、被災県の方でしたか。
私も日々、当たり前は当たり前ではなく、奇跡の連続なんだということにとても共感します。
だから、今を大事にしなくてはいけないと切に思っています。
本当に、復興による皆様の安全とお幸せを祈っております。

過去ログです。もし良かったら覗いてみてください。。。

http://meuniverse.blog10.fc2.com/blog-entry-46.html

Still pray for Japan です。。。
2011.10.25 Tue 16:47
Edit | Reply |  

Name - LandM  

Title - No title

過去があるからこそのこだわりがあるのかな。
田島くんも。
それが若さでもあると思いますが。

死を乗り越えても、歌が売れないときがある。
それが現実でもありますが。
どういう結果だったかな・・・。
忘れていたので、また楽しく読ませていただきます。
2015.12.19 Sat 21:19
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - LandMさん

コメントありがとうございます。

ここ、田島が引きずる過去についてのくだりなのですけれど、なんか、あれですね。(放っといてください><)
そんなこんながベースにあって、このお話が進んでいきます。
なかなか煮え切らない田島なのですけれど、まわりに助けられて何とかやっていく、というお話です。

結果はね、たいしたことないのですけれど、田島の日々を追っていただけると嬉しいです。
長いので(汗)LandMさんのペースでよろしくお願いします^^
2015.12.20 Sun 11:55
Edit | Reply |  

Name - 想馬涼生  

Title - あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

この記事で言う事ではないかもしれないけど、新年の記事でコメントができないようで、ここでご挨拶をして頂きます。
まずは小説から、瞬君の死は本当に悲しいですね。こういった青春真っただ中で死を迎えるのは本当にやりきれない事です。
私の作品も死を扱ってますけど、生きてる世界が違いますからね。
タイトル観て悲しいタイトルかと思って読みましたが、本当に悲しかったです。
田島君の過去にこういった過去があったなんて!って思います。
田島君はかなりショックでしょうけど、作品があるから健在なのはわかりますが、乗り越えて生きていってほしいです。

さてけいさんは今岡山にいるようですね。瀬戸大橋の朝日は本当に綺麗ですね。私も瀬戸大橋は二度ほど渡った事があります。今は四国と本州は三つほどルートがありますが、三つとも通った事があります。
今はまだ日本にいるんですか?日本に住んでるけど、行った事ないところが圧倒的に多いです。

サッカーは今年はW杯出場がかかってます。豪州は今三位でプレーオフ圏内ですが、予選グループの中で一度も負けがないのが強みですね。混戦状態なので、目が離せません。

今年もけいさんにとっていい年でありますように。
2017.01.03 Tue 23:47
Edit | Reply |  

Name - けい  

Title - Re: あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

想馬涼生さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします^^

「夢叶」を読んでくださりありがとうございます^^
長いので、想馬涼生さんのペースでお越しくださると嬉しいです。
田島はこれがショックで引きずるんです。
引きずりつつあれこれ進んで行く物語です。
(作者のように)未熟な田島を見守っていただけると嬉しいです^^

お。想馬涼生さんも瀬戸大橋に^^ 
鳴門大橋も計画していたのですが台風と当たり断念しました(残念)
ジャパンは(も)良いところいっぱいありますね!

おお。サッカーは長丁場で気持ちを保つのも大変ですね。
Ausは今回は若手も育っている模様? 
ジャパンも運動量多い良い選手が入っていますね。
どっちも応援です^^

2017年、想馬涼生さんのご健勝とご多幸をお祈りしています。
2017.01.04 Wed 07:08
Edit | Reply |  

Add your comment